2016年03月27日

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

ザック・スナイダー
ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ
人類を守るため異星人と戦ったスーパーマン。だがその代償として都市に大きな被害を出してしまう。地球人にとって脅威と化したその力を取り除くべく、バットマンが立ち上がる。
神に等しい力を持つスーパーマンに、“生身の人間”バットマンはどう立ち向かうのか?

アメコミヒーローズの作品といえば昨今はマーベルコミックの「アベンジャーズ」が話題になってますが、ここにきてDCコミックスも動き出しましたぞ〜っと。
それがこの「バットマン vs スーパーマン」であります。

日本人とすれば、マーベルとDCの2大ブランドの存在や関係に それほど馴染みがあるわけでもないのが正直なトコ。
ぶっちゃけ「アイアンマン」「キャプテンアメリカ」なんてキャラクター知ったのもここ数年でしょ(笑)

その一方で「バットマン」「スーパーマン」は子供の頃から存在は知ってたよね。さすがに。
その両者が対峙するんだから気になりますわね。

ただ率直に申しまして。「アベンジャーズ」のヒーロー大集合のお祭り感であり 無駄な明るさに比べて、こっちの世界観の まぁなんとも暗いこと(-_-)
あっちが「西部警察」だとしたら、こっちは「特捜最前線」かってなぐらい(!?)

そんなハナシはさておき、個人的には「アベンジャーズ」よりもシリアスなテイストの今作のが好みではあります。
スーパーマンの前作「マン・オブ・スティール」のザック・スナイダーが監督。「バットマン」シリーズのクリストファー・ノーランが製作総指揮にと。これはこれで良いバランスでは。
その分「マン・オブ・スティール」と「バットマン」のダークナイトシリーズの予習は必須ですね。
んでないと この物語の設定が飲み込めないかもです。やぁ間違いなく。

冒頭、ブルース・ウェイン少年時代のエピソードから始まります。非常に悲しい描写ではあるんだけど、あまりの映像のキレイさについつい引き込まれまして。
この時点で「あぁ良い映画だなぁ」と(笑)

そしてスーパーマンを見つめるブルース・ウェイン。
レックス・ルーサーを介してのクラーク・ケントとブルース・ウェインの邂逅。
それに割って入る謎の美女…

そうやってストーリーは展開していくんだけど。決して眠たいわけだは無いんだが、編集が雑なのか映画としてのリズムは正直イマイチ。
ただし、スーパーマンが公聴会に招かれて〜という辺りでやっとスイッチが入ったかな。ちょっと驚きの展開でもあったので。

そこからバットマンのスイッチも入って(?)大きく話も動きだします。戦いが、バトルが始まります。
とはいえ いきさつとしては、多少 思ってたのと違ったですかね。ぶっちゃけ予告編では、スーパーマンが もっともっと一方的に悪役ポジだと思ってたので。良し悪しは別にしてね。
まぁ「ダークナイト」ではバットマンも その戦いが受け入れられていないトコもあったからなぁ。

そして新たな敵、「お前のツレだろ?」という新たなキャラクターも登場。戦いはさらにグローバルになっていきます。
正直「マン・オブ・スティール」のバトルシーンではその戦いっぷりよりも、やり過ぎる破壊のが気になっちゃってて。これ、地球滅亡すっぞと。

ところが結果的に今回もそういう規模にまで発展。
また多くの犠牲が出ちゃってないかい!?
あららら・・・(苦笑)


さて 正直なこと言うと、決して「名作だ」とか「沁みた」と言えるほどには高まっていないかな。
戦いの規模が大きくなり過ぎて、僕らの問題としてハートには響かなかったか。それとなく親子というキーワードも入ってるけど、それほどアツくはないし。

イケメンなカヴィル。そしてマッチョなアフレックも及第点。
それらのキャラクターとしての満足度はあっても、やっぱり物語としては弱かったかな。
“VSモノ”っちゃあ どうしてもそうなるでしょうが。「キングコング対ゴジラ」というわけにはいかないよね。

でも そんなステレオタイプな展開を超える要素がもっとあればよかったんだけど。
あぁラストの流れは意外といえば意外だったけど。
ただし絶妙な To be continued でしたな(笑)

それにしても暗い映画だったね。
嫌いじゃないけど。むしろ そこは好きかもだけど。

DSC_0792.JPG
葬式にはじまり 葬式に終わる
posted by 味噌のカツオ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435756027

この記事へのトラックバック