2017年06月17日

STOP

キム・ギドク
中江 翼、堀 夏子、武田裕光
2011年3月11日の東日本大震災により福島第一原発に重大事故が発生。原発から5km圏内に住んでいた若い夫婦は、妊娠中の妻の赤ちゃんへの影響も考え、東京への移住を決意する。
そんな中、謎の政府の役人が現われ堕胎を強く迫り、2人は激しく動揺してしまう。

奇才キム・ギドク監督の最新作ですが。東日本大震災と福島第一原発の事故に対し危機感を覚えた監督が、それらをテーマにした作品を作りたいと。

「SHARING」の時にも思ったんですが、創作に携わる者であれば、それをテーマに何か作品を、思いを残したいと思うのは間違いないと。
そしてギドク監督自身は、これまでにもメッセージ性の強い作品を残してきている方なので、今作の企画というのはわかるのですが。

韓国でもメジャーでは作れない(作らない?)監督が、日本を舞台に、しかもこのようなテーマで〜というのはさらにハードルが高くって。
単身日本に乗り込んで、10日間で完成させたそうです。

そう聞きますと「たいそうなこっちゃね」と単純に思いますが、どうやらわたくしが思ってる以上に異常な状況で作られたようで。

ホントに別のスタッフのいない中、監督・脚本・撮影・録音・編集 そして配給まで、自身一人で行ったとか。
つまり役者は日本人だけど、あとはギドクただひとり…ということで。

そのせいもあってか、わたくしが思ってた以上に 作品のクオリティは雑で。
じっくりした場面でも(手持ちカメラで)映像がぶれるし、新宿のロケでは 雑踏の中にまぎれてセリフが聞き取りにくくなるし。

聞いた話では 今作を上映できる劇場がなかなか無かったそうなんだけど。
どうかすると、テーマ的な意味合いではなく、作品のデキとして 上映に値しないという判断されてたんじゃないの?なんて勘ぐっちゃうほど。

でも 確実に感じたのは、ある種のパッション。
粗削りながら ほとばしる情熱は間違いなく映像から感じられたわけであります。
と チョビットだけ褒めつつ。

実際には そのパッションを差し引いても、映画の展開のうえだからと割り引きして見ても、アカン部分が多すぎで。

人として そんな行動とらないよとか。どうしてそんな思考に至るの?だとか。
電気を遮断するために たった2人で鉄塔を倒そうと。でも疲れたからビール飲んで休もうとか。そういう「えっ?」となる部分も多々あって。
妊娠中の奥さんは「アンドウミキ」と呼ばれているのに、福島の家の表札は別の名前だったり。

好きな監督でもあるので、なんとか好意的に受け止めようという思いもありましたが…
う〜ん、やっぱダメだな。
しょうがない?残念?

さてさて。
このような事故があった場合、様々な情報が噂が人々の間を駆け抜けます。
原発に関わる危険性もアレコレ伝え聞きます。かと思えば必要以上に危機感を募らせて風評被害というのもついてまわります。

ただし僕たちは 言わなくても良いようなことを「ワーワー」叫ぶのも良くないし。
変に頭でっかちになったりして、聞かなくてもよい声を聞いてしまうのも、ある種不幸なことかもしれません。

そんなことも感じたラストシーンでありました。

DSC_0451.JPG
でもパチンコ屋は節電してもいいかも
posted by 味噌のカツオ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック