2017年06月26日

ありがとう、トニ・エルドマン

マーレン・アーデ
ペーター・シモニスチェク、サンドラ・フラー、ヴラド・イヴァノフ
コンサルタント会社で働く娘イネスの元を訪れた父ヴィンフリート。多忙なイネスだが、父に合わせながらのぎくしゃくした数日を過ごし、やがて父は帰っていく。
しかしホッとしたのも束の間、彼女の元に“トニ・エルドマン”という別人になった父が現れて…

製作国は ドイツ・オーストラリアという表記になっていますね。
カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞、米アカデミー賞では外国語映画賞ノミネートなど、各国で数々の賞に輝いているヒューマンドラマ。

“賞 イコール 名作”とは定義できないけれど、それはそれで気になるものでありまして。
2時間42分という長尺も覚悟しつつ、見てきました。

予告編で見る限り、大方の設定や展開は把握しつつ…でしたが。
ざっくり言うならば、2時間42分かかって 予告から持っていた印象そのまんまでしたね。
特に意外な部分もなく、結末というか着地点までかな。

ホントにざっくり言うならば、しっくりいっていない父と娘。
それを見かねて、父が(バレバレの)他者になりすまして娘に近づき、やがて何がしかに気付くという。

それ以上の意外性とかはないままに。
というか、ある部分では予想以下だったとも言えるわけで。

ぶっちゃけ 他者と言い張るオトンのキャラが、そんなにエキセントリックでもなく。中身も それほどウザいとか迷惑をかけるでもなく。

父の振る舞いで娘の仕事を台無しにしたり、極端に足を引っ張ったりではなく。なんなら 微妙にサポートしちゃってたような。
あぁそっちなんや。

娘の携わっていたプロジェクトも、結局どのような方向に行ったのかもぼんやりで。
なんとなく全般的にはっきりしな〜い風向きのまま。
しかも2時間42分かけて そんな感じなので。

決定的にぶつかるとか、心揺さぶられるまでの邂逅とまではいかずで。
眠気こそなかったけど、印象に残るポイントも乏しかったよね。

あえて印象に残った点を挙げるなら、ぶっかけお菓子食っちゃうのとか。残念おっぱいだったとか。
そういうことになるんだけど。。。

申し訳ないが、わたくし的には響くもの、無かったですわ。

DSC_0027-00183.JPG
あなたは ホントニ、エルドマン?
posted by 味噌のカツオ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック