2015年07月14日

リアル鬼ごっこ

園子温
トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜
得体のしれない何者かから逃れるため、ひたすら走り続けた女子高生のミツコ。彼女が辿り着いたのは学校へと向かう通学路。仲間たちに やさしく迎え入れられ、平穏を取り戻したミツコだったが、その教室で授業が始まらんとしたその時に…

今年 何作公開されんの?という園子温監督作品。
「リアル鬼ごっこ」の原作はたいへん話題になり、映画ではパート5まで公開され、テレビドラマ版も放送されました。
そんな様々な展開を見せているテーマを果たして園子温はどのように仕上げてみせるのか?

と思いきや。
「リアル鬼ごっこ」と銘打たれてはおりますが、聞いた話では園監督、原作も過去作も全く知らないんだとか。
言わば そのタイトルのみ流用した完全オリジナル作品。

もっとツッコむなら、鬼ごっこではあるが“鬼”という概念もどうなのか。
ストーリーとしてどうなのか。落としどころとしてどうなのか。
そんな感じでした。

そもそもの「リアル鬼ごっこ」のターゲット層がそうなんでしょうが、劇場には高校生・女子高生が多数。
特に女子高生のグループは次々と出てくるスプラッター描写に「きゃあ きゃあ」。
突然のめくるめく世界観に「えっ、なになに?どうなるの?」。
そして上映後「全然 意味わかんない!!」。

わかりやすいほど好き勝手に盛り上がっておりましたわ(笑)

かく言う わたくしも、この展開を理解はできておらんのですが。まぁカワイイ女の子がいっぱい出てたことには満足で(苦笑)
基本キャストは皆女性で。ほぼ女子高生で。パンチラもアリという。監督のやりたい放題な映画なんかね。

あとは むやみやたらに、ほぼほぼギャグのように女子高生が真っ二つになりまくる描写とか。
ある意味 園子温らしさでもあるんじゃないかな。

いろいろな感想を見ると「トリンドルちゃんが良かった」との記述も多いのですが…

サービスショットにパンチラ。表情も決して悪くないけれど、あの細〜い足でロボットのような動きで走る姿が少々滑稽で。
でも“血まみれ”な姿は悪くないよね。

それよりも常に頼りがいのあるサポート役だったアキ(桜井ユキ)の安定度が、とても印象に残りましたね。
ちょっとイイ女で。

さて、この映画「シュールに負けるな」というキーワードが登場します。
シュール…意味を検索すると「超現実主義」「ありえないことだが、実際に起きていること」となりますか。
それが女性のみに向けたものかはアレですが、確かに今の世の中、そういう意味合いでの“シュール”な状況であるのは間違いないです。
ただただ、それらに屈するなと。そういう思いの込められた表現であったのかもしれないですね。
もしかしてだけど。

それはそれとして。この映画の チラシの煽り文句の数々。主要キャストのビジュアル(衣装)。これらは完璧なミスリード。
少なくともチラシに書かれてるような意味合いは、見いだせない…かな。
まるで かつての「バトルロワイヤル」みたいな、そんな風ではないかと。

そもそもの「リアル鬼ごっこ」の前提であれば、それも間違いではないんだろうけど。かといって忠実に今作の説明をしようとすると難しいもんね。
これは「リアル鬼ごっこ」の看板を借りた、園子温の表現の場なんだろうな。

ところで、園監督の作品が様々公開されているんだけど、冒頭に「A SION SONO FILM」と出てくるもの、こないものの違いはなんなんだろうか?

DSC_0121.JPG
本音を言うなら100%♀がよかったな
posted by 味噌のカツオ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック