2016年09月13日

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

ジョン・M・チュウ
ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、モーガン・フリーマン
派手なイリュージョンショーで不正搾取された金を奪うマジシャン集団、フォー・ホースメンが復活。あるハイテク企業の不正を暴露せんと新たなショーを仕組んだが、天才エンジニアのウォルターにより阻止されてしまう。
ウォルターに追い詰められるフォー・ホースメンに一発逆転は果たせるのか?

2013年公開「グランド・イリュージョン」の続編。
前作も見ておりますし、直前にテレビ放送されたバージョン(一部カット)も予習としてチェックしたうえでの鑑賞。

おや?と思ったのは 紅一点メンバーが変わったこと。
実際には演じていたアイラ・フィッシャーの妊娠でキャストチェンジ。フォー・ホースマン的にはメンバーチェンジでもあります。
あと前作でフォー・ホースマンを追っていたメラニー・ロランも今作は出ておらず(残念)。

それ以外は1作目と同じキャストで。ジェシー・アイゼンバーグはロン毛でも坊主でもエエ男やね。

マジシャン、メンタリスト、スリ…といったチーム。武器としては「人を騙す」テクニック。
それらを駆使してのイリュージョンショーはそれだけでもドキドキ。
ステージに至るまでの展開は見ていてワクワク。
なのですが。

今作の最初に行われるハイテク企業の不正を暴くショー。
これはこれで 彼らの見せ場だとは思ったんだけどね。
結果的にハリーポッターに邪魔されて失敗に終わるんよね。
ん〜なんか不完全燃焼。

フォー・ホースマンがピンチになる展開はまたチャイナで。
昨今の大作では必ずそこを経由するんだね。なんてことは語られないぐらい当たり前の光景になってるね(笑)

それに逆襲を誓って計画されたスーパーイリュージョン。
なのですが、これ気がつけば普通のアクション映画で、敵との駆け引きでよくあるバトル…と思いきや、じつは〜〜〜でした〜〜〜!!
って、なんかわたくしが期待してたのとちょっと違う気がする。

いちいちカッコよかったり、いちいち派手だったり。所々に見せ場はありました。そして中盤に出てくるカードをパスして回るシーンはなんかも面白かったけど。
振り返ってみると大がかりな“イリュージョンショー”としてのトキメキは得られなかったかな。

1作目では華麗に悪を懲らしめる。黒い金を弱者に還元する…というカタルシスあったんだけど。今回はそこが決着でもないからね。

そして前作のもうひとつのドラマとして、本当の黒幕の正体が明かされて「おぉ〜」とうならされまして。
ある意味で映画全編を通して騙されてた感を味わえたけど。
今作での そのパートは、なんだかなぁ〜(苦笑)

確かにシリーズ化をしていくことでクオリティが下がるのはよくある話で。
このシリーズ、なんと3作目も製作が決まっているとか。

またちょっと微妙になるの?
いや、たとえそうであったとしても、続きは見てみたい。

いろいろツッコミは入れたけど、やっぱこれはこれで見応えある作品にはなってると思うし。何よりフォー・ホースマンというチームのキャラクターには魅力あるからね。
パート3に期待しちゃいましょう。

DSC_1243-d61ba.JPG
手品師vs魔法使い
posted by 味噌のカツオ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441903779

この記事へのトラックバック