2017年02月07日

虐殺器官

村瀬修功
(声)中村悠一、三上 哲、梶 裕貴、石川界人
テロの脅威に対抗すべく徹底した情報管理が進むアメリカ。一方、その他の各地では紛争が激化。
それらの紛争には「虐殺の王」と呼ばれるジョン・ポールが関わっているとされ、アメリカ軍の特殊部隊大尉クラヴィス・シェパードは特殊暗殺部隊を率いて、彼の行方を追跡していく。

32歳の若さで肺がんによりこの世を去った伊藤計劃(いとうけいかく)のデビュー作「虐殺器官」をアニメ化。

小説についてのファンも多く、このアニメ化も ある意味“待望の”という文句がついても大げさではないほど。
んで原作を読んでいないと、“手ぶら”で予備知識ナシに この作品を見るのも〜という声も。

ちなみに わたくしは原作は未読で。
サラリとあらすじをチェックしてもイマイチ分からなかったけど。
そんなスタンスで本編を見たわけですが。

うん、理解し得ないながらも わかるのはわかりました。
眠たくなることなく、ラストまでついていけました。

途中「シン・ゴジラ」か?とツッコミたくなるぐらい、グイグイという印象もありましたが(苦笑)

なんというか 興味深い世界観を わかりにくいワードで、セリフで伝えてくるから。それを頭で「こういうことかな」と変換するのが必要で。
なので 食らいついてはいけましたが、本当の意味で作品世界を堪能できたかと問われれば、それはまた難しいわけで。

結果的に面白かったかと聞かれれば「興味深い物語だった」と答えたくなる。って感じだったかな。

ちなみに R15+指定(15歳以下の鑑賞には成人保護者の同伴が必要)なんですね。
これだけの少年に銃を持たせて それらを次々に撃っていく描写は、アニメとは言え 大胆な表現だと思いました。

また“911”から始まるアメリカ起点の物語を、日本人の作家が書いているってのも意外だったかな。

さて物語のキーになるジョン・ポールという登場人物がおるんだけど。
まさかビートルズ由来の名前じゃないよね。
posted by 味噌のカツオ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック