2017年07月08日

ハクソー・リッジ

メル・ギブソン
アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー
「汝、殺すことなかれ」との教えを心に決めていたデズモンドは、衛生兵として国に尽くさんと陸軍に志願する。しかし銃撃の訓練を頑なに拒否し続け、最終的に軍法会議にかけられるが、とある助けを得てその主張は認められる。
やがてデズモンドら兵士は“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになる。

名優であり、名監督でもあるメル・ギブソンが10年ぶりにメガホンを取った作品。
この10年の間に何があったかはアレですが。

そもそもメル・ギブさんは敬虔なクリスチャンで。かつてはキリストの苦難のみを描いた「パッション」なんて作品も監督しました。
今作でも聖書は象徴的に登場しますし。根本にあるのは、そんなキリストの教えなんでしょう。

「汝、殺すことなかれ」
ざっくりいうと、自身の手で人を殺めることはしない。決して銃を手に取らない。

しかしどうにか この戦いの力になりたいと、主人公のデズモンド・ドスは衛生兵となることを志願。
紆余曲折ありながら、彼は衛生兵として戦いの最前線に入っていくわけですが。

舞台となるのは沖縄。アメリカと日本との戦い。
実際には150mからなる崖の上。

タイトルの「ハクソー・リッジ」を直訳すると“ノコギリ崖”というもので。
その名称から どのような地形かはイメージできるかな。

(映画の冒頭部分にも少し出てくるのですが)終盤はそのハクソーリッジでの戦いが描かれているんだけど。
前半では訓練の様子も出てはきますが、いざ実際の戦地で火ぶたが切られると、それどころじゃないというのがよくわかります。

やたらめったら敵を撃ち、次々に仲間がやられ。「衛生兵〜!」と呼ぶ声も間に合わんだろうと。
互いに銃を持ってはいるけれど、銃って そんな至近距離で撃ち合うものなのか?と。そんなことを思わずにはいられません。

そんな戦火の状況を、映画的に これまでにないエゲつなさで表現しておりまして。
この手の映像に“耐性”がないと厳しい…いや、無理でしょうね。
それぐらいに生々しく痛々しくて。手法として徹底しておりました。

過去にも戦争を描いた作品は多々ありますが。
これは史実に基づいた、なおかつ日本も絡んでいる戦いということもあり、様々な感想が漏れ聞こえてくるわけですが。

一部には日本を悪く描き過ぎだとか。実際には民間人も犠牲になっているはずだとか。主人公の美談に終わっているとか。。。
いろんな意見ありますが。

実話が元になっていて、デズモンドがテーマの作品なんだから、彼の功績について描くのは映画の作りとしては当然でしょうし。
日本兵を悪として…という意見に対して、わたくし的には これっぽっちもそれは思わなかったな。
それは日本人が日本びいきで見た結果のことでしょう。

どちらにも相当な犠牲が伴ってはいるわけだし。
ぶっちゃけ米軍が〜日本軍が〜というよりも「戦争アカン」という、そっちの方が強く印象に残ったわ。

それはそれで素直な感想だけども。
デズモンドの純真な思い、また映像のインパクトと比較して。
良くも悪くも思想の部分のメッセージ性は印象に残りにくかったとは言えるかもね。

DSC_0044.JPG
ハクソー?吐きそう?
posted by 味噌のカツオ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック