2017年07月16日

銀魂

福田雄一
小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文
江戸末期。宇宙から襲来した天人(あまんと)に支配され、隆盛を極めた侍は衰退。そんな時代に侍魂を堅持する男・坂田銀時は、ひょんなことから志村新八と神楽に出会い、万事屋(よろずや)を営むことに。
そこへ銀時の旧友、桂小太郎の失踪事件が舞い込み、銀時はその真相を追うことに。

少年ジャンプの人気マンガである「銀魂」。連載もずいぶんと長く、アニメ化もされておりますが。それがここにきての実写化というわけですが…
わたくし、その作品名こそ存じ上げておりますが、正直 内容は知りませんで。

登場するキャラクターや出演者もぼんやり。
あとは福田雄一監督ということを期待して見てまいりました。

あぁなるほどこういう感じなのねと。事前情報を持たないながら、いやいや〜結構 楽しめました。

なんか思ったのは、映画ってアクションやらラブロマンスやらいろんなジャンルがあって。
楽しい映画にはコメディとカテゴライズされるもんでしょうが。

このスタイルをコメディと言うのは また違うような気がするね。
あえて言うなら“おふざけ”とか“悪ノリ”ってかな。両方足すと“悪ふざけ”となるけども(苦笑)

良いか悪いかで言うならば、結果おもしろいし。それこそ これを作りあげた福田監督の作風を支持するファンもおるわけだし。

もうひとつ思ったのは、今の役者さんたちって、こういうコメディとは違った“悪ふざけ”でも、違和感とか“やらされてる感”無く、上手いこと演じてみせますよね。
ホント、みんな器用ですな。

作品中、わたくし的なツボだったのは、奇跡の一枚。オバQ呼ばわり。ルパン三世や信長に言及。まさかの あのロボットやキャラとのコラボ…いや、コラボじゃなくて盗用ですか。あれは笑った笑った。
細かいところまで 作り込んだセットやネタ。真選組の衣装や 空手の道着っぽい襟の衣装も気になったな。

というわけで。たいへん満足ではありますが。
どうしても終盤のシリアスパートはテンション上がりにくかったね。

シリアスパートでも いくらか悪ふざけ感を引きずっても良かったのかな。でも それをやっちゃうと原作からのイメージとか遠ざかっちゃったり、反感かったりしちゃうのかな。
判断が難しいところではあるけれども。

ある意味でコミックスの実写化の成功例かもしれないし、「銀魂」だからこそ許されたケースかもしれないね。

さすがに続編は無いとは思うけど、「勇者ヨシヒコ」だってシリーズ化してるし。
こういうノリを前面に出していくなら、なくはないかもでしょう。

DSC_0059.JPG
仲良くサラ牛でも
posted by 味噌のカツオ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック