2016年10月16日

永い言い訳

西川美和
本木雅弘、深津絵里、堀内敬子、竹原ピストル
人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、妻がバス事故により亡くなったと知らせを受ける。が その時、不倫相手と密会していた幸夫は悲しむことができずにいた。
そんなある日、幸夫は 同じ事故で妻を亡くした大宮陽一に会い、ふとした思いつきから彼の子どもたちの世話を買って出る。

西川美和監督の作品って いずれも明確な着地点は明示されないんですね。
サラリと見ると、いくらかモヤモヤ感が残るのは否定しません。

でも丸わかり過ぎないトコロ、観客の心に委ねるトコロが、映画ファンから支持される点でもあるんだけど。

その手の映画ってヒリヒリきたりダークだったりものですが、いい感じの微笑ましさを配するのも西川監督は上手いですよね。
あと あまり同一の役者を起用しないのも、その都度 登場人物のキャラクターに多様性を持たせてる感じがして面白いです。
この「永い言い訳」も まさにその西川監督の“らしさ”が活かされております。

キャスティングについては、当て書きというのがありまして。ある役者さんをイメージして脚本を書くという手法なのですが。
西川監督の場合、自身の書いた原作のイメージに、より合った人をキャスティングするのが上手いんでしょうね。

この作品の本木雅弘もそうですし、竹原ピストルさんも超ハマり役。
ちょっとコワモテだけど、真っ直ぐでピュアでいくらか不器用なトラック乗り。素晴らしい(笑)

そして子どもたちの演技も良かったです。
ただしこの場合、西川監督の師匠筋の是枝監督の手法。設定だけ決めて 子どもたちには自由にさせてしまう感じの撮り方やってるみたいですね。
それなら こうなるわな〜という思いと、それで あの誕生日の鍋のシーンを撮ったのはスゴイなとも。

さて、物語の展開や登場人物の心の動き、大方はわかるんだけど。いろんな感想をチェックしても、核心的な部分について コレってのがなくて。様々な受け止め方があるのかな。

妻・夏子が あんなメールを残していた訳。またあれが本心なのか。
幸夫の妻への想いは。そしてあのメールを見て何を感じたのか。
幸夫は何に涙し、なぜあの本を記し、これからどこへ向かうのか。

それから もうひとつ気になったのが、それぞれの髪の毛の長さと、随所にある髪を切るシーンに関して。

夏子が幸夫の髪を切る場面から始まり、終盤では それまで他者には触らせなかった髪を、妻の元同僚にカットしてもらっています。
陽一の息子・真平も季節と共に 髪は伸びていくのですが。最後 中学生となった段階で 驚くほど短くなって。
娘の灯(あかり)は 自分で前髪を揃えようとしていました。父・陽一はずっと坊主だったけど(多少の伸びはあり)。

女性が髪を切ると「失恋した?」「ただの気分転換?」いろいろな意味合いを探られちゃったりするんだけど。
この映画でのそれも、人としての成長や成熟とか。何か意味があるのかな。
結局 答えは見つからないんだけどさ(苦笑)

監督の過去作と同じく、明確な心理表現や明らかな未来は提示されません。
結局 わからないことだらけなんだけどさ(苦笑)

でも アイツだってコイツだって、なんなら自分自身だって。実際の日常の中でも丸わかりの心なんて そんなにないわけで。
露骨な お涙頂戴映画がどこかしっくりこないように、明確すぎないから、より多くの観客に沁みていくのかもしれないね。

今後も西川監督の作品に期待します。
また3年後ぐらいかな?

DSC_1299.JPG
♪ ちゃぷちゃぷローリー
posted by 味噌のカツオ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ナ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする