2012年10月07日

アウトレイジ ビヨンド

北野 武
ビートたけし、西田敏行、三浦友和、小日向文世
熾烈な下克上抗争を経て、関東の頂点を極めた暴力団「山王会」は政界にまで影響力
を広げていた。刑事の片岡は「山王会」の壊滅を目論み 関西最大の「花菱会」と対
立させるべく、裏で策略を仕掛けていく。
そんな中、獄中で死んだと思われていた元山王会配下の組長だった大友が出所する。

‘全員悪人’というのが この「アウトレイジ」の売り文句でもありますね。
じつは先日「ドラマや映画でヒーローが生まれないのは絶対的な悪役がいないからで
もある」なんて話を聞きまして。
ひと昔前は悪役商会さんみたいな顔立ちからして悪そうな専門の役者さんがおった
り、主人公を徹底していじめる汚れ役が存在したりしてたけど、ご時世なのか何なの
か。今はそういうキャラクターっていないですよね〜とそんな話。

しかーし!この作品に登場するのは まさに全員悪役。
西田敏行さんや塩見三省さんなんかも どこか人の良さが見え隠れする役柄が多いけ
ど、ここでは徹底した感じで容赦が無いワル役でしたね。
やぁなんかここまでやられると見ていて気持ち良かったですわ。

元々の親分を裏切ったことに対しての復讐。そして強大化し過ぎた組織が叩かれると
いうシンプルなストーリーライン。
場合によっては前作を未見でも、あるいは忘れちゃってても十分についていけると思
います。

この手の作品って、ヤクザを美化してるような風にも受け止められちゃう部分もある
んですが、そこは一つの映画として見てもらいたい。
そういうエンターテイメントの表現としては、いい具合の緊張感が終始張り詰められ
ていてね。これは近年にない感覚で。

室内で3〜4人の男が「なんだコラー!」「ふざけんなバカヤロー!」とか言い合う
場面を個別に撮ってるんだよね。
画面には一人しか映っていない状態。これで一人ひとりのセリフが際立つ効果もあっ
たし、全体の集中力も高まっておりました。

とにかく強面(コワモテ)のベテラン俳優の皆さんがアップになると、そこに刻まれた
シワの一本一本が味わいとか深みを出していてよかったです。
そんな中に近ごろの映画で、ヤンキーやらチンピラみたいな役柄でも活躍してる桐谷
健太に新井浩文なんかも入っていてね。それちょっと嬉しかったです。
ひと昔前の悪党だけでなく、若手も絡ませることで、映画としての未来も感じました
よ。

あと そんな悪党どもの中にあって、高橋克典の存在がカッコ良かったわ。できれば
セリフもほしかったです。
次回作(?)ではキーパーソンになってくるのかな!?

さてさて 全体を通して見てね、面白いかどうかと問われれば 素直に面白かったとは
言い難いトコではあります。ストーリーに捻りがないという点なんかを考えるとね。
その一方で、2時間に渡ってここまで張り詰めた空気を維持していたのは素晴らし
かった。それが見終わって一種のカタルシスとして感じましたですよ。わたくしは。
そんな見応えのある一本でした。

DSC_0043.JPG
ネジネジ中尾がネクタイしてたよ
posted by 味噌のカツオ at 01:14| Comment(1) | TrackBack(1) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、私も土曜日に観て参りました。
前作のような残虐シーンがいつまた出てくるかとひやひやしながら^^;けど今回はソフトでしたね。
最後木村(中野英雄)をやったのは、加藤(三浦友和)の子分ですよね?違うのかな・・・。
仰るとおり、カツノリさんがかっこよかったですね。只野をかぶらせたのかな。そんなことはないか。
Posted by ユー細川 at 2012年10月07日 01:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296113208

この記事へのトラックバック

本物のヤクザを見た時の緊張感は異常 順番待ちの列ですぐ前の人がヤクザだった時とかヤバイよな
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/12/25(火) 21:34:20.51 ID:UnQl078TP ?2BP(1000)「ヤクザをなめとるのか。指を落とせ」工藤会系組員..
Weblog: 【2ch】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2012-12-26 00:01