2016年05月31日

ヒメアノ〜ル

吉田恵輔
森田 剛、濱田 岳、佐津川愛美、ムロツヨシ
ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田は、同僚からカフェの店員ユカとの恋の橋渡し役を頼まれる。
そのカフェで高校時代の同級生・森田と出会った岡田。ユカは森田からストーキングされていると岡田に相談。その流れで告白された岡田は、なんとユカと付き合うことに。
思いもがけない幸せな日々が始まったかに見えたのだが…

V6の森田剛主演。そしてジャニーズ事務所も製作に関わっている作品。
でも 自分らが若かった頃のアイドル映画の在り方と、今現在のそれとは全くモノが違いますね。

V6をアイドル扱いしていいのかは知らんけど、少なくとも劇場には 普段見ないような若い女性がとても多かったです。
んで、そんな娘たちがこの作品を見て、どのように思うのか、感じるのか。もしかしたら「見なきゃよかった」ってぐらい、エグい場面もあるんだけど。
一応 R15+ ではあるんだけど、R18でも…みたいな部分もあります。

その一方で、一般の映画ファンの多くからは高評価を得られる仕上がりだと思います。

予告編を見ていたら、この作品のおおよその展開は認識してましたが。この本編だからこそ成し得たその演出がありまして。それがタイトルの出るタイミング。
この作品なりの2重構造だからこそですが、あのタイトルの出た瞬間は「おぉっ」と、ゾクッとなりましたもんね。

とにかく前半のラブコメパートは普通にバカバカしくて微笑ましい。
安藤さんとユカちゃんが岡田をはさんで絶叫する場面、あれは秀逸(笑)

そんなオモシロ要素を引っ張るムロツヨシ。
「変態仮面」の大金玉男ともかぶるかのようなおかしさで。でも あんなしゃべり方で、あんなプラス思考(?)のキモい人、今どきはありえそうで。
これ以上 過剰なキャラになっていたら、逆にリアリティを逸脱していたんじゃないかな。
その おかしいけど、ギリギリあるってのは大切なポイントですわね。

そしてヒロイン役の佐津川愛美がまた良かった。
有村架純に負けず劣らず、無条件にかわいい。岡田との恋人モードはあざと過ぎるかわいさ。あんな風に迫られたら、見つめられたら、そりゃ落ちますよと。
欲を言えば、もうちょっと見たかったなと。。。
ホントに欲なんだけどね(苦笑)

安藤、ユカ、そして森田と直接絡む岡田。
おどおどした態度に 安定の童貞感も濱田岳にはハマり役…と言っては失礼か!?

そしてなんと言っても森田役の森田剛が凄かったね。ホントに感じ悪かった。ホントに怖かった。
あの口を尖らせたような稚拙な口調で「初めて来たんだよ」だの「タバコ吸ってないよ」だの、取り繕うだけのウソを言う描写も上手かったし。

様々な場で狂気を振るう演技も素晴らしく怖かったし。
「殺してからヤったっていいんだぞ」などとサラリとのたまう鬼畜なキャラクターが、(良くも悪くも)たまらなかったですね。

そんな岡田と森田(V6じゃないよ)の対比も興味深くって。
同じ高校出身で、同じゲームで遊んでいたけれど、今の二人は全く別の存在であって。
でも着てるものは色こそ違えどパーカーだったり。
全く違う行為だが、女性とバンバンやってたり。

似て非なる存在とも言えるし、どこかに共通項があるのかもしれないね。

そんな二人が直接 相対することになるラスト。
岡田を人質状態にして、刃物を持ったままハンドルを握る森田。
ところが 目の前に犬の散歩をしている人を避けようとしてクラッシュ。

正直、この森田であれば そんなもん跳ね飛ばして進むだろうが!と腑に落ちなかったんだけど。
その後に、グッと感情をわしづかみにされるラストシーンが待っています。
すんなりとした後味の悪さが、一瞬で青臭く揺り戻される感じ。
やられましたわ。

ちなみに原作は古谷実のコミックス。
そちらとはアプローチや行き付く先はだいぶ違うようですが。
この映画版、これはこれで語れる作品になっております。

笑えて、ときめいて、恐怖におびえて、ちょっと泣ける…
ある意味で 今の邦画のパワーを再認識できると言ってもいい一本かも。

決して万人にはおススメはできないけど、間違いなく見応えはありますな。
とにかく森田くんがサイコで最高です!!

DSC_0962.JPG
スマホはソフトバンクであってほしいな
posted by 味噌のカツオ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

福田雄一
鈴木亮平、清水富美加、柳楽優弥、ムロツヨシ
姫野愛子のパンティをかぶり、変態仮面として悪と戦う色丞狂介。しかし複雑な思いに苛まれ、愛子は狂介からパンティを返してもらう。
時を同じくして世界中のパンティが消える事案が発生。未曽有の危機が訪れる中、変態仮面の前に最強の敵が現れる。

3年の時を経て、帰ってきました変態仮面。
鈴木亮平、清水富美加も前作から引き続きの出演。「もうそこそこ売れましたから、今さら“変態”でもないでしょ」などというスタンスは取らず、続投というわけで。
なんといっても2人にとっての出世作ですからね。黒歴史だなんて言わせないぞー!

それだけ時は流れ、2人が高校生から大学生になった事以外、全体の設定はほぼ同じ。
続投のキャストもいれば、柳楽優弥も参加というわけで。

何と言いますか、設定は変態だけども、こういう おバカな作品に出たいという役者サイドのニーズもあるんでしょうかね。それなりに(苦笑)

一方 見る側は、小難しいことは抜きにして、そのまんま この世界観に身を委ねるべきでしょうな。
世界中からパンティが無くなるという設定。各人のゆるいキャラクター。バカバカしい会話。
男女のスキンシップを願うではなく、あくまでパンティにこだわる変態加減。
いずれも 受け入れて楽しんで、ところどころでクスっと笑ってね。

“おいなりさん”ネタもバンバン。それはパットではなくバットだとかも良かった。

何だかよくわからんけど「モテキ」到来のわっしょい わっしょいのシーンであったり。
変態らしく縛り用の縄でビルの谷間をすり抜けていく演出も個人的にはお好きですよ。

なんなら今度の「アベンジャ―ズ」の端っこの方にコイツが見切れちゃってたりしたらサイコーなんだけど。
さすがにマーベルはそこまでウツワ、でかくないだろうな。

冗談はさておき、ちゃんと及第点の「変態仮面」だったと思います。
なんならパート2で大きく評価を下げるシリーズものが多い中、及第点をキープしたデキになっているのはお見事なのかも。

欲を言えば、もっと屋外でのバトルシーンを多くして「この格好でロケするの、恥ずかしいだろうな〜」と思わせるぐらい。作り手全体の辱めを感じたかったよね。

さて わたくしごとではありますが、この前日に「ディストラクション・ベイビーズ」を鑑賞しておりまして。
そちらでの柳楽優弥のキャラクターがなかなかキツいものがありましてねぇ。

それもあって、序盤に柳楽優弥出てきたときに「うわっ、絶対に殴られる!」と・・・
正直、頭ん中プチ混乱でしたわ(苦笑)

でも「変態仮面」→「ディストラクション〜」の順番の方がダメージがでかいかも。
posted by 味噌のカツオ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

ディストラクション・ベイビーズ

真利子哲也
柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎
愛媛県松山市の港町で暮らす泰良と将太の兄弟。ケンカに明け暮れていた泰良は、ある日突然姿を消してしまう。
北原裕也は路地裏でケンカをしている泰良に興味を持ち「おもしろいことしようや」と声をかける。二人は無差別に暴行を働き、車を強奪し、乗り合わせていた少女・那奈も巻き込んで走り出す。

何やら映画ファンの間でちょっと「ざわついてる」感のある作品。
確かにコイツは…

中心となる柳楽優弥、菅田将暉。いずれも今 テレビドラマでも活躍してて。
そちらでファンになった人なんかがこの映画観たら人間不信にでもなっちゃうんでないかな(苦笑)
それぐらいの衝撃あったけど。

柳楽優弥演じる泰良(タイラ)はひたすらケンカをしています。
冒頭こそ多人数にボコられるシーンなんだけど、それ以降は誰か相手を見つけては ただひたすらにボコボコにして、されて。

ターゲットを決めたら後をつけていって襲い掛かるとか。ほぼほぼ野生の動物なみ。マジ街中ですれ違っても絶対に目を合わせたくないヤツ。
しかも街のチンピラ相手にも臆せずに…いや、嬉々として殴りかかるとは。
こんなキャラ、今まで存在しなかったよね。

それでなくても この行動の目的が見えない。誰よりも強くありたいとか、焦燥感とかそういうのを感じさせず。
唯一語ったのが「楽しけりゃええけん」とは。

一方、その泰良と行動を共にするのが菅田将暉演じる裕也。
初めは なんか“調子のいいヤツ”と見てたんだけど。泰良と組んでから本領発揮。
すれ違う女性をボコる蹴とばす。やぁなんなら女しか殴っていない。

わたくしもいろんな映画見てきましたが。訳あって女に手を出すシーンはあっても、無差別に女性をボコるヤツなんて見たことない。
んで クズとしか言いようがない。映画だと、作りものだとわかっていても、こんなに嫌悪感が湧くとは我ながら思わなかった。

事前の予告編でどんな感じの作品でどんな展開なのかは入ってはいたけれど。それ以上の進展はなし〜といってもいいのかな。
彼らの行き付く先というのも決して…

とにかく衝撃的な作品ではあるんだけど、本質を読み解くのはなかなか難しいよ。
そのうえで気になったところとしては、おそらく、たぶん、東京ではちょっと成立しないのかな。
愛媛県松山市という地方都市だからこそなのかもしれない。

そして泰良と裕也の服が入れ替わるというのは、何がしかの意味合いがあるのかな。
あと演出面では全般的にセリフが聞き取れません。セリフ以上に他の音がかぶせてある場面があったり、泰良は終始 言葉を必要をしていないからね。

そんな印象に残ったところもありつつ、でもやっぱり泰良が何を考えているのかは やっぱりわからない。
だから怖いし、だからシンパシーも感じてしまう。

しかし柳楽優弥のダークヒーローっぷりは凄かったです。役者として。ホントまざまざと見せつけられたって感じがします。
弟役の村上虹郎は この中にあってはさすがに弱かったかな。でも目つきの悪さは あの兄あっての弟だと見えました。
最後に余談ですが、菅田将暉の顔面は高畑充希とちょっと似てるね。

DSC_0958.JPG
破壊する赤ちゃんたち
posted by 味噌のカツオ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

レヴェナント:蘇えりし者

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン
アメリカ西部の未開拓な荒野。ハンターのグラスは狩猟の最中に熊の襲撃を受け、瀕死の重傷を負う。そして 狩猟チームの一人、フィッツジェラルドに同行していた最愛の息子を殺され、自身は置き去りにされてしまう。
一命をとりとめたグラスは フィッツジェラルドに復讐を果たさんと、約300キロに及ぶ過酷な旅に出る。

アカデミー賞に数部門ノミネート。結果、監督賞、主演男優賞、撮影賞を受賞した作品です。ちなみにディカプリオは5度目のノミネートにして念願の初受賞。
タイトルのレヴェナント“Revenant”はあまりなじみのない単語だけど、意味としては 帰って来た人や亡霊の意味があるとか。

物語としてはなんとも壮絶な内容。ですが、実話ベースだとのことで結構ビックリ。
実際には1823年の出来事で。このストーリー自体はアメリカではそれなりに有名らしく、これまでにも度々映像化もされているそうです。
映画の中では細かい説明はないんだけど、先住民の暮らす地で狩猟を行い、毛皮を取って商売をする集団がいたというのがそもそもの設定だとか。

そんな状況がイマイチつかみきれていない中、映画の序盤で始まる戦い。
人々が次々傷ついていくその描写は「プライベート・ライアン」の冒頭部分を彷彿とさせる激しさでした。

それから程なく描かれるのが、主人公グラスが巨大なグリズリーに襲われる場面。まぁ〜これがなんともスゴい迫力で、コワい、コワい。
噛みつかれて、引っ掻かれて。グングン振り回されて、よだれまみれにされて。見事なまでに恐怖と痛みの伝わる映像になってました。

映画という創作は 誰もが見たことのない映像を見せてくれたり、経験できないことを疑似体験させてくれるものですが。実際にこんなグリズリーにやられるなんてことは…
もし仮に体験できていたとしても、生きて帰って来られない状況だもんね。こりゃ。
まさにクマと鼻が触れあいそうな距離感のド迫力映像。これはスゴかった。

それ以降の中盤は グラスの過酷過ぎる旅がはじまり、終盤はフィッツジェラルドに対する復讐の物語。
もちろん序盤の激しさで十分につかまれたうえで、濃すぎる旅が続いていくので、157分の長尺でも ダレることなく見入ってしまいます。

その濃さというと…
一連のサバイバルの描写かな。捕まえた魚にかぶりついたり、倒れたバイソンの生肉をむさぼり食ったり。暖を取るべく“馬の中に入る”場面なんかは、それこそ生臭さすら漂ってくる感じ(苦笑)

それとは別に、ほんの一瞬ですが、雪の中から芽吹いてきている新しい苗の映像がありまして。
それが極寒の地で土の中から這い出すグラスの姿と重なっておりました。

これらの映像、極力CGに頼らず、ロケで雪の中で自然光を取り入れながら、順撮りで行っていったというから。
確かに たいそう厳しい物語というその奥に、実際の撮影も大変だったであろうこと、容易に想像つきますね。

グリズリーに襲われ、土に埋まり、雪の上を這いずり回って、河を流れて。生肉をむさぼり食って、崖から落下。
これでもかと言うほどのサバイバルシーンに挑戦しているディカプリオの主演男優賞受賞は納得です。

あと“マッドマックス”とはまた違うハードさを求められたであろうトム・ハーディも、いい感じでいやらしい悪役っぷりで存在感ありました。

DSC_0932.JPG
グリズリーに金熊賞を
posted by 味噌のカツオ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

バンクシー・ダズ・ニューヨーク

クリス・モーカーベル
2013年10月。覆面アーティストのバンクシーが1ヶ月に渡って、1日1点の作品をニューヨークの路上に発表するという。そのゲリラ的アート活動を追ったドキュメンタリー。

バンクシーという名前は「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」という作品で触れております。あれが2011年の8月ってことで、もう5年弱も前なのか。

その素性が全く分からない覆面アーティスト・バンクシーが1ヶ月間ゲリラ的に作品を展示させると。
ただし それがニューヨークのどこにどんな形で現れるのかはわからないという事で。

作品を見たいという人々はSNSを駆使して情報を集めたり、あるいは街中を駆け回って作品を探すと。
そんなアート活動を追ったドキュメンタリー映画だったわけですが。

しかしこれはこれで様々な波紋を呼びまして。
ストリートや私有地へのグラフティアート(いわゆる落書き)は そもそもが犯罪行為で。
まぁこのシリーズの最初の作品でバンクシー自身もそれをテーマにしてたりするんだけど。

とにかく そんな作品を見たい人もいれば、犯罪行為だとして発見次第塗りつぶしたり、バンクシーの創作に否定的な面々はその作品の上からスプレーをかぶせたり。
そんなわけで せっかく展示されても3〜4時間で姿を消される作品もあったり。
それを持ち帰っては ひと儲け企む輩がおったりといろいろ。

そういった作品群にはグラフティアートもあれば立体のものも。はたまた車で移動しながらなんて作品も。
そもそもアートというのは形や枠にとらわれず、何がしかを訴えかけるもの、あるいは感じてもらうもの。

映画の中でも これらがどのような意図でもって製作されたのか解説する人もおったけど。
バンクシー自身も社会への風刺的なメッセージもあるようですがね。

そうやって見た人次第で捉え方が様々なのがアートだけれど。
ある日、露天商が匿名でバンクシーの作品を60ドルで販売するというのがありまして。8枚売れたのかな。
その後に、バンクシー作でしたと公表したことで、それらが25万ドルの値が付くなんてエピソードも。

そういうのを見ると、ん〜結局は作品うんぬんではなく、作家次第で価格・価値が決まっていくってことなんじゃんと。
もちろんこれまでに素晴らしい作品を残してきたから名前が上がっているというのも事実だろうけど。

良し悪しはさておき、そんなアートの価値というのも曖昧なもんだなと思ったりしてね。

そんな作品の数々を一度に見ることができるという意味では、やっぱりこれはこれで面白いもので。映画で見るミュージアムとも言えるかも。
もしTOKYOで こんな風にゲリラ的に作品を“投下”するアーティストが出てきたら。それはそれで賛否巻き起こるかな。
そういう反応も含めて、世間に波風立てるのもアートの一面であると思うけどね。

ってか、そうやって世間を巻き込めるアーティストという存在がいないか!?日本には。

DSC_0937.JPG
アサ?ヒル?バンクシー!!
posted by 味噌のカツオ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

ちはやふる -下の句-

小泉徳宏
広瀬すず、野村周平、真剣佑、松岡茉優
強豪・北央学園に勝利し全国大会出場を決めた瑞沢高校競技かるた部。千早は かつての仲間・新にその報告をするが、帰ってきた言葉は「俺、かるたはもうやらん…」。
ショックを受ける千早だが、最強のクイーンと呼ばれる詩暢の存在を知り、彼女に勝って新に「強くなったな」と言われたいと、懸命に仲間たちと練習に打ち込むが…

“上の句”から間1ヶ月を置いて公開の下の句です。
上の句が なかなか佳作だったこともあり、今回の下の句に期待したのは 物語のクライマックスと今作から登場の松岡茉優。

その点で言うなら、 松岡茉優は良かったです。
テレビのバラエティに出てても非常に反応のいい子なので表現力ってのは備わっているのでしょう。その良さなのか何なのか、キャラクターもビジュアルも大満足。女優として素晴らしいですね。

ただし、もう一点のクライマックス感は やや弱いと言わざるを得ないかな。
物語の軸となるのはチームワークの大切さと“君はひとりじゃない”ですね。

でもそんなのはこれまでの数多の映画・ドラマ・音楽 等々で伝えられてきてるメッセージなわけで。
だったら それをどれだけスマートに訴えかけられるか〜なんだけど。

まぁ今の瑞沢高校競技かるた部だけでなく、幼い頃の3人もチームだよと。さらには対戦相手の詩暢までも その括りに入れるのは良いでしょう。
でもそこまでの積み重ね方が、イマイチ響いてこなかったかなぁ。

千早・太一・新の絆は前作でもまぁまぁわかってることだし。
意外性とかどんでん返しとかについては弱かったですね。

今回は完全に“上の句”あっての“下の句”という設定なので、登場キャラや相関図の説明は一切なし。
「もちろん前作は見てるよね」というスタンスであって、上の句を見てない人からは まるっきり感情移入できない構造。
それはそれでは ある意味潔いとも言えるけど。

でもひとつの物語を二つに分割した分 中身が薄まっちゃったような。
いろいろおいしいキャラ揃ってるのに、各々の見せ場が少なかったもんね。

でも全体に流れるコメディ感は嫌いじゃないですよ。
マンガチックな絵作りであったり、(笑いで最も重要と言われる)緊張と緩和の切り替えとかは素直に楽しめましたです。

ぶっちゃけ どんな映画でも1作目よりも落ちるものですから。2作目って。
それを差し引いたら、これはこれで…と思ってたら。

過日3作目の製作が決まったとのニュースが。
大丈夫かいな!?(苦笑)

DSC_0931.JPG
ちはやふるにつみきみほ
posted by 味噌のカツオ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

ズートピア

バイロン・ハワード、リッチ・ムーア、ジャレド・ブッシュ
(声)上戸 彩、森川智之、三宅健太、高橋茂雄、玄田哲章
動物たちの楽園ズートピア。ウサギとして初めて警察官になったジュディが、ひょんなことから連続行方不明事件を追うことに。街で出会ったキツネの詐欺師ニックが その手がかりを持っていることがわかり協力を依頼。
しかし その事件が、さらなる大きな陰謀へとつながっていく。

これまでにもディズニーの作品に携わってきた3人が共同監督。さらには7人がかりの共同脚本とのことで、ディズニーの本気度?あるいは本気の遊び心が込められていると言っても過言ではないでしょう。

とにかくそんな作品ですから「誰が見ても間違いない!」と言いたいとこですが、ひねくれもののわたくしには、どうも首をひねりたくなる描写もチラホラ。

たとえば導入部で親が子どもの夢を引き留めるよな発言にはちょっとビックリ。
あれこそ心配性の親心とも言えるけど、ちょっと悪しき親のエゴっぽくも見えてしまいました。

小さいことだけど、ジュディがトレインに乗り込む際に大きさに合わせた3種類の扉が〜なんてシーンがあったんだけど、ズートピアに到着したら普通に大きな扉から下りてきたりとか(苦笑)

警察署長のスイギュウが一方的にジュディの可能性を閉じ込め、さらには難事件を48時間以内に解決できなければクビだというパワハラ展開。あぁ恐ろしい。
なぜそんなに厳しく当たったのか、理由らしい理由は説明無いので、ただチビのスケは鼻クソほどにしか思っていないのでしょう。
あのスイギュウ署長に軽くイライラ。

また「お昼までに駐禁200件挙げてやる」というジュディの容赦のなさを見せられると、キツいなぁと。
終盤には列車を操縦して大破させるわ、博物館を抜ければ早いといって(警察バッジの無いまま)侵入するわ。
いろいろとアカンやろと。

かつて「ポニョ」を見たときと同様、社会のルールを踏みにじった上での美談作りに思えて、どうにも乗り切れませんでした。
そういう倫理を振りかざすと、エンターテイメントを楽しめなくなるという面もありましょうが、個人的にはちょっとダメなのですわ。気になって。

基本的に展開が早いですね。“溜め”という言葉を知らんのか〜ってぐらいの勢いで進んでしまうので、物語全体の深みとかは味わえなかったね。
その分 ナマケモノのパートはオモロかったけど。

さて この世界観のモチーフについてはチョイチョイを見聞きしてわかりました。
人種のるつぼとも言われるアメリカなら、なお楽しめる設定でもあるんだね。

近年のディズニーアニメではそういったメッセージを盛り込んで、大人が楽しめる…というか 大人じゃないとわからないテイストに仕上げる傾向があるとか。

基本、子供の集客が見込まれるアニメ映画ですが、当然ちびっこだけで映画館にはやって来ません。大人が子どもを連れてくるのが常。
であるなら、割りと大人目線で映画を作っておけば、大人も普通に見られるし、子どもは派手な映像見てたらそれだけでもイケるもんね。
このスタンスは「映画 クレヨンしんちゃん」とも理論は同じ。とはいえ、圧倒的に違う部分も感じます。

こちらは“大人が普通に見られる”作品ですが、クレしんの場合は“大人が童心に帰って楽しめる”ものじゃないかと。そのアプローチの仕方が大きく違うような気がします。
しいて言うなら「トイストーリー」は感情移入という部分では後者の部類に入るでしょうけどね。

とにかく、多くの方が どうやら絶賛されているようですが、わたくしには合わない作品でありました。
ただし、ラストシーンの大オチはオモロかったけど。

いろいろ難癖つけましたが、上戸彩の吹替え版はすごく良かったです。
声質のイメージも合ってたし、感情表現も上手いな〜と思いましたよ。

DSC_0930.JPG
動物にはサバンナがよく似合う
posted by 味噌のカツオ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする