2015年10月17日

ピエロがお前を嘲笑う

バラン・ボー・オーダー
トム・シリング、エリアス・ムバレク、ヴォータン・ヴィルケ・メーリング
殺人容疑のかかった天才ハッカーのベンヤミンが警察に出頭してくる。彼の証言ではこれまでハッカー集団“CLAY”の一員として大きな組織をターゲットにしてきたが、トラブルから殺人事件が発生。今度は自分の命が危険であるとのこと。
しかし彼を担当する捜査官は、証言に隠された不可解な事実に気付き出す。

チラシによりますと、ラストに大きなどんでん返しがあったり、世界観がグラッと崩されるような作品を“マインドファック・ムービー”なんて言うらしいですね。
そういった演出・トリックが話題を呼んでドイツ版のアカデミー賞で6部門にノミネート。そしてハリウッドリメイクも決定しているんだとか。

そんな宣伝文句を見ちゃいますと気になるじゃないですか。騙されたいじゃないですか。
ということで見てきたんだけど。

ネタバレ込みで結論から言いますと…決してつまらないわけではないです。
そのラストの展開。まさか?ほうほう…という感覚は味わえます。

でもなぁ〜と思ってたら、さらにもうひとひねり入れてくるという二段オチ。そうきたかと。

そうきたかとは思うんですが、正直「ええ〜っ!?」とまではいかないかな。
否定したモノを さらに否定してみせるという展開なので、着地点としてはそのまんまだったりするわけだし(苦笑)

あと もうひとつ感じたのは、仮にどんでん返しがあるにせよ、そこに至る本スジが弱いかなぁ。

主人公たちのチームはいわゆる“ハッカー”なんですが。その彼らがやってることというのが、結構な人騒がせなことでありまして。
ただし人騒がせではあるんだけれど、ようはハッカーの世界の中でのプライドを競い合ってるに過ぎなくって。

それをやることでのスリルであったり、リスクであったりが大きく付随していないように思えちゃうんだよね。観客の立場として言えるのは「それで?」というぐらいで。

例えば これを達成しなければ恋人や家族に危険が及ぶとか、世界が危機に陥るだとか。それをクリアせんとするいきさつでドキドキしつつ、ラストにどんでん返しならそれ相当のカタルシスを味わえたかも…と。

ここで描かれていたその対象って、ここにハッキングできましたと宣言するプリントを出し続けるとかさ。
カチャカチャとキーボードをたたいてそれができましたとか言われたところで、観客として感情移入は至らないかな。

冒頭と終盤。角砂糖でもってヒントを提示してくれるくだりとか、ハッカー同士のダークナントカ言うやりとりを、電車内に例えてるあたりとか。そんなところはチョビット洒落てて良かっただけに、惜しい〜って思っちゃいました。

さて この作品、ハリウッドリメイクが決まっているという事なんだけど…
まさかオチのトリックまで同じってことはないよね。

また ここでは二重構造の展開になっていましたが、まさかそれ以上のことになったりとか!?
それだとウザいだけだよね(苦笑)

DSC_0385.JPG
ヒロインの華の無さも気になったが(-_-;)
posted by 味噌のカツオ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

GAMBA ガンバと仲間たち

(声)梶 裕貴、神田沙也加、大塚明夫、野村萬斎
一度も見たことのない海を見ようと走り出した町ネズミのガンバとマンプク。港で船乗りネズミらの宴に紛れ込むが、そこに子ネズミ忠太が現れる。
白イタチのノロイに襲われた島の仲間を助けてほしいという忠太に対し、ただ一匹 立ち上がったガンバ。だが島へ向かう船にはボーボ、ヨイショ、ガクシャ、イカサマ、マンプクも乗り込んでいた。

40〜50歳台の人でテレビアニメ「ガンバの冒険」の影響を受けた人は多いことでしょう。
かくいうわたくしもその一人。

ガンバること、友情、チームワーク、個性。そういうことを刻み込まれました。
中には白イタチ・ノロイの怖さがトラウマという方もおられるかも。

もしかしたら今回の「GAMBA ガンバと仲間たち」は、40〜50歳台の大人が今の子供たちを連れて、親子で一緒に楽しめるアニメ映画なのかもしれません。
ただし、どうしても そのタイトルと裏腹に今回のキャラのビジュアルについては“これじゃない感”が付きまとってしまう。

違う。本当のガンバはコレだ!とかつてのアニメを強く押したくもなりますが…
厳密にいうと 原作は「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」というもので。

とにかく言いたいことはいっぱいあるが、グチグチ言う前にまずは見るべし!ということで。

そもそも思い入れのあるガンバたちのキャラ造形を…と言う以前に、最近の この手のアニメの質感が好みではないんだよね。
毛の一本一本まで滑らかな動きを表現できるアニメよりも、もっとベタっとしたマンガチックなテイストのほうが受け入れ易いと思うんだけど。。。

何やらエグゼクティブプロデューサーに「スパイダーマン」や「X-MEN」などのアヴィ・アラッドを迎えたとかで。
もしかしたら世界公開とかの目論みがあるんでしょうかねぇ。

それを思うと今作のキャラはピクサーとかのそれに見えなくもない(見えちゃいけないか)。
そして時に仰々しく、時にキャラの動きありきのBGMの使い方も日本的では無かったし。
あと登場キャラと対比された 大きな缶詰やらスクリューキャップのフタだとかは「トイ・ストーリー」そのものだったね。

物語の展開として「海を見に行こう!」からノロイとの決闘まで全てまとめて仕上げたのはある意味でお見事。
ただしチビッ子たちの集中力の兼ね合いなのか(?)上映時間は120分ではなく90分なんよね。

そこにこれだけの流れを詰め込むとなると、全てのキャラ付けが浅くなってしまうので、イマイチ感情移入ができない。
あるキャラが命を落とすことになっても「あら〜」って感じで泣くまでには至らない。

主役が輝くには悪役のアクの強さは必要。その点 野村萬斎さんがノロイの声を担当するというのに期待したんだけど。
どうも悪いヤツっぽさはあっても、それ以上の恐ろしさ目を合わせただけで持っていかれる〜的な妖しさ。あるいは色気までは纏えませんでしたね。
一部では「カマっぽい」という声はあったけど。

そのノロイとガンバの戦いもあっさりだったし。潮路さんもムチャするしで(苦笑)

とまぁ散々な感想になっちゃってますが、常に前向きで勝気なガンバのスタンスを熱く感じる部分があったのも事実で。
90分という枠の中で表現するとなると、こういう仕上がりになるのも止むを得ないか。


以下はホントにテレビアニメ版への思い入れありきのことなんだけど。
今回のガンバでは“しっぽ”というものが全く、これっぽっちもフィーチャーされていない!!
以前のアニメ版では「しっぽを立てろ!」という合言葉をはじめ、全ての感情から状況からを しっぽを引き合いに表現しておったんですよ。

またそれぞれが 太いしっぽ、長いしっぽ、紐のようなしっぽ、短いしっぽ。しっぽ自体に特徴があり個性があって。
しっぽは人間には分かり得ない、このネズミたちのアイデンティティなんですよ。

そのしっぽについて触れないなんて。なら これはネズミたちの物語である必要もないのでは…?

そう、あの時の「ガンバの冒険」への思い入れあっての印象なのだが、このしっぽがあるかないか。わたくしにはとても大きなポイントなんだよね。

DSC_0382.JPG
ガクシャア
posted by 味噌のカツオ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

先生と迷い猫

深川栄洋
イッセー尾形、染谷将太、北乃きい、岸本加世子
妻に先立たれ、ひとり淡々とした日々を送る元校長の森衣。彼の家には、生前 妻が可愛がっていた野良猫のミイが毎日のように来ていたのだが、猫嫌いの森衣はそれを快く思ってはいなかった。
しかし突然その姿が見えなくなり、心配に思った森衣は町内を歩き回り、ミイを探し始めるのだった。

ネコ好きでもありイッセー尾形さんのファンでもあるわたくし。当然ながらこの映画を見ないわけにはいかない…という程の意気込みで(?)鑑賞してきました。

ぶっちゃけたことを言うならば、結構眠たくなりましたね。
でも決してつまらないというわけではなく。しいて言うなら ゆったりとした物語のペースであり、作品全体に流れる ゆるさに裏打ちされた眠気なんだと思います(苦笑)

一応これはこれで映画ですから。脚本もあり演出もあるんでしょうが、動物の登場する作品にはそれなりの苦労があると思います。
そもそも監督の“言った通りに”動いてくれる保証はないわけで。

にもかかわらず、ネコちゃんもワンちゃんもいい芝居してるんですよね。
しかも動物だけのワンショットではなく、人とからむ場面でいい動きをしてるもんだから、これにはより感心いたしました。

そしてその動物たちに負けず劣らず自由に動いて見えたのがイッセーさん。
“校長先生”のキャラクター設定はあるのでしょうが、何やら今までのイッセーさんの一人芝居の登場したキャラクターのテイストもチラチラ入ってたみたいで。
他の役者さんではこの味は出せないんじゃないかな。

もっと言うなら 後ろ姿、立ち居振る舞い、またその佇まいにほんのり感じる面白オーラは、なんとなくチャップリンのそれに近いのかな〜とも。

この映画には原案となった作品がありまして。
近所に住みついているノラ猫を見かけなくなり、その行方を探すうちに、それまで関わりの無かった近隣の方との交流が生まれるというノンフィクション。

見かけなくなったネコを探す展開は同様でしょうが、そこに夫婦の物語を絡めたのは映画版のオリジナルなのかな。
ラストは物語としてハッキリとしたことは描いていない感じで。映画というよりも舞台の演出っぽく見えました。

そこが煮え切らないという声もあるようですが、前述の通り それほどガツンという出来事もないので。
もうこの町の住人の一人ぐらいの感覚で、ゆるく同化して ちょっぴりしんみり的な雰囲気味わうぐらいでいいのかもですね。

どうせだったら「ミイが来ると嫁さんを思い出してしまう」という感情は、ラストにグッと絞り出す感じで良かったんじゃないかなと。
なんであれを大前提として提示しちゃったんだろうか。

そんなこんなで、さすがに大満足とは言わないけれど、これはこれ…じゃないですかね。この雰囲気、キライじゃないですよ。

DSC_0384.JPG
あの少年も、言わばノラだよね
posted by 味噌のカツオ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

バクマン。

大根 仁
佐藤 健、神木隆之介、小松菜奈、山田孝之、染谷将太
クラスメイトの高木秋人に誘われてマンガを書くこととなった高校生の真城最高。当初は拒否していたものの、声優志望のクラスメート亜豆美保への恋心をきっかけに、漫画家になることを決意。
彼らが目指すのは週刊少年ジャンプでの連載。果たして二人はジャンプの頂点に立てるのか?

製作が発表になってからかなり話題になっていた企画。
ですが、映画は見るけどマンガを読まないわたくし的には、その盛り上がり感を共有できず。
とはいえ、映画とあらば見るでしょ〜という感じで見てまいりまいた。

コミックの実写化には多くの否定的意見が付いて回りますし、今作に限っていえば「サイコー(佐藤健)とシュージン(神木隆之介)のキャスティングが逆では?」という声は何度も聞いたわけで。
その辺りの評価は 原作を知らないわたくしには何とも言いようがないんだけど(苦笑)

さて、さすがは大根監督と言えるような絵作り、音作りは見事でしたね。
サイコーとシュージンがライバル・エイジと競い合うバトル描写は この作品の世界観を上手く表現しておったと思います(佐藤健がカップヌードルを食べたわけではないのだね)。
そしてマンガを書くシーンでペンの走る“カリカリ”や“ザーッ”という音は(リアルでは無いだろうが)リアリティを感じました。

とにかく登場するキャラが濃いのも一つの特徴。個性的なマンガを書く個性的な漫画家らが登場するんだけど。
いやいや、そのキャラにごまかされそうになったけど、よくよく見たら今の日本映画でキーになるような役者さんばかりじゃん。

染谷将太、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、そして リリー・フランキーですよ。
そりゃこんな人たちが一堂に会したらいい作品に仕上がるでしょ。
と言いたいところだが。。。

正直 ストーリー展開、起承転結は平凡と言わざるを得ないか。
コミックス全20巻の物語を2時間という尺の中でどこまで見せるか、どのように見せるか。それに気を使い出すと なかなか難しいわけで。

実際の原作のファンからは「よくまとまっていた」という感想も目にするんだけど、わたくしのような一本の作品として向き合うと、(あっさり言うなら)2度目のチャンスで漫画家になりました&頑張って締め切りに間に合いました〜というだけの話に思えてしまう。
もう少し 深み、驚き、意外性が味わえたらよかったんだけどね。

主演の二人がイキイキと演じているのが伝わってきたからこそ、余計にストーリーのインパクトのなさがもったいなく思えてしまう。

でもイチ漫画家が、少年ジャンプの敷居をまたぐまでの道のり。連載を勝ち取るまでのハードルの高さ。打ち切りという言葉の持つシビアさ。これが分かったのは収穫。

あとは本編が終わってサカナクションの「新宝島」(何気にいい曲)が流れてきて。本棚がアップになる映像があるんだけど。
ここにそんな遊び心が潜んでいるとは。これ下手するとわからん人にはわからんかもだけど、ジャンプの歴史の片鱗を見ながらスタッフロールという。これにはやられました。

端々から放たれるジャンプ愛。今を時めく役者たち。そしてそれを形にする監督の技量。それらがあって、原作ファンからも受け入れられる作品に仕上がったと言えますかね。
余談だけど「こち亀」のランキングは?ってのも その都度 気にしてたんだけど(苦笑)

DSC_0372.JPG
クドカンがマーシーに見えたよ
posted by 味噌のカツオ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

心が叫びたがってるんだ。

長井龍雪
(声)水瀬いのり、内山昂輝、雨宮 天、細谷佳正
幼い頃の出来事をきっかけにしゃべることを封印された成瀬順。彼女の高校で行われる“地域ふれあい交流会”の実行委員として、クラスメイト3人と共に順も選出されてしまう。
出し物として担任が提案したのはミュージカル。誰一人乗り気にならない中、しゃべれないはずの順が その思いを伝えるべく突然歌い出す。

「あの花」のスタッフが再結集して制作されたアニメ作品。
言うても「あの花」自体をそんなに詳しくは知らなかったんだけど。ただ ちょっと前に放送された「あの花」ドラマ版を見て、こちらも興味が湧いたというトコロでして。

映画のシリーズものって、ナンバーが増えるにつれてクオリティが落ちると言われますが、こういう(成功を納めた)チームが新たな創作に取り組むってのも、結構ハードルの高いもので。
とは言うものの、この作品は思ってた以上に良かったですよ。いや、素晴らしかったですよ。

早々から描かれるお城だの王子様だのが登場するスキット。(オトナ目線で)バカバカしくも(子供のスタンスで)ピュアとは言えますが、正直「大丈夫か?」と思わんでもなかったけど(苦笑)

高校生になってからのパートでは、いろんな意味で 誰もが経験したことあるような場面であったり、自身が あるいは身近な誰かがぶつかったであろう悩みなんかを提示しつつ。
ひとつの目標に向けて高まっていく展開が見事でした。

部活、家族、トラウマ。恋愛に関しては 現在・過去・未来に渡って描かれてて。
地域ふれあい交流会(学園祭じゃないってのも絶妙)というクライマックスに向かっていくと。
それだけの要素を絡めつつ、ごちゃごちゃした印象もなくて。

若者の成長を見せるのに、部活なり選手なりが、壁を越える努力をするのはよくありますが。
自分の中にある殻を破って、言葉を発しよう、思いを伝えようという形で見せるのも
今どきだなと思ったりして。

でも舞台の当日になって「やっぱりイヤだ」とゴネるオンナは正直キツいなとも思ったけどさ…w

それはさておき、終盤で順が歌いながら登場するシーンはしびれましたし、「悲愴」と「オーバー・ザ・レインボー」のミックスとか、音楽的にも鳥肌立つような作品になってましたしね。
そして登場人物たちの恋の行方についても、良い意味でトリッキーな着地点が用意されてて。
意外性と納得感のバランスとれていたんじゃないでしょうか。

などと つらつらと書いてみたわけですが。
イイもん見たという思いは間違いないんだけど、これぞ〜というドカーンというポイントがあったようには思えない。
それよりも 彼ら彼女らのひとつひとつの行動や思い、あるいは言葉がキラキラと散りばめられているとも言えるのかな。
ホント、全般的な満足度の高い作品だったですかね。

ただひとつだけ気になったのが順のお母さん役の吉田羊さん。正直 違和感ありまくり。
ただし決して彼女の上手い下手のことではなく、“声優”とされるキャストの中に“女優”という存在が混じることの表現の差…なのかな。
たぶん昨今のアニメ映画のように、いわゆる俳優さん中心でアフレコしているのであればそうは思わなかったでしょうが。

なんだか わかるような わからんような。微妙な違いがあるんでしょうね。

さてさて、(オタ系ではなく)一般の観客を惹き付けるアニメ作品というと、ジブリには敵わなかったわけですよ。
しかし宮崎駿氏が長編作品を卒業され、と同時に細田守監督が新たな旗手として目されている昨今ですが。
いやいや〜もうその次が きちゃってるんじやないの?と。そんなことを感じながら見入ってしまいました。

ジブリや細田氏のようなファンタジー路線ではなく、ギリギリでヒリヒリを感じさせる青春ドラマとして受け入れやすのではないかな。今の時代にはね。
というわけで、予想以上の良作でありましたよ。
posted by 味噌のカツオ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

共犯

チャン・ロンジー
ウー・チエンホー、トン・ユィカイ、チェン・カイユアン、ヤオ・アイニン
男子高校生のホアン、リン、イエは、通学途中に 同じ高校の女子生徒の変死体を発見する。それまでは関わりの無かった3人だったが、彼女の死の真相を突き止めるべく、妙な連帯感を覚えながら行動を共にするのだが…

昨年の東京国際映画祭でも上映され、非常に評判の高い台湾映画。
一人の女子高生の死を巡り、三人の男子高校生が死の謎を探ると。ところが中盤、ある出来事から映画の趣が大きく変わっていきます。

その死の真相を探るというサスペンスタッチの展開が、現代的な青春ストーリーとしての観客に突きつけられる〜というべきか。

ですが 結論、わたくし的にはイマイチ響いてこなかったです。
わたくし自身の体調もアレだったかもですが。

後々レビューなんかを読んでみても、何が起きてどうなっていくのか〜という展開は見た通りだったので、決して理解できていない訳ではないと思うんだけど。

オープニング映像 そして序盤の導入部を見る限り、わたくし好みの印象もありつつ。
でも彼らの行動がイマイチ ピンとこないまま「あぁそうですか」的な感じにしか受け取れなくって。
まぁ合わなかったとしか言えないかな。

それから女子がカワイイとか 男子がイケメンという書き込みも見たんだけど「ん?そうか?」と、こちらも疑問符が付きつつ。

映画的に暗いイメージの物語なので、当然ながら誰も笑顔とかないし。
それもカワイイ&イケメンに思えなかった一因であるかもだけど。

エンドテーマについても様々なレビューとは逆の印象で。
なんで日本のバンド flumpoolが、しかも中国語バージョンで歌っているんだと。映画の余韻が台無しだなどと意見を目にしたんだけど。

わたくしは そんな日本のバンドが歌っているとは知らなかったし、字幕に写される日本語訳の歌詞が「いいじゃん」と思いながら見ていたので。

ん〜やっぱり、わたくしとは とことん合わない映画だったとしか言えませんな。

DSC_0293.JPG
お京はん
posted by 味噌のカツオ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする