2015年11月26日

マイ・インターン

ナンシー・マイヤーズ
ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ
新進のファッションサイト運営会社のCEOジュールズ。彼女のもとにシニア・インターンのベンがやってくる。
慣れない40歳年上の部下に戸惑うジュールズだったが、やがて人生経験豊富なベンの助言が救いとなっていることに気付き、やがて彼女の人生に変化を与えていく。

オシャレなオフィスが舞台。アン・ハサウェイがベテラン俳優と共演。
そういうトコロから「プラダを着た悪魔」とイメージダブらせてみたくはなりますが、別物は別物で。当たり前だけど…w

実際はキャストのクレジットもアン・ハサよりもデ・ニーロの方が上にあるので、そういうことなんでしょうが。
それでもやっぱりアン・ハサに目がいっちゃうよね。だって美人だもん!!
と、そんなわかりきった結論はさておき…

映画の設定として、急激に人気となったファッションサイトを運営する30歳のジュールズ。
そして(社会貢献としての側面も含みつつ)シニア・インターン(見習い社員)として採用された70歳のベン。

仕事に関しての熱意は誰にも引けを取らない。代わりに日常の細やかな部分にまでは気が回らないジュールズ。
一方、誰とでも心を通わせられる人懐っこさと、人生経験に裏打ちされた洞察力も持ち合わせるベン。

年長者に対する苦手意識のあった彼女も、彼の振る舞いや言葉の前に やがて大きな信頼を寄せていきます。
これはオフィスを舞台にした人と人の物語ではあるけれど、実際に昨今では若い女性が年長者とお付き合いをしたりするケースも多いと聞きます。

この作品では両者の間に恋愛感情が芽生えるわけではないけれど、人と人の心の結びつきというのはそもそも そういうものなんじゃないかと。そう思わせてくれます。

いや逆に 妙な恋愛関係への煩わしさを覚え始めてる“ワーキングウーマン”からすると…
さりげない優しさ、今欲しい言葉、スーツを着こなせるオシャレさ、気配りなどなど、それらを持ち合わせている男性は 密かな理想像なんじゃないかな。しかもSEXが絡まないと。
んで それに値する若いヤツがいないってのがリアルなのかもだけど。

もひとつ言うなら、徹底的な“悪人”が出てこないのもそれなのかな。
確かにダンナが あんなことしちゃうんだけど、それだってそもそもはワタシが仕事に向き合い過ぎたからであって。彼は悪くないし〜的な。

あとついでに言うなら 実母の電話にも辟易してるとかさ。
アン・ハサのファッションもステキだし。

とまぁ女性ウケしそうな要素はありますが、わたくし男性目線で言うならば、70まで仕事させてもらえるのもありがたいことだろうし、若者たち(この際 男性女性は関係なく)から慕われるのは嬉しいと思うし。
そして家のクローゼットにも、はたまた心の中にも、いろんなアイテムを持ち合わせている男性。しかもデ・ニーロですから。

総合的にどちらのスタンスであったとしても、等身大のアナタなのか、理想のアナタなのかは知らんけど、見て気持ちよくなれるストーリーであるのは間違いないです。

全編に渡って嫌味もなく、終始BGMが流れてるような感じなのでテンポもよく、母親のPCに対するミッションで軽く笑えて。多くの人の支持を得られる作品でありましょう。
わたくしとしては、ずっとキレイなアン・ハサを見られたので。それだけでも満足ですわ。

DSC_0543.JPG
齢70でも まだまだ“現役”です!!
posted by 味噌のカツオ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | マ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック