2017年01月31日

ザ・コンサルタント

ギャヴィン・オコナー
ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・K・シモンズ、ジョン・バーンサル
田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。彼は重大な不正に気付くが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。
その後 何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあった。

原題は「THE ACCOUNTANT」。意味は会計士。そして邦題の「THE CONSULTANT」は顧問や相談役となるんだけど。
確かに日本人としてイメージしやすいのは後者ですわな。
この邦題の付け方、絶妙だね(笑)

あらすじを読んだ時点では、一見 なんの変哲もないイチ会計士が、夜な夜な裏社会の悪を退治していく的な。よくあるストーリーだと思ってました。
ところが見た人の感想をチェックすると、どうやら そんな単純な感じでもなさそう。
気になって見てきましたが、確かにこれは面白かった。

イメージとしては表の顔と裏の顔を使いわける“密かなスーパーマン(バットマン?)”だったんだけど。じつは あらすじ上には書きにくい主人公の設定がありまして。
それは主人公が“高感度自閉症”というもの。

冒頭の映像からすると「障がい者を変に描いてる」と受け取られかねないかな。
でもそうではなくて。

高感度自閉症、知的障害、多動症、アスペルガー、etc…
それぞれ特徴、特性は違っていて。

高感度自閉症は他者とのコミュニケーションが苦手であったり。その反面 何かに秀でた才能を持つ者も多かったり。
この主人公でいうなら 数学についてであったり、芸術のセンスに特化しておられるのかな。

戦闘能力については、完全に仕込まれたもので。それは兄弟して あの父親の血を受け継いでいる証なんだろうけど。

この作品の面白味は とにかく謎が多いこと。そして それらの伏線を確実に回収していくことで得られるカタルシス。
プラス、まさに意外な真相もそれに拍車をかけております。

ただし、その謎要素が複数すぎて(苦笑)
また提示の仕方として時間軸や相関図が やや複雑で。
その辺り 注意深く追っていかないと大変かも。

終盤には銃撃戦もあります。そもそもコミュニケーション力が乏しいせいか、“情”を感じさせずズバっと撃つシーンなんかも。
でも それらの殺人スキルのアクションがメインではなく、人間ドラマとして楽しませる作品。

映画ファンであれば満足度高いんじゃないかな。
監督自身は続編の製作にも意欲的らしいし。
こんな作品であれば、続き見てみたいね。

DSC_0175.JPG
モハメド・アリも発達障害だったそうな
posted by 味噌のカツオ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446493094

この記事へのトラックバック