2016年07月31日

ロスト・バケーション

ジャウム・コレット=セラ
ブレイク・ライブリー、オスカル・ハエナダ
人がほとんどいない秘境のビーチを訪れた医者のナンシー。理想的な環境でサーフィンを楽しんでいたのだが。
突然 一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかる。必死に近くの岩場までたどり着くと、足からは大量の出血。やがて満潮になれば その岩場も沈んでしまう。危機的な状況に追い込まれたナンシーは…

楽しいバカンスのハズが大海原に取り残されてしまうパニック映画「オープン・ウォーター」と「オープン・ウォーター2」。
そんな孤独感と「ジョーズ」に代表されるような人食いサメの恐怖を掛け合わせたようなシチュエーション。
まぁ一作目の「オープン・ウォーター」にはサメも絡んではくるんだけど。

病気だった母親を助けることのできなかった医師のナンシー。父と妹を残し、一人で訪れたのは、地元の人がボチボチ足を運ぶ程度の秘境のビーチ。

海の上に浮かぶ大きなクジラの死がい。
そんなものを横目に見ながら、もう一本…というところをサメに襲われ 足から出血。
かろうじて岩場に辿り着いたものの、海岸までは200メートル。血の臭いが漂うのか、サメが離れる気配はなし。
果たしてナンシーの運命は!?

といったところですが。
登場するのは数名の人間と一匹のサメ。
本筋をしては、ナンシーとサメの一騎打ち。

そこにあるのは時間に限りのある岩場と少し離れた海洋のブイ。
というわけで、そないにメチャメチャ見せ場があるわけでは…ないとも。

その分、キレイな海の映像、サーフィンのシーン。そして主人公のお尻を狙ったサービスショットなんかも。
ちなみに主演のブレイク・ライブリーは「デッド・プール」ライアン・レイノルズの嫁さんでもあり、今話題の女優さんだとか。

それはさておき。
とにかく武器もない中で、そうそうサメとやり合うことのできない中、時間と闘い、絶望感を乗り越えと。そういう展開。
決して つまらないわけではないけども、あくまでドキドキ ハラハラしながら、その時間経過を見守るという映画だったかな。

悪くはないけれど、もうひとひねり。もうひとつ見せ場がほしかったですね。

DSC_1029.JPG
略して「ロスバケ」やね
posted by 味噌のカツオ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ラ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック