2016年10月11日

少女

三島有紀子
本田 翼、山本美月、真剣佑、稲垣吾郎
それぞれが闇を抱える高校2年生の由紀と敦子。転校生の紫織から「親友の死体を見たことがある」と聞き、ふたりは人が死ぬ瞬間を見たいと思うようになる。
やがて夏休みになり、由紀は小児科病棟で、敦子は老人ホームでボランティアを始めるが…

原作は湊かなえの小説。これまでにも「告白」や「白ゆき姫殺人事件」が映画化されております。
それらは それなりに話題にもなってましたが。今作は巷の評判がイマイチみたいですね。実際わたくしが見に行ったとき、他に1人しか客おらんかったし。

ぶっちゃけさ、みんな わざわざ金払って暗〜い映画を見たくないんだと思うよ。
作品の良し悪しはさておき、暗いの見たくないんでしょ。

そう言いきれるぐらい、チラシから予告編から辛気臭さが漂ってて。
本田翼が山本美月をジワジワいたぶって殺す映画なんか…ねぇ。

というとこですが。
実際には そんな感じの映画でもあったり、なかったり。
少なくとも あんな笑顔が見られるとは…と思ったわけで。

んで逆に「人が死ぬところが見たい」と思って見に来た人には、ちょっと違和感あるかも。
こういう書き方すると なんだか誰にも見向きされなさそうな作品だよね。

でも、でも、考えようによっては「聲の形」にも通じるようなテーマ性もあって。わたくし的には そんなに悪くはなかったです。

事前のイメージとは違って 友情だとか、前に進もうという思いだとか。
終盤、全部の登場人物の関係性がつながっていく展開は、映画的にも(なんとなく)面白かったし。

そして男性目線で言えば、本田翼が山本美月をじっくり見られること。
二人が手をつないで駆けていくスロー映像は…よかったです。

冒頭に、舞台・お芝居のワンシーンのようなものが出てきます。
その時点で、これはお芝居の延長なんだなと思えばすんなりと入っていけるでしょう。

そもそも三島有紀子監督は、かつて「しあわせのパン」で沁みる作品を作ってて。
ところが 続く「ぶどうのなみだ」はリズム感の悪いファンタジーで全く受け入れられず。

それを思えば今作は、その中間かなぁ。
なんというか、我々が生きている社会とはちょっと違う日常ベースで描かれてるので、真正面から受け止めようとするといくらかしんどいね。

本田翼演じる由紀がどんなキャラなのかは、一貫性が無く見えて、少々つらいな。
闇の中から半開きの眼差しで全てを見てるのかと思いきや、普通に可愛らしい笑顔もみせるし。
そもそも現在24歳の本田翼と 25歳の山本美月が女子高生役なんだから。
全部受け入れられる人じゃないと楽しめない映画かな。

最後に、稲垣吾郎がいい雰囲気もってて。
自身も映画好きというのは聞きますが。映画俳優としての吾郎ちゃん。今後も期待したいですね。

DSC_1283.JPG
まさかのタッチー&昴
posted by 味噌のカツオ at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック