2017年01月13日

ふたりの桃源郷

佐々木聰
田中寅夫、田中フサコ、ナレーション・吉岡秀隆
還暦を過ぎ、余生を送る場所として 以前暮らしていた“山”を選んだある夫婦。そしてその家族を25年に渡り追い続けたテレビ番組を再編集した映画版。

先日発表になった「2016年 キネマ旬報ベスト・テン」にて、文化映画部門で1位に輝いたドキュメンタリー。
元々は山口放送が自社制作のドキュメンタリー番組として取材を行っていたもので。その都度 放送されていたもの 25年分を、映画版として再編集した作品。

一番最初に少々失礼な物言いしますが。
冒頭に映し出された おばあちゃんの顔立ち、そしてヘアスタイルが なんとなくJBさんに見えまして。なかなかファンキーだなと。
実際のおばあちゃんの元気な立ち居振る舞いは、やっぱりわたくし的にはファンキーに映ったのですが(苦笑)

閑話休題。
戦後間もなく、「自分たちの食べるものは 自分たちで作ろう」との思いから、ふたりは山を切り開き ほぼ自給自足の生活を行います。
しかし 子供たちの成長を考え、一旦大阪へ。タクシードライバーとして子どもたちを育て上げ、手が離れた頃合いに ふたたび山での生活を始めます。

自分たちの速度で、自分たちの生き方で、山で暮らすふたり。
しかし それぞれ独立した3人の娘たちは「いつまでもこのままではいられない」としばしば思うのですが。
やはり ふたりは「自分たちでできることは自分たちで」と、山へ帰っていきます。

ですが当然ながら ふたりにも“老い”という問題がやってきて。
そして気付けば ふたりを見守る娘たちも“高齢者”という年代になっていきます。

リチャード・リンクレイター監督の「6才のボクが、大人になるまで。」や「ビフォア」シリーズも リアルな年月をかけた人間ドラマなんてものもありますが。
こちらは元はテレビ番組のそれではありますが、ここまで長期に渡って取材をするというのもスゴイですね。

監督のコメントでは、テレビ放送した際にも“ここが”というひとつではなく、様々な場面に 何かを感じる視聴者の声が寄せられたと。観る人の数だけ思いが生まれる作品になったと語っておられました。
それほどまでに 見るべきところ、感じる点が散りばめられています。

山での暮らしへのあこがれ、家族の結びつき、老いとの向き合い方。そして別れまで。
わたくしも 見ていて涙がこぼれそうな場面がいくつかありました。

病気で歩行も困難になったり、認知症で記憶があいまいになっていったり。流動食を口に運んでもらって食したり。
当然のごとく 老化って、見ていて辛いなと・・・

いや待てよ、生きていたら誰でもそうなっていくんだよね。
しかも このふたり、ずーっと自分たちの好きな山で暮らし続けて。今も子どもたちに想ってもらってるわけじゃん。メッチャ幸福やん。
あぁこの涙は幸福な涙なんだな。

タイトルにある“桃源郷”とは。
辞書によれば「世俗を離れた別天地。理想郷。ユートピア」とされています。

確かに この山がふたりの桃源郷であり。
我々観客からすれば ふたりが桃源郷だよねと。
そんなことを思わされました。

ちなみに その桃源郷は、また次のふたりの桃源郷となり。
引き続き取材されているとのこと。
桃源郷は有り続けます。

DSC_0127.JPG
廃バスが寝床とは
posted by 味噌のカツオ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする