2017年09月10日

ギフト 僕がきみに残せるもの

クレイ・トゥイール
スティーブ・グリーソン、ミシェル・ヴァリスコ、エディ・ヴェダー、スコット・フジタ
アメリカンフットボールの特別なスターだったスティーヴ・グリーソンは、引退後しばらくしたある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)であるとの宣告をされる。そしてそのすぐ後、妻ミシェルの妊娠が判明。
自分は我が子を抱きしめることができるのかわからない中、グリーソンは子供に残すビデオダイアリーを撮り始める。

『難病であるALSを宣告された元NFL選手が、まだ見ぬ息子に贈るために撮影しはじめたビデオダイアリーが世界中を感動させるドキュメンタリーになった』
というのがチラシの文言。

原題は「GLEASON」グリーソンというものですが、アメフト文化の無い日本に於いて その個人名をタイトルにしても思い入れを込めにくいよね。
それもあって「ギフト 僕がきみに残せるもの」という邦題。珍しく今作では意味をなしていますね(苦笑)

映画のジャンルとしてのドキュメンタリー。様々なテーマの作品が存在します。
厳しい状況を追った作品はもちろんこれまでにもありました。

今作はアメリカに於いての有名なプレイヤーでもあり、現役時代の映像も そりゃあもう多く残っております。
またALSの症状は一気にどうなるものでもなく、徐々に進行していくという特性もありまして。

結果、プレイヤーとして輝きを放っていたグリーソンの現役時代。体調の異変を訴え 病院にかかり始めたころ。症状の進行と共に今後への備えをし始めた状況。
それらからの全部が映像に残っております。

資料や関係者の証言でしか構成できない 戦時中の重大事件のドキュメンタリーなんかと比べても、全編 実際の映像で綴られているってのは、ドキュメンタリー映画というジャンルの ある種の転換期となる作品なのかもしれませんよね。

さて、ALSという症状とは、全身の筋肉の伝達機能が徐々に失われ、歩行や会話ができなくなり、やがては呼吸ができなくなるというもので。
言われてみれば、歩行に関わらず体を動かすこと全般に於いて全て筋肉が動かしているんだよね。会話・しゃべること、表情だってそう。
そしてもちろん呼吸だってそうなわけで。それが動かなくなったら…ということだよね。

自身の体がそうなっていくという、ある種の恐怖と向き合わなくてはならなくなった彼の一筋の光明。
それが 診断と同時期に発覚した妻の妊娠。

7か月後 だか 8か月後には子どもが生まれると。
新たな生命の誕生と反比例して、自身の体は動かなくなっていくだろうと。
そんな状況下で彼が考えたのは、せめて今のうちに 子どもに伝えられることを残しておきたいということ。
そこで子どもに向けたビデオレターを残し始めます。

と同時に、今のうちならでき得ることを〜と、旅行であったり海へのダイビングであったり。語りこそなかったものの、スカイダイビングの映像もありましたね。

やがて妻が男児を出産。新たな生命の誕生で、家族らは新たな希望を感じ取るものですが。
グリーソンの体の機能の低下が顕著になっていき…

難病もののドキュメンタリー。
その体に異変が起きるごとに、見る観客の涙を誘う〜なんて面もありますし、実際わたくしの近くの席のお客様も、割と早い段階からハンカチが登場しておられましたね。

その一方でわたくし自身は泣きモードには入らなかったのだけれど。
最もグッときた場面は、出産シーンでした。新たな命の誕生の尊さの方が、なんか刺激を受けましたね。

そもそも これらの映像の根本は、主題は、父親から息子へ宛てたメッセージであって。

「この人かわいそう」みたいなアプローチのものでもないはずであるし。
そのうえで、難病でALSへの理解が深まったり、支援が集まればそれはそれで有意義であるのかな。

さてさて、イチ作品として、とても見やすかったですね。
ドキュメンタリーであっても スケベ心(?)かなんか知らんけど、不要な演出や妙な編集の仕方で伝わりずらい仕上がりになってる作品もあったりするけど。
その点とても良かったです。

あとはグリーソンさんのハートの強さに尽きるよね。
見て良かったです。

DSC_0187.JPG
ALS言うたらアイスバケツだよね
posted by 味噌のカツオ at 22:56| Comment(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: