2016年04月29日

太陽

入江 悠
神木隆之介、門脇 麦、古川雄輝、村上 淳、古舘寛治
21世紀初頭。ウイルスにより人工は激減。生き残った人類は 健康で高い知能を持つ一方、太陽の下では生きられないノクス。太陽の下、貧しいながらも自由に生きるキュリオに分かれて生きていた。
2つの世界で生きる人間たちの行く末は、対立なのか融和なのか…

あらかたの設定、SFテイスト、舞台でも上演された作品。
それらはチェックしたうえでの鑑賞。

特異な環境ではあるけれど、それをどのように理解するか。
韓国と北朝鮮。社会主義国と共産主義国。あるいは映画そのままに近いけど、都会と地方の集落とか。

いろいろ考えて照らし合わせながら、この映画の向かうべき方向を考えていたけれど。どれも似て非なるような。

いつか あそこに行きたいと願っていた少年はそれが叶わず。
なんとも思っていなかった少女が そこに安住の地を見つける。
因果なものにも思えるけれど、案外似たような事例は身近にありそう。

ところが少年は 誰もなしえなかった新たな融和という希望を見い出す。
登場人物は決して多くは無いけれど、いろんな思い、願い、そして可能性が見て取れる映画なのかもしれません。

キュリオからノクスへ変わるには、人工透析よろしく赤い血を紫に入れ替え、そして一瞬の痛みを伴うものらしい。
それが可能なら、逆にノクスからキュリオになることもできるのかな?

でも太陽があろうがなかろうが、裕福な暮らしから わざわざ貧乏になろうって発想は出てこないかな。

派手な展開なんかは無いわりに、退屈することなく。グイグイと物語に引き込まれました。
ただ、個人的には あのレイプシーンは必要なかったかなぁ。

それだったら、あの一件で彼女が妊娠してしまって。その後にノクスとなった母がキュリオの子供を産んでしまうとか。
そうなったらどうなんだろうという展開も想像してたのでね。

ストーリーとは関係なくですが、神木くんを麦ちゃんが19歳の設定で“子ども扱い”というのは ちょっと無理があるように見えました。
あと神木くんの演技のやりすぎ感っちゅうか、少々浮き気味だったですね。
もちろん作品として悪くはないんだけども、ちょっと気になっちゃったかな。

DSC_0919.JPG
ずっとここにいタイヨウ
posted by 味噌のカツオ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック