2016年08月23日

言の葉の庭

新海 誠
(声)入野自由、花澤香菜、平野 文、前田 剛
靴職人を目指す15歳の高校生タカオは、雨の日の1限は授業をサボり、庭園で靴のデザインを考えていた。
ある日、タカオはそこでユキノという女性と出会う。雨の日の午前だけの交流を繰り返しながら、タカオとユキノは少しずつ打ち解けていく。

本編は46分。当初は配信&販売用として製作されたのだが、2013年に劇場公開。
新海監督の「君の名は」公開を控えて、まだ見ていなかったのでDVDにて鑑賞。

舞台(のモデル)となっているのは新宿御苑の屋根のあるベンチ。
ふいに出会った二人。ミステリアスなところから、次第に相手のことを理解していくうち、心の距離も近づいていくというのはあること。

タカオが目指す靴職人という夢と、心が追い詰められ 歩き出すことができなくなってしまったユキノ。
彼女が前へ向かって一歩を踏み出すためには…
人が歩くためには、靴が必要。

そんな風にストーリーに意義を持たせるのは素晴らしいですね。

やがて彼女がどんな存在なのか。それが明かされ、タカオの心が揺れていきます。
そしてクライマックスの階段での場面。

語る側も受け止める側も痛みを伴う言葉。それを越えて心を通い合わせる二人。
二人とも泣いてるけど、わたくしも、涙、涙。
やられましたわ。。。

厳しいことを言うなら。
15歳の高校生の言葉にほだされ、泣きすがる27歳の女性教師。
アニメだから美しく見ることができたけど、実写のドラマだったら ちょっとやり過ぎ感漂う設定だったかもね(苦笑)

でも、着地点が安易な恋愛感情ではなく、人として歩むことのなので。
やっぱり夢を叶えたタカオとユキノのストーリーも気になるよね。
もちろん それ以降まで描いちゃ野暮だけど。

そして これは書くまでもないけれど。
映像の美しさは群を抜いています。

本編の8割が雨の設定ということらしいですが。
アニメーションで ここまで美しく雨を描くのは、想像を絶する研究と労力が必要だったこと。想像に難くありません。
逆説的に言えば、アニメーションだからこその リアルを越えたリアリティ描写に成功してるのかな。

エンディングの「Rain」は、大江千里の作品を秦基博にわざわざカバーしていただいたという。これも世界観にハマっておりまして。
いや、もしかしたら この曲あってのこの物語だったのかも?

決して長くはない尺の中に 見応え、聞き応えの詰まった作品。
見て良かったです。
posted by 味噌のカツオ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック