2017年03月16日

哭声 コクソン

ナ・ホンジン
クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村 隼、チョン・ウヒ
平和な田舎の村に ひとりのよそ者が現れる。それ以降、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発。殺人を犯した村人は、濁った眼に湿疹でただれた肌という共通点があった。
事件を担当する村の警官ジョングは、自分の娘に殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。

『チェイサー』『哀しき獣』などのナ・ホンジン監督の新作。
過去作もサスペンスフルで ドキドキしっぱなしで どんでん返しも楽しめる。そんな作風ではありますが。
この映画も同様に。展開、映像、ヘヴィーで見応え大ありでした。

でも怖くて エゲつないシーンもあるので万人におススメはできませんが。

韓国映画ではありますが、そんな中で ただ一人。日本から國村隼さんが出演。
言うてもチョイ役ではなく、主要な存在で なおかつ怖い。ぶっちゃけチョー怖い。

國村さんが韓国に行っても 誰も目を合わさないでしょと。道開けるでしょというレベルの怖さ(苦笑)
いろんな意味で体当たりの熱演で、役者として素晴らしかったです。

山間に近い小さな村で不可思議な殺人事件が頻発。被害者は惨い殺され方をされ、容疑者は被害者の家族であるという。
その事件の真相は、毒キノコで精神を蝕まれてのことなのか。何かがとり憑いたのか。それとも どこからともなくやって来た、怪しげな日本人の仕業なのか。

主人公の警察官であり 一人娘の父親でもある男が また極度の怖がりでね。
そんな事件現場に足を踏み入れるのにイチイチ ビビったり、声をあげて腰を抜かしたり。
その様が面白くて、その辺りは結構笑えるんだけど。

男の(おそらく小学生の)娘に変化がおとずれた辺りから、それまでの笑える雰囲気から サスペンス、ホラー、そしてオカルトからゾンビへと。
それぐらいの展開が広がっていきます。

さらには娘を救うべく祈祷師が登場。この祈祷師さんも、間違いなく見どころのひとつで。
その悪霊払いの映像から とんでもないバトルの様相を呈していき、さらに混沌は増していくことに。

冒頭に聖書の一説が示されることから、そういったものがモチーフになっているのはなんとなくわかりますが。
ぶっちゃけ その深遠なテーマ性までは理解するのは難しいですわね。

でも その映像描写だけでも見入ってしまうデキなのは間違いない。
しかも156分という長尺で。終盤は三重構造でのダメ押しがきますが、見入ってしまいました。

國村さんの存在感が素晴らしいとは書きましたが、もう一人 スゴかったのが主人公の娘さん。
普通の子ども、狂気の絶叫、そして…

よくもまぁあそこまで演じられるなと。
芦田愛菜でもあれは厳しいんじゃないかってほどに映画を盛り上げるパーソンになっています。
この子も必見です。

ちなみに國村は音読みで“コクソン”だという説を見てちょっと笑えたよ。
posted by 味噌のカツオ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする