2017年08月25日

きみの声をとどけたい

伊藤尚往
(声)片平美那、田中有紀、岩淵桃音、飯野美紗子
海辺の町、日ノ坂町に暮らす なぎさは、かつて祖母から聞いた言葉を信じていた。「言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね…」。
そんな なぎさが、何年も使われていないミニFMステーションに迷い込んでしまう。出来心でDJの真似事をしたなぎさの声は、偶然にもある人物に届いていた…。

今作の製作に際して行われたオーデション。そこで選ばれた6人が声優ユニットとしてデビューをしております。そのグループ名は「NOW ON AIR」というもの。

まぁ作品を見る限り、そんな新人っぽさはコレっぽっちも感じることなく。
三森すずこ、梶裕貴、そして野沢雅子といった面々との競演も違和感は全くナシで。

主人公は女子高生たち。湘南の鎌倉にあった喫茶アクアマリン。そこにミニFMステーションが存在し、近隣の方々からも愛されていたと。
しかし とある理由により、その放送は12年前から途絶えていた。

そして その年の夏休み。ひょんなことから、そのミニFMが復活。
ラジオの存在を通じて、それぞれの関係が深まったり夢を語ったり。
そんなお話なんですが。

そもそも わたくしがラジオ好きな者でもあり、今の年代の女子高生がラジオの存在に興味を持ってくれることが嬉しいよね。
始めは いたずらに放送をしようとしてたところが“リスナーメール”から輪がつながり、仲間が増え…なんて展開がまたラジオらしい。

そうしてラジオマニアな存在が加わり「ラジオで一番大切なのは“ジングル”よ」というのも笑えたし。
勝手に曲を流すのは著作権的にNGと説いてみせるのが(ある意味)シュールでした。

そうやって ラジオの仕組みや、放送が形作られていく様はワクワクしましたし。
涙もろい主人公 なぎさのピュアさは見ていて気持ちよかったです。思わずもらい泣きしてしまった場面もしばしば(苦笑)

主要キャストが7人いるんだけど、その分、友情、家族、夢とテーマが広がりつつも、キレイに着地してる感じがあってね。
ラストの放送。ミニFMなので聞けるエリアが限られちゃうんだけど、あの鎌倉の一車線が渋滞で進まなくてとか。

それ以外にも じんわりとした伏線があったり、曲のバックで(セリフなしで)映像だけでサイドストーリーを表現したりとか。
94分の中で説明しすぎず、詰め込み過ぎず、というところも 映画として良かったと思います。

ぶっちゃけ あまりに“等身大”過ぎていて。アニメ的なファンタジー設定もないので、中には「ストーリーが読めた」とか「退屈だった」なんて感想も目にしましたが。
ピュアな青春ストーリーとして、素晴らしい仲間がいて。そして家族も、街にも伝播していく感じ。丁寧に作られている感じがして、わたくし的には響きましたよ。

「言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね…」「悪い言葉は、いつか自分に返ってくる…」
なぎさが ずっと信じていた言葉たち。

隕石が落ちなくても、時間を飛び越えなくても。
言葉、歌、そして魂。“コトダマ”で奇跡は起こせますね。
いい映画でした。
posted by 味噌のカツオ at 21:22| Comment(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

マインド・ゲーム

湯浅政明
(声)今田耕司、前田沙耶香、たくませいこ、藤井 隆
偶然にも初恋の女性、みょんちゃんと再会した西。みょんは姉のヤンと共に営んでいる焼き鳥屋へ西を招待する。
ところが焼き鳥屋に現れた借金取りとトラブルになり、西は撃ち殺されて死亡。しかしあの世で見かけた神様に逆らって、地上に舞い戻り…

2017年に入って「夜は短し歩けよ乙女」と「夜明け告げるルーのうた」の2作のアニメ作品を公開した湯浅政明の前作であり長編映画のデビュー作。
前作と言っても これが製作されたのは2004年でありまして。その間 13年という時間があるんだけど。

そんな「マインド・ゲーム」という作品自体が相当な作品。
単純に面白いとか絵がスゴイとか、一言では言い表せない。
でもとにかくスゴイのだわ。

原作はロビン西 作。1995年から1996年にかけて連載されていたマンガで、それを湯浅監督がアニメ映画化。
わたくしは原作は未見ですし、それほどアニメのジャンルにも詳しいわけではなく。

それでも今作が表す世界観にはいろいろ感じるものがあるのだけれど。
やっぱり それが何なのかは言葉では言い表せない。現したところで安っぽくなりそうだけど。

それでもあえて書くならば。
ストーリー自体も少々エグいところあるね。一度は主人公が あまりにも無残な殺され方されちゃうし。
でもその猥雑な雰囲気は(舞台である)関西の持つそれと相まって、見やすくなってると思います。

吹替えであり、大半の男性キャストを演じているのは吉本興行のみなさん。
そんなアニメの吹替えなんて経験されてはいないと思うけど、コントであったり、新喜劇であったり、ユーモアを含ませつつ 物語を進めていく力はバツグン。

所々でキャラの顔が声をあてている人(実写的に)インサートされるんだけど…それなのに、その世界観が乱されない惑わされないというのは、冷静に考えるととんでもないことだよね。

一度殺された主人公が“走って”現世に戻り。ヤクザ連中をやり込めて逃げるうちに 巨大クジラに飲み込まれ。そこで出会ったじーさんとともに ささやかな楽園暮らしを味わい。
が「いつまでもここにいられない」とばかりに“走って”ふたたび地上を目指すと。

はなはだ荒唐無稽な物語ではあるけれど。不思議とその展開に引き込まれて。
あるいはオープニングやエンディングに映し出されるフラッシュバック映像を見ては、ぼんやりと「これは自分自身の物語なのでは」なんてことまで考えさせられて。

湯浅監督自身が「なんとなく言いたい事が伝わればいい」と称しているように、訴えかけたいメッセージが丸わかりの底の浅い作品ではなく。
好き勝手に鑑賞して、勝手にビシビシ感じればいい作品。「何がしたいのかわからない」という人は、まぁそういう人なんでしょう。

とにかく誰もがどうとでも受け取れるようなベクトルが あっちこっち向きまくりに放たれていて。それだけパワーが放射されているというものなのかもね。

だから敢えて一言で現すとすれば。
『とにかくスゴイのだわ』です。
posted by 味噌のカツオ at 23:03| Comment(0) | マ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

俺たちポップスター

アキヴァ・シェイファー、ヨーマ・タコンヌ
アンディ・サムバーグ、ヨーマ・タコンヌ、アキヴァ・シェイファー
幼馴染みの3人が結成したヒップホップバンド“スタイル・ボーイズ”。ところが、フロントマンのコナーがソロデビューし、バンドは解散。
一気に大人気となったコナーであったが、期待のセカンドアルバムが大コケ、世界ツアーまでも中止になり…。

今作の原題は「Popstar: Never Stop Never Stopping」。
ざっくり訳すと「止まらないポップスター」となるのかな。
実際の邦題は「俺たちポップスター」なんだけど。

「オレたちひょうきん族」由来というべきか。“俺たち”と冠されるだけで ある種のコメディ感は増すよね。
でも、実際の作品の印象とはちょっと違うように思うなぁ。
やりたいこと、わからんでもないんだけど。。。

海外のバンド、ミュージシャンをテーマにしたヒストリームービーって意外と多いんだよね。
わたくしもいくつか見たことありますが「あのシンガーにそんなウラ話が」と思うものもあれば、ぶっちゃけ「そういう音楽のムーブメントがあったんだなぁ」と、全く知らないバンドであっても見ることがあるのですが。

その視点で言うならば…今作に登場する“スタイル・ボーイズ”も、わたくしが存じ上げないヒップホップバンドのひとつ…なんてスタンスで楽しむこともできたりして。

かと思えば、架空のバンドに対して カメオ出演してる数多の“本物の”ミュージシャンたちが「コイツらスゲぇよ」と言ってるのを見て、友近さんの“友人”である水谷千重子が、シレーっと大物演歌歌手の皆さんと共演しているのを彷彿としたりして。

これはこれで いろんなスタンスで楽しめる作品であり。もっと言うなら、普通に一本の映画として見ても普通に面白いんじゃないかな。

さて、この“スタイル・ボーイズ”を演じたのは、「Saturday Night Live」でブレイクした“ザ・ロンリー・アイランド”という3人組。
彼らが 製作・監督・脚本・出演を勤めたというもの。

大爆笑とまでは言わないけれど、いい感じでの悪ノリ具合で、あるある的な雰囲気で。
それでいてクオリティ高い仕上がりになってて。

それにどうしようもない下ネタ。よくわからない“亀”の静止画像(笑)
あるいは心配したくなる“ビン・ラディン”ネタまで。
十分に楽しめましたです。

DSC_0121-3a6ac.JPG
一緒に「ドンキー・ロール」やりたい(笑)
posted by 味噌のカツオ at 01:21| Comment(0) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

君の膵臓をたべたい

月川 翔
浜辺美波、北村匠海、北川景子、小栗 旬
膵臓の病を患う桜良が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、“僕”と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々は、やがて終わりを告げる。
桜良の死から12年。ある事をきっかけに、僕は桜良が伝えたかった本当の想いを知る…。

字面だけ追うなら“ちょっとエグい”印象ではあるが、 2016年本屋大賞第2位など内容的にも評価された話題作。
わたくしも「どんな話なん?」と気にしつつも原作未見。映画化となり、鑑賞してきたわけですが。

さらっと言うなら、過去パートには名のある役者さん全く出てないのね。
予算的に大変な中での企画だったのかと余計な心配をしつつで。

浜辺美波はドラマ版“あの花”に出てちょっと話題になったけど、その後 たいしてフューチャーされることもなく。ここにきてやっと…と思ったわけですが。
良かったですよ。少々あざとい感じが良かったですよ。

若干の棒読み感もありますが、(褒め言葉として)クラスで3番手のカワイイ子っぽくって。
同性からの支持は得にくいキャラだったかもだけど(苦笑)

方や北村匠海の冒頓とした表情もらしさがあってよかったですね。
一回ぐらい「閉店ガラガラ!」と言ってくれないかなと。似てるかなと思ったけどね。

映画の作りとして、純な高校生男女ならではの雰囲気。しっかりと伏線を張っていくのも悪くなかったですし。
実際の膵臓の ご病気のあり方として、やつれることなく、顔に出ることなく“保っていける”ものなのか。あんなに遠出して大丈夫なのかは気になったけど。

そこは恋愛映画のファンタジーとしておくべき点なのかな。

チラシには「ラスト、きっとこのタイトルに涙する−」との文言があるけども。
当初の意味合いは「なるほどね」とは思えたけど、ラストには「う〜む」と感じた程度。

終盤の衝撃的な展開も相まって、確かにこりゃ泣くわと。これは考えさせられるなと。
そんな映画でしたね。

見終わって いろんな感想を見たりする中で、原作との相違点なんかも知ったわけですが。

原作には現在の“僕”にまつわるパートは無いのですかね。本来なら小栗くんや北川景子はキャスティングされないってことなんか!?
結局 恭子とのつながりができるのに12年ということになるのもしっくりこない。とってつけたような涙に思えちゃうな。

原作では桜良と僕は もっと漫才のようにやり合うとも書かれていたんだけど、映画では桜良が一方的に引っ張ている印象で。
これも原作のイメージの方が良いように思うなぁ。

さて、これは原作も同様なんだけど、意外にも桜良が命を落とす理由が あまりにも…あまりにも…と思うのだけど。
事故であれば普通に悲しむことできるけど、これでは別の“悪意”が入り込んでしまうわけで。
それこそ ソコだけで一本物語ができちゃう事例だもんな。

小説というエンタテイメントとしてのサプライズ展開はあってしかるべきだけど、正直 やり過ぎという思いはあるよね。
全編通して、決して悪いお話でもないし、感情に訴えかけるのは確かなんだけど。
わたくし的には「ちょっと、ちょっとちょっと…」と感じてしまうんだよね。

さてさて、最後にちょっと。「ガムいる?」という役(?)を演じてた矢本悠馬、いいですね。
今や大河ドラマでも活躍してますが、「ちはやふる」の“肉まんくん”といい、(ガムとか肉まんは関係なく)おいしいポジションのキャラやってますね。
今後が楽しみな役者だなと あらためて思った次第です。

DSC_0115.JPG
君の雑炊がたべたい
posted by 味噌のカツオ at 00:15| Comment(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

ハローグッバイ

菊地健雄
萩原みのり、久保田紗友、渡辺真起子、もたいまさこ
クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、両親との関係が薄く、その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返している葵。元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた はづき。
普段は合い入れないクラスメートの二人が 認知症のおばあさんと出会い、初恋の人にラブレターを渡したいという彼女に協力しようと決める。

今どきの女子高生って(高校生って)、たいへんだよね。
LINEなんてものがあるから、身近な友達との いろんな情報があからさまになってて。

噂話も真実ではないことも、たいがいのことが“筒抜け状態”で。
かと思えば LINE上とは別に、リアルでフォローしあうことも必要で。

その一方で、スクールカーストみたいのがあったり、全くかかわりを持たないクラスメートが“身近”に存在してたり。

そういうのを見せられて「不可思議な関係だね」だの「もっと声かければいいじゃん」だとか言うのは野暮なんでしょう。
それで互いの関係性がバランスとって成立しちゃってるし。それを崩すのはめんどくさいことなんだろうね。

この映画に登場する優等生の葵は、学校での“ポジション”とは別の顔があって。
近所の100円ショップで(生活苦ではなく)万引きを繰り返しています。それを知った はづきは「どうせ親に振り向いてもらいたいとか ちっぽけな理由でしょ」と言ってのけます。図星です。

これまで いくらでもあるドラマの中では、それは大きなテーマとして扱われる要素でもあったと思うんだけど。
今どきの女子高生からすると、そんなもんなんだね。

とにかく 立場も考え方も、おそらく生き方も違うであろう二人が、困ったおばあさんのために協力し合って目的達成に向け…という美談なのかと思ったら。
確かに それはそれで間違いないんだけど、おばあさんのエピソードはゴールではなかった。主体はホントに この二人の関係で。

ものスゴく 思いっきりぶつけ合って。それこそ安っぽくつながるわけでもなく。
そして結論を言っちゃうと、 そのエピソードを通過しつつ、また別の道を歩いていくというのがある意味で驚かされました。

もちろん二人が同じ出来事を共有したことで、二人でしか共有できない感情も芽生えたと思うんだけど、安易にそれで“親友”にはならないんだね。
なんだか2017年の青春のリアリティ感じたわ。

ただし、ただし、もしかしたら彼女らが歳を重ね、記憶がおぼろげにならんとするころになって、初めて“伝えておくべきだ”と思うのかもしれませんな。
感情は似ていても、彼女たちとおばあさんのこととは、状況とかはまるで違うけどね。

80分の作品。内容に起伏がありながらもコンパクトにまとめあげられてて。
現在と過去を描きつつも、テーマは不変なものだと思うし。
映画として 見やすく、かつ 見応えもありました。

主演の二人も若いのに素晴らしい表現力あるし。
もたいさんって どこか“謎”を秘めた要素を期待しがちなんだけど、ここでは純粋に認知症のおばあさん役で。メチャ説得力ありました。
そして木野花さん、渡辺真起子さんも少ない出番ながら、存在感が素晴らしかったし、渡辺シュンスケさんが担当した音楽も見事でした。

「早紀ちゃんは人見知りだけど…」と不意に語りだすおばあさん。
認知症だとか、やさしさだとか そういうの関係なく、自然とそういう“言葉”がこぼれるのが母親なんだよね。
いつまでたってもさ。
posted by 味噌のカツオ at 00:34| Comment(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

アレックス・カーツマン
トム・クルーズ、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ラッセル・クロウ
中東の戦闘地帯で、米軍関係者のニック、考古学者のジェニーらが発見した謎の巨大な石棺。調査のため棺をイギリスに輸送するが、思わぬ事態が発生。
ジェニーは脱出に成功したが、航空機はロンドン郊外に墜落。乗員は即死、石棺は行方不明となってしまうのだが…

かつて映画界を賑わせたモンスターたち。ユニバーサルスタジオでは、それらを復活させる企画“ダーク・ユニバース”をスタート。その第一弾となるのが今作。
1932年公開の作品「ミイラ再生」がトム・クルーズ主演で“再生”されました。

必ず及第点以上の作品を届けてくれるのがトム・クルーズ。トムの作品にハズレなし。
これまでにも様々なシチュエーションで、様々なキャラクターを演じて楽しませてくれましたが、今回はミイラ映画ですかと。

登場した冒頭にはすんなり顔は映さず。“つかみ”のパートでの派手なアクションと、まさに千両役者っぷりを発揮。
よくよくやりとりを見ていると、プレイボーイでいて 金のニオイがするなら、安易に危険な橋も渡るというなかなかのクズっぷり。

そんなキャラクターであっても嫌味なく、らしさを前面に押し出して引き込んでいくのがトム・クルーズ。
まさにスタームービーのスタート〜という導入部分でありましたが。

何と言いますか、航空機が墜落して以降の記憶が乏しいんだよね。
こっちがミイラの呪いにかかったか、ただ単に眠たかっただけなのかという。。。

ざっくり言うならば、ミイラとなったものの この世に復活した王女アマネット(ミイラ男じゃなくて女なのね)。
その目的がイマイチ ピンとこなかった。何がしたかったのかな?

当初は「よくぞわたしの封印を解いてくれた」として、恐怖の王女が礼を言いに来るけど、トム演じる主人公は怖くて逃げるとか。
そういうアレなのかと思いきや。そうでもないのかな。

基本はアクションシーンっちゅうか、トムがぶっ飛ばされて地面に叩きつけられて、超・肉体を酷使。
んで時にコミカルな感じも漂わせ、往年のジャッキー・チェン化が激しい。

あとトムの相棒役が早々にゾンビとなってしまって人を襲うんだけど、途中で(ゾンビとなったまま)軽口叩いて会話する場面もあって。
なんか そこいらのキャラの確立が微妙という感触も。

ゾンビでいうなら、水中を泳ぐゾンビのシーンは新鮮だったけど、印象に残ったのはそれぐらいで。
ぶっちゃけ、今回の顛末がどう決着がついたか…記憶がありません。
水銀の中に沈んだんだっけ!?(苦笑)

ダーク・ユニバースというプロジェクト自体、温故知新。
映画の歴史、モンスターの系譜という面を思えば とても良い企画だとは思うけど、何やら その土台があるだけで。

それが今後どんな展開を見せるかはわかりませんが、今作だけに限っていうなら、トム・クルーズとラッセル・クロウの競演という話題さえ かすんでしまう程に残念なデキだったかな。

DSC_0112.JPG
森永のマミーは甘ったるくておいしい
posted by 味噌のカツオ at 13:30| Comment(0) | マ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする