2016年05月23日

ディストラクション・ベイビーズ

真利子哲也
柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎
愛媛県松山市の港町で暮らす泰良と将太の兄弟。ケンカに明け暮れていた泰良は、ある日突然姿を消してしまう。
北原裕也は路地裏でケンカをしている泰良に興味を持ち「おもしろいことしようや」と声をかける。二人は無差別に暴行を働き、車を強奪し、乗り合わせていた少女・那奈も巻き込んで走り出す。

何やら映画ファンの間でちょっと「ざわついてる」感のある作品。
確かにコイツは…

中心となる柳楽優弥、菅田将暉。いずれも今 テレビドラマでも活躍してて。
そちらでファンになった人なんかがこの映画観たら人間不信にでもなっちゃうんでないかな(苦笑)
それぐらいの衝撃あったけど。

柳楽優弥演じる泰良(タイラ)はひたすらケンカをしています。
冒頭こそ多人数にボコられるシーンなんだけど、それ以降は誰か相手を見つけては ただひたすらにボコボコにして、されて。

ターゲットを決めたら後をつけていって襲い掛かるとか。ほぼほぼ野生の動物なみ。マジ街中ですれ違っても絶対に目を合わせたくないヤツ。
しかも街のチンピラ相手にも臆せずに…いや、嬉々として殴りかかるとは。
こんなキャラ、今まで存在しなかったよね。

それでなくても この行動の目的が見えない。誰よりも強くありたいとか、焦燥感とかそういうのを感じさせず。
唯一語ったのが「楽しけりゃええけん」とは。

一方、その泰良と行動を共にするのが菅田将暉演じる裕也。
初めは なんか“調子のいいヤツ”と見てたんだけど。泰良と組んでから本領発揮。
すれ違う女性をボコる蹴とばす。やぁなんなら女しか殴っていない。

わたくしもいろんな映画見てきましたが。訳あって女に手を出すシーンはあっても、無差別に女性をボコるヤツなんて見たことない。
んで クズとしか言いようがない。映画だと、作りものだとわかっていても、こんなに嫌悪感が湧くとは我ながら思わなかった。

事前の予告編でどんな感じの作品でどんな展開なのかは入ってはいたけれど。それ以上の進展はなし〜といってもいいのかな。
彼らの行き付く先というのも決して…

とにかく衝撃的な作品ではあるんだけど、本質を読み解くのはなかなか難しいよ。
そのうえで気になったところとしては、おそらく、たぶん、東京ではちょっと成立しないのかな。
愛媛県松山市という地方都市だからこそなのかもしれない。

そして泰良と裕也の服が入れ替わるというのは、何がしかの意味合いがあるのかな。
あと演出面では全般的にセリフが聞き取れません。セリフ以上に他の音がかぶせてある場面があったり、泰良は終始 言葉を必要をしていないからね。

そんな印象に残ったところもありつつ、でもやっぱり泰良が何を考えているのかは やっぱりわからない。
だから怖いし、だからシンパシーも感じてしまう。

しかし柳楽優弥のダークヒーローっぷりは凄かったです。役者として。ホントまざまざと見せつけられたって感じがします。
弟役の村上虹郎は この中にあってはさすがに弱かったかな。でも目つきの悪さは あの兄あっての弟だと見えました。
最後に余談ですが、菅田将暉の顔面は高畑充希とちょっと似てるね。

DSC_0958.JPG
破壊する赤ちゃんたち
posted by 味噌のカツオ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック