2016年05月31日

ヒメアノ〜ル

吉田恵輔
森田 剛、濱田 岳、佐津川愛美、ムロツヨシ
ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田は、同僚からカフェの店員ユカとの恋の橋渡し役を頼まれる。
そのカフェで高校時代の同級生・森田と出会った岡田。ユカは森田からストーキングされていると岡田に相談。その流れで告白された岡田は、なんとユカと付き合うことに。
思いもがけない幸せな日々が始まったかに見えたのだが…

V6の森田剛主演。そしてジャニーズ事務所も製作に関わっている作品。
でも 自分らが若かった頃のアイドル映画の在り方と、今現在のそれとは全くモノが違いますね。

V6をアイドル扱いしていいのかは知らんけど、少なくとも劇場には 普段見ないような若い女性がとても多かったです。
んで、そんな娘たちがこの作品を見て、どのように思うのか、感じるのか。もしかしたら「見なきゃよかった」ってぐらい、エグい場面もあるんだけど。
一応 R15+ ではあるんだけど、R18でも…みたいな部分もあります。

その一方で、一般の映画ファンの多くからは高評価を得られる仕上がりだと思います。

予告編を見ていたら、この作品のおおよその展開は認識してましたが。この本編だからこそ成し得たその演出がありまして。それがタイトルの出るタイミング。
この作品なりの2重構造だからこそですが、あのタイトルの出た瞬間は「おぉっ」と、ゾクッとなりましたもんね。

とにかく前半のラブコメパートは普通にバカバカしくて微笑ましい。
安藤さんとユカちゃんが岡田をはさんで絶叫する場面、あれは秀逸(笑)

そんなオモシロ要素を引っ張るムロツヨシ。
「変態仮面」の大金玉男ともかぶるかのようなおかしさで。でも あんなしゃべり方で、あんなプラス思考(?)のキモい人、今どきはありえそうで。
これ以上 過剰なキャラになっていたら、逆にリアリティを逸脱していたんじゃないかな。
その おかしいけど、ギリギリあるってのは大切なポイントですわね。

そしてヒロイン役の佐津川愛美がまた良かった。
有村架純に負けず劣らず、無条件にかわいい。岡田との恋人モードはあざと過ぎるかわいさ。あんな風に迫られたら、見つめられたら、そりゃ落ちますよと。
欲を言えば、もうちょっと見たかったなと。。。
ホントに欲なんだけどね(苦笑)

安藤、ユカ、そして森田と直接絡む岡田。
おどおどした態度に 安定の童貞感も濱田岳にはハマり役…と言っては失礼か!?

そしてなんと言っても森田役の森田剛が凄かったね。ホントに感じ悪かった。ホントに怖かった。
あの口を尖らせたような稚拙な口調で「初めて来たんだよ」だの「タバコ吸ってないよ」だの、取り繕うだけのウソを言う描写も上手かったし。

様々な場で狂気を振るう演技も素晴らしく怖かったし。
「殺してからヤったっていいんだぞ」などとサラリとのたまう鬼畜なキャラクターが、(良くも悪くも)たまらなかったですね。

そんな岡田と森田(V6じゃないよ)の対比も興味深くって。
同じ高校出身で、同じゲームで遊んでいたけれど、今の二人は全く別の存在であって。
でも着てるものは色こそ違えどパーカーだったり。
全く違う行為だが、女性とバンバンやってたり。

似て非なる存在とも言えるし、どこかに共通項があるのかもしれないね。

そんな二人が直接 相対することになるラスト。
岡田を人質状態にして、刃物を持ったままハンドルを握る森田。
ところが 目の前に犬の散歩をしている人を避けようとしてクラッシュ。

正直、この森田であれば そんなもん跳ね飛ばして進むだろうが!と腑に落ちなかったんだけど。
その後に、グッと感情をわしづかみにされるラストシーンが待っています。
すんなりとした後味の悪さが、一瞬で青臭く揺り戻される感じ。
やられましたわ。

ちなみに原作は古谷実のコミックス。
そちらとはアプローチや行き付く先はだいぶ違うようですが。
この映画版、これはこれで語れる作品になっております。

笑えて、ときめいて、恐怖におびえて、ちょっと泣ける…
ある意味で 今の邦画のパワーを再認識できると言ってもいい一本かも。

決して万人にはおススメはできないけど、間違いなく見応えはありますな。
とにかく森田くんがサイコで最高です!!

DSC_0962.JPG
スマホはソフトバンクであってほしいな
posted by 味噌のカツオ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438484713

この記事へのトラックバック