2012年10月08日

鍵泥棒のメソッド

内田けんじ
堺 雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々
貧乏役者の桜井は人生に嫌気がさし 自殺を図るも死にきれず。その後に出かけた銭
湯で、一人の男が転倒するアクシデントに遭遇。桜井は出来心でその男と自分のロッ
カーの鍵をすり替える。
病院で目覚めたその男は頭を打った影響で記憶を失ってしまったが、所持品から自分
は桜井という男だと思い込んでしまう。

見ていて感じたのは、展開が演劇チックといいますか。何かそういう空気感を感じま
して。作中、ヨーロッパ企画もチョロっと登場するので、原作がソッチ系なのかと思
いきや さにあらず。

監督・脚本の内田けんじのオリジナルらしい。この方をウィキで見てみても それほど
経歴とかも書かれていなくって。演劇の世界から出てきた人ってわけでもないんだ。
原作モノが幅をきかす昨今にあって、そういう才能が出てくるのはイイことですわ
ね。

メソッド【method】を訳しますと「体系的な方法・方式」と出てきます。
とは言うものの、脚本は決してそんなことはなくて 伏線をしっかり張ったうえで十
分にヒネリも効いてまして。おまけに登場するキャラクターもクセありまくり。やぁ
面白かったですねぇ。

こっちは堺雅人と香川照之が入れ替わるオハナシ…と思って見に行ってるのに、冒頭
からヒロスエさんが結婚宣言という爆弾落とすから。その時点でやられちゃった感ア
リで。
キャラで言うなら ヤクザの親分役の荒川良々も 憎みきれない怪しさを漂わせて、味
ありましたねぇ。やっぱ上手いわ、この人は。

記憶をなくした男が 自分は役者だと思い込んで 意外といい仕事しよるんですが、
元々殺し屋だった人なのに、そんな演技でうまいこといくんないな?なんて見てたけ
ど、この人はこの人で演じることには長けていたわけだ。

そもそも主人公が役者ということもあり、いろんな人が何かを演じていて。それに
よって騙して騙されて、その結果 観客もいい感じでだまされていくことで。それが
この作品の面白さになってまして。
ミスリード的な面も含めて まずは脚本の勝利でもありますし、それらを演じるキャ
ストもみな素晴らしかったですよ。
間違いなく、ニンマリと笑って見終えることのできる一本ですね。

個人的にファンの小山田サユリさんが出てた(ヒロスエの姉役)ので、それも嬉しかっ
たです。はい。
DSC_0037.JPG

柿泥棒のメソッド
posted by 味噌のカツオ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296250756

この記事へのトラックバック