2017年07月09日

ジーサンズ はじめての強盗

ザック・ブラフ
モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキン
平穏な余生を過ごしていたウィリー、ジョー、アルバートの3人。しかし長年勤めていた会社の合併により、年金を止められてしまう。
なんとしてでも今までの生活を取り戻し、愛する家族と仲間たちとの余生を続けるべく、彼らは銀行強盗を計画するのだが…

テレビ東京では 北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎のドラマ「三匹のおっさん」が話題になりました。
ええ歳こいた おっさんが世直し的な活躍をするというお話でしたかね。

一方、こちらの映画は3人の名優が銀行強盗をしちゃうぞという物語。
資料によると マイケル・ケインが83歳。アラン・アーキンが82歳。モーガン・フリーマンが80歳とのこと。

えぇっマジっすか!?その割にはみなさんメチャお元気で。
でもマイケル・ケインが83歳で孫が あんなティーンというのは年齢の段階的にどやさ!?とは思いましたが。
もしかしたら役どころは もうちょっと若い設定なのかしらん?

基本コメディ路線で。実際に 微笑ましく笑える場面もチョイチョイあって。
ただし、銀行強盗するということについては、基本犯罪なので。その点どうなんだろうかと思いましたが、ギリギリ セーフだったですかね。
社会の巨悪に、ジジィたちが立ち向かていく風になってましたから。

もちろんコメディなので あまりに目くじら立て過ぎても、映画としての楽しみはまた別かな。

ぶっちゃけ少々 中だるみした箇所もなくはないけれど。
じいさんたちそれぞれの事情にも深みがあるし、全般的な伏線の貼り方と、それらのキレイな回収の仕方がされるので、あれこれ注視しておくのが良いかもね。

しかし冒頭のあの場面が、あんなところにつながっていくとは。
楽しませ方がオトナな映画だよねと。
そんな風に思いましたが。

それと相反するように、日本側の 邦題の付け方のダサさは微妙っちゃあ微妙で。
ちなみに原題は「Going in Style」というもので。
なんだかなぁ。

小規模公開ではありますが、上映時間も100分切るぐらいで、気楽に楽しめる展開でね。
見て良かったですよ。
posted by 味噌のカツオ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック