2008年10月12日

容疑者Xの献身

西谷 弘
福山雅治、柴崎コウ、松雪泰子、堤 真一
顔が潰され 指紋を焼かれた男性の死体が発見された。捜査の結果 被害者の身元も判明し、別れた元妻・靖子にも事情を伺うも、彼女には完璧なアリバイがあった。

フジテレビ・月9枠で大ヒットした「ガリレオ」の映画版。ただ、今作のタイトルには「ガリレオ」とは入っていませんが・・・

例によってテレビドラマを全くと言っていいほど見ないわたくし。
伝え聞く所によりますと(笑) 「ガリレオ」というのは普通では起こりえないような難事件を、科学的視点から解明していく物語が人気だったとか。
この映画のオープニング。じつに仰々しい実験シーンから始まるんですが、本編にそんなテイストは皆無。
基本線はヒューマンストーリーといったもんでしたね。ちょっと期待と外れてましたなぁ。
いや、だからタイトルから「ガリレオ」を外したんかいな?

しかしまぁ福山雅治はクールなキャラで、堤 真一は人付き合いの苦手な数学教師。松雪泰子も負い目を追ったシングルマザー。
見ていてドンドン気分が暗〜くなっていっちゃいましたよ(苦笑)

「ドラマなんてそんなもんだ」と割り切ってしまえばそうなんでしょうが、事件現場の不合理な点をガリレオ先生が突いていきます。
遺体の指紋を焼きながら遺留品の自転車の指紋はそのままだったとか、なぜ新品の自転車だったとか。
その程度の推理・推測というのは警察はできんのでしょうか?

被害者がわずかひとりの殺人事件で マスコミのヘリコプターが4台も飛ぶのかな?とか、あんな数十人体制で刑事が捜査に関わるのかな?など、個人的にリアリティーの感じられない部分もあったり。

当然 事件の真相については あるトリックもあるんだけど、それはそれ。科学・物理学とはちょっと違うもので、2時間ドラマ並と言っては失礼かな。
その分 おそらく映画的に重きを置いた人間ドラマ的にも、イマイチ感情移入する要素も乏しく、大して共感できずじまい。
結局 誰も幸せになれないし。。。
こんな観かた厳し過ぎるかしらん?


柴崎コウも嫌いじゃないけど、長身の福山雅治、堤 真一、北村一輝らに囲まれると ただのちびっ子の印象。
それよりも問題なのは 事件解決にも映画の流れにもぶっちゃけ関わっていないという・・・
テレビ版でもそうだったのかいな?

ただ、男のわたくしから見ても福山雅治はイイ男だし、湯川学というキャラクターは気になる存在ですな。

yougisya-X.jpg
容疑者、エックス線で検診
posted by 味噌のカツオ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107946537

この記事へのトラックバック