2016年08月26日

あなた、その川を渡らないで

チン・モヨン
チョ・ビョンマン、カン・ゲヨル
韓国の小さな村の川のほとりで生活している98歳のおじいさんと89歳のおばあさん。
結婚76年目を迎え、今も仲良く毎日を過ごしている二人の暮らしを、15ヶ月間に渡って密着したドキュメンタリー。

ハードでアグレッシブで、ちょっとダークな側面に感情が込められた…そんな韓国映画も良いですが。
こんなハートフルなドキュメンタリーもあるんですな。そりゃそうか。

韓国では口コミで人気が広がって、国内で10人に1人が観たといわれるほどのヒットになったそうな。

登場するのは98歳のじいちゃんと89歳のばあちゃんの夫婦。
序盤からビックリしたんだけど。掃き集めた落ち葉を いきなり投げつけるじいちゃん。そして それにやり返すばあちゃん。さらには、いきなりはじまる雪合戦。
いい歳して、いたずら好きやなじいちゃんやなぁ〜と(笑)

それ以外にも、お出かけのシーン。食事のシーン。ばあちゃんトイレ&歌うじいちゃんってのもありましたか(笑)

いずれの映像からも二人の仲の良さが伝わってきます。
あたたかい雰囲気が。互いを思いやる優しさが。終始 ふたりを包んでいます。
そんな映像を見て、嫌に思うことはありませんわね。

と同時に、数点の子ども用パジャマを購入する場面は、胸にこみ上げてくるものがあります。
長い年月、いろんな時代背景があったとは思いますが、二人が乗り越えてきた出来事もあるんだなぁ。
飼っていたワンちゃんとの別れもね。

気がつけば、咳が止まらなくなってきたじいちゃん。
思うように体も動かせなくなり。なぜか雨降る窓際で寝込んでるのか謎だったけど。

いつ じいちゃんが旅だっても良いように、じいちゃんの服を燃やすばあちゃんの行動。
それには そういう意向があるんですな。

最後に元気だった頃のじいちゃんの映像がでるんだけど、あぁやっぱり かなり細くなってたんだ。

もう100になろうかという高齢で。人はいつしか旅立つこと。
それは当然だけど、当然だけど。

見てたみんながばあちゃんと同じ気持ちだったんじゃないかな。

基本、あの おうちでの映像で、これといった大きな事件が起きるわけで無し。
ムダにナレーションとか、過剰なBGMとかもなく、シンプルに二人を映し出した構成が、その美しさを際立たせてたように思います。

ところで、韓国の高齢者で、普段から あんなキレイな民族衣装みたいの着てる方は多いのかしらん?

DSC_1118.JPG
夫婦っていいね
posted by 味噌のカツオ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441380690

この記事へのトラックバック