2005年10月14日

妖怪大戦争

三池崇史
神木降之介・豊川悦司・栗山千明・菅原文太
夏祭りで 世界を守ると言われる『麒麟送子』に選ばれた 気弱な少年タダシ。
しかし、加藤保憲率いる悪霊たちが活動をし始めたために、本物の『麒麟送子』となって戦いを挑むことに!

結論から先に言うと、「ゲゲゲの鬼太郎」とか大昔の映画「妖怪大戦争」とかを真剣に見てたわたくしとしては大満足の作品でした。夢がありますよ!
ダコタ・ファニングがすごいのもわかるけど、降之介くんもあのキャストの中にあって存在感は見事だよ。
キャストで言えば、河童の川太郎を演じた阿部サダヲさん最高でした。他にもいろんな人がいろんな妖怪になってたので要チェックです。
意外と重要な役回りでもあるナイナイの岡村さんは見てて「誰?」って感じ。雨上がりの宮迫さんとの競演は個人的には感慨深いモノも・・・
そして男性客としましては、栗山千明と高橋真唯に目が奪われちゃうですよ。
他にも遊びごころ的な流れや笑いも満載。
なぜかキリンビールが出てきたり。。。『麒麟送子』があの装束で闘う理由とか、鬼太郎スタイルで空を飛ぶ妖怪たちには感涙でした。
後半にはこれでもか!という程の妖怪たちが出てきます。ただ、闘いの結末はちょいとズッコケますが「宇宙戦争」よりは許せるかな。
何でも100億円を超える制作費というウワサもうなずけるかな。ってぐらいエンターテイメントしてましたよ!
posted by 味噌のカツオ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8123485

この記事へのトラックバック