2016年08月30日

君の名は。

新海 誠
(声)神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子
千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。田舎町に住む女子高生の三葉は、東京で暮らす少年になった夢を見る。一方、東京在住の男子高校生・瀧は、見知らぬ山奥の町で自分が女子高校生になっている夢を見る。
やがて入れ替わってしまっていることを受け止めた三葉と瀧は、互いを意識しあっていくのだが…

今年の邦画の秀作ラッシュに また一本仲間入り。「君の名は。」です。
「シン・ゴジラ」なんかは公開までは「どやさ?どやさ?」感はあったけど、こっちは「新海誠がハズすわけねぇ」ってぐらいに期待は高まりつつ。
そして、公開後の評価もじつに高くって。期待して観てきました。

若い男女。ストレートなラブシーンは無くても、愛を感じさせてくれて。
それでいて すれ違う二人。なかなか真正面から向き合えない。
それが切なさであり、愛の深さに感じられたり。
監督、お得意の手法。

もひとつ言うなら、意外と“宇宙”ってのもキーワードになったりするよね。
そういう意味では今作、新海誠の王道路線とも言えるんだけど。

冒頭から独特のイントネーション。方言?
なんとなく わたくしの住む東海地方っぽさを感じました。
実際に 岐阜県飛騨地方がベースなようで。途中で名古屋駅で乗り換えシーンがあったり、特急ワイドビューひだ とか出てきて「おっ!」っと思ったけど。

本筋は男女の高校生が入れ替わってしまうという。大林宜彦の「転校生」とは全然テイストは違うけど。
日常の中のそんな状況が、前半では軽妙に進みつつ。

作中のカットでしきりに使われる 敷居の上の扉、あるいは電車の扉のカットが気になってはいたんだけど。
それが何故なのか、何を意味するのか。明かされていくことで、ちょっと辛くなっちゃいました。

もう、涙出てくるわ 胸が締め付けられるわで。

ファンタジックな設定の中に迫りくる悲しみ。
名前もわからない誰かに突き動かされ。そして名前もわからない誰かのために必死になる姿。

終盤はクラクラしっぱなしでした。

ひとつの町が無くなってしまうという。
それが地方の小さな集落であったとしても。
見ていてとてもつらかった。

こういうストーリーの発想のベースにあるのは おそらく、間違いなく、3・11なのでしょう。
「シン・ゴジラ」も同様な見られ方もしてますが。

こと今作に於いては、多くは美しく表現されるであろう彗星がそれであったり。
宗教的な立ち位置から、悲しみを越えて政治の方面に軸が移ったり。
そんなことも含めて、胸に刺さるものがあったり、考えさせられました。

ただし どうしてこのふたりだったのかについては現状ではわからないんだけど。
だけど、誰しも誰かと出会う相手なんて、そもそもわからない誰かなんだから。
そうしたもんか。

もちろん映像の美しさは間違いないし。
数々の音楽を担当したRADWINPSの曲ともマッチしてます。

すごくギュンギュン引き込まれる映画であるし、見応えはあるんだけど。
どこかでやっぱり、かすかな胸の痛みを覚えます。

DSC_1185.JPG
名前はすきだ
posted by 味噌のカツオ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441463462

この記事へのトラックバック