2017年03月09日

ブラインド・マッサージ

ロウ・イエ
ホアン・シュエン、チン・ハオ、グオ・シャオドン、メイ・ティン
幼少期に事故で視力を失ったシャオマー。「いつか回復する」と言われていたが、それが叶わないと悟り マッサージ師の道を目指す。
そんなシャオマーが務めるのは、多くの盲人が働くマッサージ店。その院長シャーを頼って、同級生のワンが恋人のコンと駆け落ち同然で転がり込んでくる。

中国・フランス制作による2014年の作品。様々な映画祭でも高く評価を受けております。
ちなみに原作小説があるとかで。中国でベストセラーになったとか。

この設定、世界観を 小説で表現するのは またたいへんだとは思いますが。
一方、映画は映像あってのものなので、盲人の世界を表すのは不可能なんだけど。
この映画版は ある意味の成功なんじゃないでしょうか。

幼い頃に事故で視力を失い。「いつかよくなるさ」と言われ続けて青年となったシャオマー。
しかし実際に治ることは無いと自暴自棄になり、自分を傷つけてしまいます。

一命をとりとめた彼は、勉強をしてマッサージ師となり、舞台である治療院で働き始めます。
そんな導入部だけど、このシャオマーが主人公というわけでもなく。
この院で働く(大半が)盲人たちの群像劇の面もあります。

とても小さなコミュニティでの日常を描いたものでもあり、実際に盲人の方が出演されていたりもして。
時にありがちで、時に生々しい行動や感情を見せつけられ、ドキュメンタリーかと思わされるほど 映像に引き込まれます。

盲人の立場からすると 健常者は見えている分だけ ワンランク上の別の生き物のようだ…みたいなことが語られていたんだけど。

わたくし的には、ある部分では健常者より優れた感性や感覚を持っているように思うし。
見えないままに 日常生活を送っているという、それだけでもスゴイなというトコロもあるんだけどね。
どちらが上とか下とかはわからんが。

以下は わたくしなりの見え方で。同様の意見はどこにもなかったんだけど。

自身が思いを寄せるマンさんの客にボコられたショックで、シャオマーは見えるようになってしまったのかなと。
現実にはありえないことかもだけど、ぼんやりとなのか 意識の中でなのか。見えるようになったのか、“見え方”が変わったのかと。

あの事件の後、彼の行動が“不自然”に感じられて。まるで見えていないふりをしているかのようで。
それに わざわざドゥ・ホンに「君は美人だよ」と語り掛けたり。マンさんと駆け落ちしてしまったり。

であれば、冒頭の「いつか回復するだろう」という部分にも回帰していくハナシだし。
真相はわからないけど、違うかもだけど。

わたくしには そう見えま…いや、感じられました。

見るのに 独特な感性を求められるような。独特の疲れも覚える作品でしたが。
でも すごく見応えのありました。良い作品でした。

DSC_0264.JPG
マッサージ夫妻
posted by 味噌のカツオ at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック