2017年05月16日

マンチェスター・バイ・ザ・シー

ケネス・ロナーガン
ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ
ボストン郊外で便利屋として働く男リーは、兄ジョーの死をきっかけに、故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。
しかし 兄の遺言で、16歳の甥パトリックの後見人を引き受けたリーは、故郷の町に留まるうち 自身の過去の悲劇と向き合うことになる。

2017年アカデミー賞にて、ケイシー・アフレックが主演男優賞を。そして監督でもあるケネス・ロナーガンが脚本賞を受賞した作品。
とても静かで。とても丁寧で。ある意味で現代的な作品だと思いました。

アメリカ・ボストンで アパートの便利屋として働く男 リー。
そこそこ腕は良いが、ろくに他者と挨拶もせず、時に汚い言葉を吐く リー。

彼の元に兄の訃報が舞い込み。故郷であるマンチェスターまで車を走らせます。
移動時間は1時間半(正確には1時間15分?)。しかし その車中、彼の胸には様々な思いが…

そんな兄が遺言として残したのは、リーも幼い頃から知る16歳の息子パトリックの後見人となること。

リーにはマンチェスターに根を張る思いはなく。
しかしパトリックには、そこでの暮らしがあり、友があり、受け継ぐものがあって。
こうして二人の思いが交錯していくわけですが。

とても寒々しいマンチェスターの街並みから始まり。
リーが なぜその街を離れ、なぜ彼が他者との交流を嫌い、どうしてそんなに口汚い会話をするのか。
そのあたり、リーの過去が少しづつ明らかになります。

このマンチェスター・バイ・ザ・シーでリーにどんな暮らしがあって。家族との間にどんなことがあって。
そして冒頭の便利屋としての姿があって。今、こんな決断を迫られていると。

決断というと言い方キツいかもだけど。未成年の後見人とはそういうことでもあると思うのでね。

全部が全部ツラいことではなく、一人の男として順風満帆な時期もあったことでしょう。
でも大きな出来事、小さなトラブル。自身のこと、周囲のこと。それらが数珠つなぎになっていることに妙なリアリティを感じて見ておりました。

一方のパトリックは、父親の死をどのように捉えていたのか。
その直後に友人たちと談笑したり。バンド仲間と二股の彼女と…

父の亡骸と真正面から向き合うことなく。
しかし葬儀まで冷凍保存という点に 必要以上に反応して。

スマホ、メール、船、母親。
こう言っちゃなんだが、彼の気持ちは決して真摯なものに思えなかったけど。
でも、今の若者の心って そうしたものなのかなという納得感もあって。

そこが ある意味で現代的だなと。わたくし的に思った次第。

物語として大きなものではなく。ほんの二人のパーソナルなお話。
でもじんわりと向き合うことのできる作品だったかな。

DSC_0412.JPG
ベン・アフレックは生きている
posted by 味噌のカツオ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする