2016年10月31日

PK

ラージクマール・ヒラニ
アーミル・カーン、アヌーシュカ・シャルマ、スシャント・シン・ラージプート
留学先で大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー。ある日 地下鉄で黄色いヘルメットを被り神様の絵に“行方不明”と書かれたチラシを配る男と遭遇。
テレビのネタになると思い男に取材を試みると、彼は途方もない いきさつを語りはじめるのだった。

「きっと、うまくいく」の監督と主演が再タッグ。となれば、この作品も“きっと うまくいく”のではないかと。
そんな期待を込めての鑑賞。

事前情報でわかっていたのは、謎の男がインドで神様を探す…という一点。さすがにそれだけでは内容が全く読めないんだけど。
しかし 冒頭からとんでもないものが飛んできてビックリ!

これ最初のシーンでわかるのでネタバレ感に乏しいので書きますが、主人公は宇宙人なんですね。
それもあって地球上のアレコレに変な解釈をしたり。神様や宗教観が全く理解できていなかったり。おまけに あのギョロ目に大きな耳も合点がいくかな。
そのトンチンカンな振る舞いから「PK(酔っぱらい)」と呼ばれるようになります。

すると今度は いきなり舞台はベルギーへ。
テレビ制作に携わるのが夢というジャグーのパート。
彼女と恋人の存在。父親との関係。この辺りが描かれます。

それからインドに戻ったジャグーがひょんなことから PKと出会い、彼の主張に共鳴。それを訴えていくわけですが…

その主張というのは、神とは何か、宗教とは…信仰とは…
そもそも人口も多く、近隣諸国との関係から その辺りの問題はデリケートな部分もあるとは思いますが。
我々日本人はクリスマスで騒ぎ、正月には初詣に参り、近所の仏様にも手を合わせる。そもそもがフランクな(?)信仰スタイル。

なのでこの映画のタブー感や不可思議な事情は肌感覚で理解はできないのかもだけど。
でも もちろん言いたいことはわかります。そこはさすがに。

そのうえで言うならば、やはりこのストーリー展開で2時間半は長かったかな。全般的に冗長な印象はぬぐえなかった。
んで コメディの線にしても、そんなにバカバカしく笑える感じも少なかったか。

もしかしたら PK=宇宙人 というのをもっと隠しておくとか、留置所での回想シーンで観客に明かしても良かったんじゃないかな。

全体を通して、グッと感情移入できる感じでもなかったし。
終盤のネコと手紙のエピソードも「うまい」とは思ったけど、それほど泣けはしなかったしね。

前作の「きっと、うまくいく」からの流れで期待をしちゃってましたが、う〜ん やっぱそんなにうまくはいかないか!?
わたくし的にはいくらか長く感じた2時間半でした。

DSC_1359.JPG
インドでは そんなに車も踊ってるの?
posted by 味噌のカツオ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443288303

この記事へのトラックバック