2009年07月04日

山形スクリーム

竹中直人
成海璃子、AKIRA、マイコ、沢村一樹
女子高の歴史研究会の一行が落ち武者の里・山形県御釈ヶ部村を訪れる。
そこで行なわれた 落ち武者の霊が眠る祠(ほこら)を倒すイベントのおかげで 本物の落ち武者たちが復活。ついには村人たちを襲い始める。

竹中直人さん6本目の監督作品。企画段階では女子高生をが登場するホラー作品ということだったのが、なぜかコメディ要素満載のくだらない映画にしちゃおうと思ったとか。

よく「あなたの●●度を測定」という企画がありますが、この映画では あなたの「竹中直人度」が測られますね。あー恐ろしい。
この映画を楽しめたあなたは竹中直人だ!!と、それぐらい竹中さんの昔っからのギャグとかが散りばめられていました。あと変な歌とかも。

ちなみに・・・わたくしの竹中直人度は低かったよ(爆)

予告編を見た段階で薄々感付いてはいましたが、作品的には批評するのもバカバカしいってくらいにメチャクチャで、しかもそんなに面白くも無いというタチの悪さ。参りました。
ただし竹中監督は これまでにもちゃんとした作品を世に送り出してる人だからねぇ。その反動なのかしらん!?

一番気の毒なのは、とにかくこの作品に関わった皆さん。「面白い作品ですよ」って言わなきゃならないんだから。
頑張っていただきたいものです。

主演の成海璃子ちゃんってデビュー時(ドラマ「瑠璃の島」とか)のイメージからするとエラいことになっちゃってますね。
周りの女子高生役の子と比べても明らかに顔デカイし。
先だって公開の「罪とか罰とか」に続いてコメディー路線とも言われてますが、わたくし的にはすっかりデブキャラ路線ではないかと(汗)

先生役のマイコさんも 清楚なイメージを飛び越え、かなりぶっちゃけた演技に挑戦。無理してるとまでは言わないけど、決してハマってたとは思えず。
ただ、この作品の中で竹中さんが輝くのは当然としても、存在感で食われてなかった生瀬勝久さんはさすがでしたね。

かなりキツく書きましたが、この分であれば おそらく、多分、きっと、竹中監督の次回作は素晴らしいものになるんじゃないかなぁ?

Y-sukuri.jpg
「ものスゲー痛てー!!」(笑)
posted by 味噌のカツオ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック