2017年06月18日

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

ジェームズ・ガン
クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、カート・ラッセル
黄金の惑星の指導者アイーシャの総攻撃を受けた“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”の面々。そんな彼らを救ったのは“ピーターの父親”を名乗る男エゴだった。
次第にエゴに魅了されていくピーターだったが、その裏にはエゴによる恐るべき計画が隠されていた。

大好評だった前作から3年かかっての続編公開。
ライムスター宇多丸さんは「リミックス」というタイトルに異を唱えていましたが…

実際に見たところ、それにはハゲしく同意。
原題は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol. 2」なんだけど、確かに「Vol. 2」なんだよね。何も リミックスじゃねぇし。

洋画ではチョイチョイ意味不明な邦題への変換がなされますが「誰トクなん?」と言いたくなるものの方が多いよね。
日本側の配給(?)の自己満でしかないんじゃないの?

と苦言を呈しながら。
もちろんリミックスされる前の1作目も見ております。ただし スペースオペラ系がそんなに好みでは無いため、ファンが言うほどの大絶賛ではなかったけど。
でも今回は そんなわたくしでも楽しかったな。

冒頭、有無を言わさずモンスターとバトるくだりは、この手の作品には欠かせない見どころだったし。
2Dの日本語吹き替え版で鑑賞したので、ピーターとロケットの口論や、(本来は)宇宙のならずものたちが醸す“ファミリー”感も、字幕より伝わってきたと思います。

さすがに作中にかかる曲のストーリーだとか歌詞まではわからないので。その点は ちょっと損してる部分かもだけど。

全般を通しての悪ノリ感やギャグの部分は楽しめたし。
あの人のラストシーンは ちょっと切なかったし。
全体の感想としては そんなざっくりとしたところにはなりますが。

ふと気になった場面として、ピーターと父親・エゴがキャッチボールをするような場面があったんだけど。
父子のキャッチボールってのは、ひと昔前の世代なんかで「公園で子どもとキャッチボールするのが夢だ」みたいな話が聞かれることもありましたが。
アメリカでも、なんなら全宇宙でも、そういう親子のコミュニケーションへの憧れってあるのかな?

あとはエゴの邸宅で宇宙の歴史の展示があって。
玉子状のカプセルが閉じたり開いたりする映像というか造形にちょっと驚き。
球形ならできそうだけど、玉子型だったもんね。

そんな感想も付け加えつつ。
どうかな、Vol. 3 まで続くのかしらん。

さしずめ その時の邦題は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リマスター」ってかな。

DSC_0437.JPG
あのランボー者の登場にはビックリ
posted by 味噌のカツオ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック