2016年09月13日

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

ジョン・M・チュウ
ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、モーガン・フリーマン
派手なイリュージョンショーで不正搾取された金を奪うマジシャン集団、フォー・ホースメンが復活。あるハイテク企業の不正を暴露せんと新たなショーを仕組んだが、天才エンジニアのウォルターにより阻止されてしまう。
ウォルターに追い詰められるフォー・ホースメンに一発逆転は果たせるのか?

2013年公開「グランド・イリュージョン」の続編。
前作も見ておりますし、直前にテレビ放送されたバージョン(一部カット)も予習としてチェックしたうえでの鑑賞。

おや?と思ったのは 紅一点メンバーが変わったこと。
実際には演じていたアイラ・フィッシャーの妊娠でキャストチェンジ。フォー・ホースマン的にはメンバーチェンジでもあります。
あと前作でフォー・ホースマンを追っていたメラニー・ロランも今作は出ておらず(残念)。

それ以外は1作目と同じキャストで。ジェシー・アイゼンバーグはロン毛でも坊主でもエエ男やね。

マジシャン、メンタリスト、スリ…といったチーム。武器としては「人を騙す」テクニック。
それらを駆使してのイリュージョンショーはそれだけでもドキドキ。
ステージに至るまでの展開は見ていてワクワク。
なのですが。

今作の最初に行われるハイテク企業の不正を暴くショー。
これはこれで 彼らの見せ場だとは思ったんだけどね。
結果的にハリーポッターに邪魔されて失敗に終わるんよね。
ん〜なんか不完全燃焼。

フォー・ホースマンがピンチになる展開はまたチャイナで。
昨今の大作では必ずそこを経由するんだね。なんてことは語られないぐらい当たり前の光景になってるね(笑)

それに逆襲を誓って計画されたスーパーイリュージョン。
なのですが、これ気がつけば普通のアクション映画で、敵との駆け引きでよくあるバトル…と思いきや、じつは〜〜〜でした〜〜〜!!
って、なんかわたくしが期待してたのとちょっと違う気がする。

いちいちカッコよかったり、いちいち派手だったり。所々に見せ場はありました。そして中盤に出てくるカードをパスして回るシーンはなんかも面白かったけど。
振り返ってみると大がかりな“イリュージョンショー”としてのトキメキは得られなかったかな。

1作目では華麗に悪を懲らしめる。黒い金を弱者に還元する…というカタルシスあったんだけど。今回はそこが決着でもないからね。

そして前作のもうひとつのドラマとして、本当の黒幕の正体が明かされて「おぉ〜」とうならされまして。
ある意味で映画全編を通して騙されてた感を味わえたけど。
今作での そのパートは、なんだかなぁ〜(苦笑)

確かにシリーズ化をしていくことでクオリティが下がるのはよくある話で。
このシリーズ、なんと3作目も製作が決まっているとか。

またちょっと微妙になるの?
いや、たとえそうであったとしても、続きは見てみたい。

いろいろツッコミは入れたけど、やっぱこれはこれで見応えある作品にはなってると思うし。何よりフォー・ホースマンというチームのキャラクターには魅力あるからね。
パート3に期待しちゃいましょう。

DSC_1243-d61ba.JPG
手品師vs魔法使い
posted by 味噌のカツオ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

神様の思し召し

エドアルド・ファルコーネ
マルコ・ジャリーニ、アレッサンドロ・ガスマン、ラウラ・モランテ
腕利きの心臓外科医トンマーゾは、周囲からは面倒がられ、との仲は倦怠気味。それでも優秀な医大生の長男が医師を継いでくれれば満足…だったのだが。
あろうことか息子は「神父になりたい」と宣言。息子はピエトロ神父に“洗脳”されているとニラんだトンマーゾは、信者を装い教会に潜入する。

中心となるのは腕利きの心臓外科医と過去にちょっと訳ありな神父さん。
予告編を見る限りでは「医療こそが人の命を救う」「神を信奉することで心は救われる」という主張がぶつかるのかという印象。
でもそこまでガッチガチな設定でも無かったですね。

確かに先生は堅物ではあるけれど、それなりの理解もバイタリティもあるキャラで。
でも そうやってステレオタイプな堅物にしなかったことにより、人としての“遊び”の部分もできて。それゆえ、コメディ要素は程よく引き上げられてたんじゃないでしょうか。

先生の家族たちも、周りの人間も それとなくクセのある感じ。
なので 会話もリアクションもしかり。あるいはカメラの切り替わりといった見せ方も含めて、全般的にコント具合は総じて高め。
結構 笑い声も起こっていましたしね。

ただし そもそも堅物過ぎず、受け入れる態勢のある先生なので。両者の心が通い合っていくパートはジワジワという感じ。
要はストーリー的には大きなヤマ場には乏しいかな。

そんなことを思っていたら、最後にやってきますね。ドンと。
先生がエレベーターで電話を鳴らし、どこからか着信音が聞こえるという描写がグッときてしまいました。

あとは奇跡が起こるのを祈るしかないと。。。

そういった流れの中でね、ハッキリとした結末は明示されずに終わるわけですが。
まぁそういうことなのかなと、見た人が想像することで良いと思います。

上映時間も87分とコンパクトで。
その尺の中でもしっかりと喜怒哀楽を味わえる佳作でありました。

DSC_1211.JPG
腕利きの医師でもトンマーゾ
posted by 味噌のカツオ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

君の名は。

新海 誠
(声)神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子
千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。田舎町に住む女子高生の三葉は、東京で暮らす少年になった夢を見る。一方、東京在住の男子高校生・瀧は、見知らぬ山奥の町で自分が女子高校生になっている夢を見る。
やがて入れ替わってしまっていることを受け止めた三葉と瀧は、互いを意識しあっていくのだが…

今年の邦画の秀作ラッシュに また一本仲間入り。「君の名は。」です。
「シン・ゴジラ」なんかは公開までは「どやさ?どやさ?」感はあったけど、こっちは「新海誠がハズすわけねぇ」ってぐらいに期待は高まりつつ。
そして、公開後の評価もじつに高くって。期待して観てきました。

若い男女。ストレートなラブシーンは無くても、愛を感じさせてくれて。
それでいて すれ違う二人。なかなか真正面から向き合えない。
それが切なさであり、愛の深さに感じられたり。
監督、お得意の手法。

もひとつ言うなら、意外と“宇宙”ってのもキーワードになったりするよね。
そういう意味では今作、新海誠の王道路線とも言えるんだけど。

冒頭から独特のイントネーション。方言?
なんとなく わたくしの住む東海地方っぽさを感じました。
実際に 岐阜県飛騨地方がベースなようで。途中で名古屋駅で乗り換えシーンがあったり、特急ワイドビューひだ とか出てきて「おっ!」っと思ったけど。

本筋は男女の高校生が入れ替わってしまうという。大林宜彦の「転校生」とは全然テイストは違うけど。
日常の中のそんな状況が、前半では軽妙に進みつつ。

作中のカットでしきりに使われる 敷居の上の扉、あるいは電車の扉のカットが気になってはいたんだけど。
それが何故なのか、何を意味するのか。明かされていくことで、ちょっと辛くなっちゃいました。

もう、涙出てくるわ 胸が締め付けられるわで。

ファンタジックな設定の中に迫りくる悲しみ。
名前もわからない誰かに突き動かされ。そして名前もわからない誰かのために必死になる姿。

終盤はクラクラしっぱなしでした。

ひとつの町が無くなってしまうという。
それが地方の小さな集落であったとしても。
見ていてとてもつらかった。

こういうストーリーの発想のベースにあるのは おそらく、間違いなく、3・11なのでしょう。
「シン・ゴジラ」も同様な見られ方もしてますが。

こと今作に於いては、多くは美しく表現されるであろう彗星がそれであったり。
宗教的な立ち位置から、悲しみを越えて政治の方面に軸が移ったり。
そんなことも含めて、胸に刺さるものがあったり、考えさせられました。

ただし どうしてこのふたりだったのかについては現状ではわからないんだけど。
だけど、誰しも誰かと出会う相手なんて、そもそもわからない誰かなんだから。
そうしたもんか。

もちろん映像の美しさは間違いないし。
数々の音楽を担当したRADWINPSの曲ともマッチしてます。

すごくギュンギュン引き込まれる映画であるし、見応えはあるんだけど。
どこかでやっぱり、かすかな胸の痛みを覚えます。

DSC_1185.JPG
名前はすきだ
posted by 味噌のカツオ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

月光

小澤雅人
佐藤乃莉、石橋宇輪、古山憲太郎、美保 純
ピアノ教師のカオリは、教え子のユウの父親・トシオから性的暴行を受けてしまう。この事件により、過去の忌まわしい記憶までも蘇ってくるカオリ。一方ユウもまたトシオから性的虐待を受けていた。
誰にも相談できず苦しんでいたカオリとユウ。やがてカオリはユウの願いを叶えようとある決断をする。

自分は男ですから、本当の意味で女性の気持ちはわからないでしょう。
もっというなら、性的被害に遭われた女性の苦しみを、本当の意味で理解するのは無理なのかもしれません。

でも、それらを取り扱った映画、ドラマ、書籍、証言…何かしら感じることはできるのかも。
そんな思いもあっての鑑賞でしたが。

とにかくテーマはそういうことだと思うのですが、映画のデキとして、見ていられなかったという印象。
端的に言うなら、ちょっと詰め込み過ぎなのでは?

リアルに、この作品の主人公のような反応をしてしまう被害者もおられるのかもしれません。でも、リアルに受け止められない展開も多くって。

こういった映画に於いての主人公はいくらか悲劇的で良いと思うんですが。
いきなり教え子の父親とのキスシーンは“なんだ?”と思ってしまいます。

それにはそれなりの過去があるようなのですが、その後も積極的に不倫行動をしてしまうのはどうなの?
その相手の母親は 二人の関係を知りつつ、彼女に息子のピアノの指導を依頼するって、その設定、気持ち悪過ぎ。歪み過ぎ。

メトロノームのカチカチ音でフラッシュバックを起こして、それきっかけで その子がケガするってのも。なんだか取って付けた事件だし。

その後、彼女が性的被害に遭い、じつは過去に幼い頃にも 被害に遭っていたことが分かります。
そんな女性が そこまで積極的におっさんを求めるものなのか?山中ですれ違ったおっさんをナイフで脅してキスするとか、まったくわからない。

確かに大変な思いをしたのだろうが、それで背中に あんな痣ができるもの?
その後のシャワーシーンも体を洗いたくなるのはあるでしょうが。背中を見せながら、表情も捉えてください〜なカメラワークは疑問。
それなら顔を突っ伏して、背中でシャワーを受けるとかのが伝わってこないかな。

そして彼女の母親も、娘が辛い過去を語っているのに「わたしも必死で働いていたのよ」って。信じられない反応だし。
そんな心の通っていない母親と車で走りだすラストシーンも、本当は上辺だけじゃないかと思ってしまったし。

その主人公とは別に、加害者は自身の娘にも性的暴行を行っておるのですが。
これ、血のつながってる親子なの?それはそれで また違うテーマになってしまうわけで。

もしそうでなかったとしても、2つの性犯罪を絡めることで、そのテーマ性も混沌としちゃって。
大事なことを伝え切れなくなっていやしませんか。

とにかく登場人物“全員”おかしな行動、言動があるので、なんとも軸が置きにくい。

そして映画としての見せ方も、妙に光と影を意識してるのか、ムダに逆光で暗い中のシーンがあったり。
とても大きな満月が出ているのに、メッチャメチャ暗い映像になってたり。
妙なところで 音量を大きくさせたり。

いずれも不安感や不安定感を狙ってのことなのかもだけど、その技の使い方が決して効果をUPしてるとは感じませんでした。

結局、これは誰に向けてのことなのか。
ピアノ教師なのか、性的被害を受けている少女なのか。
あるいは性犯罪者。被害者の家族。水を汲みに来た通りすがりのおっさん。

とにかく詰め込み過ぎで、わたくしには ちゃんとしたメッセージとして伝わってきませんでした。
もっと余計なものを 削ぎ落して、真っ直ぐに訴えるべきではないのかな。
大切なテーマであるだけに、とても残念に思います。

DSC_1121.JPG
ピアノソナタ第14番
posted by 味噌のカツオ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ

マリー・カスティーユ・マンシオン・シャール
アリアンヌ・アスカリッド、アハメッド・ドゥラメ、ノエミ・メルラン
貧困層が暮らすパリ郊外のレオン・ブルム高校の新学期。歴史教師アンヌは、多様な人種の生徒たちが集められた落ちこぼれ学級を担当することになる。
アンヌは生徒たちに、全国歴史コンクールへの参加を生徒たちに提案。しかし「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに彼らは反発する。

原題は「Les Héritiers (後継者たち)」。「奇跡の教室」という邦題の付け方はいかにも…とは思いますが。
でも、さすがに「後継者たち」では伝わらないか。

そもそもは、今作にも生徒役で出演しているアハメッド・ドゥラメが書いたシナリオに監督が興味を持ち、実際に製作が決まったという。
これはこれで“奇跡のシナリオ”とも言えるけどね(笑)

日本に限らず、不良クラスが何がしかに打ち込むことで、更生したり生きる意味を見つけていく物語はありますが。

モデルとなっているクラスは 貧困層が多く暮らす地区で、人種も違えば宗教やら考え方も違う生徒の集まりで。
「レジスタンスと強制収容についての全国コンクール」で優勝したんだとか。

今回の映画では「アウシュヴィッツ」という、やはり強制収容にまつわることがテーマとなります。
当初は生徒たちの意識も方法論もバラバラで。

しかし収容所から生き延びたレオン・ズィゲル氏から生の証言を聞くことで、彼らの中で何かが変わり、一丸となってコンクールに向かっていきます。

なんちゅうか日本的に考えたら、原爆で苦しんだ被爆者が、その後の世代に語り継いでいくことが大切なように。
それぞれの国で、悲しい記憶や繰り返してはいけない悲劇というのが存在するんだなと。そんなことも感じました。

さてさて、物語としてはそういったものですが。正直 映画としては、いくらか淡々とし過ぎだったかな。
どうしても わたくしのような日本人では、人種や思想がバラバラの若者がクラスに集うことが、皮膚感覚では分かり得なかったり。
会話の“あや”もそうだし、途中で外れてしまう生徒、逆に途中から合流する美人さんの描写も弱いかなと。

軸となるのが生徒たちなのか、アンヌ先生なのか、証言者のズィゲル氏なのか。
ナチスの行ってきたことも、もっと詳しく語られてる映画もあるから。
その辺りもね。

ちなみにレオン・ズィゲル氏は2015年1月に亡くなられているとのことで。
この映画で語るシーンは、今となっては、また違った重みを持つことになりました。

DSC_1117.JPG
「退屈な授業はしないつもり」
posted by 味噌のカツオ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

言の葉の庭

新海 誠
(声)入野自由、花澤香菜、平野 文、前田 剛
靴職人を目指す15歳の高校生タカオは、雨の日の1限は授業をサボり、庭園で靴のデザインを考えていた。
ある日、タカオはそこでユキノという女性と出会う。雨の日の午前だけの交流を繰り返しながら、タカオとユキノは少しずつ打ち解けていく。

本編は46分。当初は配信&販売用として製作されたのだが、2013年に劇場公開。
新海監督の「君の名は」公開を控えて、まだ見ていなかったのでDVDにて鑑賞。

舞台(のモデル)となっているのは新宿御苑の屋根のあるベンチ。
ふいに出会った二人。ミステリアスなところから、次第に相手のことを理解していくうち、心の距離も近づいていくというのはあること。

タカオが目指す靴職人という夢と、心が追い詰められ 歩き出すことができなくなってしまったユキノ。
彼女が前へ向かって一歩を踏み出すためには…
人が歩くためには、靴が必要。

そんな風にストーリーに意義を持たせるのは素晴らしいですね。

やがて彼女がどんな存在なのか。それが明かされ、タカオの心が揺れていきます。
そしてクライマックスの階段での場面。

語る側も受け止める側も痛みを伴う言葉。それを越えて心を通い合わせる二人。
二人とも泣いてるけど、わたくしも、涙、涙。
やられましたわ。。。

厳しいことを言うなら。
15歳の高校生の言葉にほだされ、泣きすがる27歳の女性教師。
アニメだから美しく見ることができたけど、実写のドラマだったら ちょっとやり過ぎ感漂う設定だったかもね(苦笑)

でも、着地点が安易な恋愛感情ではなく、人として歩むことのなので。
やっぱり夢を叶えたタカオとユキノのストーリーも気になるよね。
もちろん それ以降まで描いちゃ野暮だけど。

そして これは書くまでもないけれど。
映像の美しさは群を抜いています。

本編の8割が雨の設定ということらしいですが。
アニメーションで ここまで美しく雨を描くのは、想像を絶する研究と労力が必要だったこと。想像に難くありません。
逆説的に言えば、アニメーションだからこその リアルを越えたリアリティ描写に成功してるのかな。

エンディングの「Rain」は、大江千里の作品を秦基博にわざわざカバーしていただいたという。これも世界観にハマっておりまして。
いや、もしかしたら この曲あってのこの物語だったのかも?

決して長くはない尺の中に 見応え、聞き応えの詰まった作品。
見て良かったです。
posted by 味噌のカツオ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

きみがくれた物語

ロス・カッツ
ベンジャミン・ウォーカー、テリーサ・パーマー、マギー・グレイス
水辺の家に引っ越してきたギャビー。隣人であるトラヴィスの振る舞いを良く思ってはいなかったのだが。本当の彼のやさしさに触れ、二人は互いに惹かれあい、やがて結ばれる。
二人の子供にも恵まれ、幸せな暮らしを送っていたトラヴィスとギャビーだったが、突然の事故に遭いギャビーはこん睡状態に陥ってしまう。

『「きみに読む物語」などの原作者として知られるニコラス・スパークスの小説を実写化したラブストーリー』とのこと。
それにあやかっての この邦題なのでしょうが。原題は「The Choice」というシンプルなもの。直訳なら“選択”ですわね。

冒頭、そして終盤に語られるのが、人は人生の様々な局面に於いて“選択”を迫られるという。まさそれがテーマですか。

一見ナンパなイケメン男・トラヴィス。そしてそこの隣家に引っ越してきた少々強気な女・ギャビー。
観客としても 始めは「こんな軽い男、イヤやな」と思うし。彼女の方には別に彼がいてるし。

映画だから最終的にはそうなるんでしょ〜ってのは意識しつつも、なかなか正式に結ばれない二人に 普通にヤキモキ。

作中でも語られている通り、彼は始めて彼女を見たときから意識をしていて。周りの友人からも「未来の嫁さんだ」とはやし立てられるほど、ある意味お似合いの二人。
そして物語がだいぶ進んで、やっとこさ結婚。

しかしここからが早かった。
あっという間に嫁さん妊娠。次の場面ではちっちゃな女の子が。そして気付けば女の子は成長し、もうひとり赤ちゃんが。
子どもをベビーシッターに任せ、夫婦二人でのデートを…といったところで大きな展開が。

ギャビーが事故に遭い、寝たきりになってしまいます。
まったく意識を取り戻さない彼女。事故から90日経過してから意識を取り戻す可能性は1%であると。事故以前の彼女の意志もあり、これ以上は延命処置を行うべきではないと医師から選択を求められます。

さてさて、様々な“あらすじ”を読むと この辺りまでの表記がなされています。って書いて無いのラストシーンだけじゃんってね(苦笑)
いや、それとは別にトラヴィスは目覚めないギャビーの耳元で 物語を読み聞かせ続けるとの文言も。

えっ、そんな献身的に語り掛けるシーンなんかあったっけ?
子どもたちに絵本を読み聞かせるってのはあったけど。

本来の原作では その行動がより美しく描写されてるのかな。
でも 今回の映画では全く無しという大胆な構成になってます。
でもでも 今回の映画に限っていうなら、確かにそのくだりはなくても成立しております。

そしてここからはネタバレありで、まさかまさかのラストシーン。

悲し気な展開から、一気にお墓の前で佇むトラヴィス。
しかし、なんとそのお墓は彼の母親のもの。
「なんや、まだ死んでないのか」と。

そして彼女が残したモビールが不自然に揺れ出して。虫の知らせとばかりに病院へと走り出すトラヴィス。こっちも泣く準備万端です。
そんな彼が駆け込んだ病室には、笑顔のギャビーが。
「おぉっ、意識戻ったんやぁ」。

ちょっと前の韓国映画みたく、無理くりなお涙頂戴はアレだけど。そもそも不幸話を求めてるわけでもないけれど。
通常この流れであればなぁと、逆のパターンを想像してたもんで。
ハッピーエンドなんだけど、ちょっとビックリという(苦笑)

たいへん失礼なことを考えて見ちゃってました。
申し訳ない。

(まさに)いい意味での予想外のラストも含めて、しっかりとステキなラブストーリーを味わえましたですね。
それは間違いない。

んで チョビットいちゃもんつけるなら。
作中、2頭のワンちゃんの存在があたたかみの象徴的に登場する一方。

ネコちゃんは余計なトコで体調悪くなりやがって〜という。そんな登場の仕方なんよね。
ネコ好きなわたくし的には、そこだけが歯がゆいのよね〜(笑)

DSC_1076.JPG
監督の名前、無駄が無くていいね
posted by 味噌のカツオ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

ケンとカズ

小路紘史
カトウシンスケ、毎熊克哉、飯島珠奈、藤原季節
自動車修理工場で働きながら、裏では覚せい剤の売買をしているケンとカズ。ケンには妊娠中の恋人が。そしてカズには認知症の母がおり、そのためにも金を稼ぐ必要があった。
しかしカズが危険な行動を取り始め、元締めのヤクザに目をつけられ、追い詰められていくことに。

長編デビューとなる監督。無名の役者たち。明らかな低予算。
いわゆる どインディー映画ではありますが、ジワジワと高評価が拡散されていっている作品。

見終わって振り返ってみても、地方都市、自動車修理工場という舞台は地味だし、(覚せい剤売買が日常とは言わないが)そんなに気をてらったようなストーリー展開でもありません。
それでもこれは そんじょそこらの作品とは違う何かを感じました。

あえて言うなら圧倒的な緊張感ですか。
上映時間のほぼほぼ全編に、重苦しく鈍い空気が漂ってます。

その空気に飲み込まれて、グイグイと物語に引っ張られていく感じ。
決して多くは無い登場人物。小さな世界観。「お前、それはヤバいだろ」という行動。
そしてひとつひとつ、ズレていくバランス。

それが低予算だからこそなのかはアレですが、小さな世界であるがゆえに コアな描写を突き詰めて、それが(良い意味で)悪い方向へ誘っていくような。

ケンとカズ、それぞれに背負ったものがあるんだけども。
カズと母親との関係。いや、幼いころのそれについては、他の映画でも描かれることはあるものだけど、この映画に関しては なんだか、より痛々しく伝わりました。
それがあってのカズなのかと。

それからラストの展開。
「プリン食べなよ」とか言ってる その引っ張り方ですらヒリヒリ。
そしてただ一人生き残る男。

これはこれでイヤな結末でもあるんだけど。
別に必ずしもハッピーエンドを期待しているわけでもないからね。特にこんな世界の物語だしね。

何だかわからないけれど、秀作が次から次へと生まれてきている今年の日本映画。
ここにまた そんな一本が生まれましたと。

さてさて、映画は監督のものというならば、この監督が次の作品を撮れるように。この映画の興行的成功を願いたいです。

余談ですが、この作品への小堺一幾さんのコメントがしっくりきたので載せときます。
『アリ地獄から見上げる青空は、美しい。』

DSC_1071.JPG
DVBBA
posted by 味噌のカツオ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

ゴーストバスターズ

ポール・フェイグ
クリステン・ウィグ、メリッサ・マッカーシー、ケイト・マッキノン
かつて旧友アビーと幽霊研究本を共同発表していた物理学者エリンは、幽霊の調査依頼を受ける。そこでアビーを訪ねると、彼女は相棒ホルツマンと共に幽霊の研究を続けていた。
そして3人は依頼のあった幽霊騒動の起きた屋敷へ出向くと、本物の幽霊に遭遇。その存在を確信した三人は、“幽霊退治”を行う会社「ゴーストバスターズ」を立ち上げる。

1984年、ニューヨークに現れた幽霊を退治しようと奮闘する男たちを描いた「ゴーストバスターズ」。そして続編となる「ゴーストバスターズ2」は1989年の作品。
そして今回は約30年ぶりのリブート版となります。

物語としては関連性は無いので、これはこれでも楽しめますが。
より楽しもうと思ったら、前作も見た方が良いのだろうね。

細かい設定やカメオ出演。あと最近のリバイバルものは 昔からの映画ファン向けという面もあるので、「ゴーストバスターズ」に関わらず、いろんな名作を元ネタにしたセリフもチラホラ。

この企画が発表されて、主人公が全員女性ということが明らかになり、予告編などが出始めたところで“これじゃない感”なのか否定的な声も多かったと聞きますが。

ちなみにわたくしは主題歌の「ゴーストバスターズ」は大好きですが、前作にそんなにこだわりはないスタンス。
逆にアメリカの娯楽作品は一定のクオリティで仕上げてくるでしょ〜という、面白くて当たり前ぐらいの期待はしつつで。

基本線はゴーストが現れて、それを捕まえるという物語。当たり前だけど。
なぜ主人公が女性なのかって部分に明確な理由は感じなかったけど。

でも中心となるエリンとアビーの(見た目)普通のおばちゃんっぽさ。メカ担当のホルツマンのちょっとやんちゃな感じがまたよろしい。そしてひょんなことから仲間入りするパティ。
このチーム4人のやりとりが軽妙な雰囲気は出てたし、おバカなケヴィンのキャラが生きてたからこれはこれで良かったです。
日本のスーパー戦隊ものみたいに男女混成だと、それはそれで微妙だしね。

もしかしたら映像の作り込みという意味では「ピクセル」に負けるかもだけど。
馴染みのあるコンセプト、昔懐かしいロゴマーク。そして思わずノッてしまうテーマ曲。シンプルに楽しめましたよ。

なんならゴーストを捕まえるのはポケモンGOを彷彿とさせ。日本で復活したゴジラのように街を破壊する映像にときめき。“核”をそんな風に扱うのね〜ということに驚き。でした。

ニューヨーク市としては彼女らの活動を表だって認めることはできないけれど、裏ではちゃんと評価、援助を行うという構造。でもじつは彼女らの存在は、民間レベルで評価されている…みたいな。
日本人のウチらにはわからないけれど、もしかしたら こんな設定も何かのメタファーだったりするのかなと。

気になるようなマイナスポイントはなかったし。ちょこちょこっと笑えるシーンもありましたし。
あえて言うならサプライズ感は乏しいかもだけど、娯楽映画として十分に及第点。

さて、エンドロール後のラストシーンを見ていると続編もあるのかな?と思ったりするわけですが。
どうせだったらアメリカを飛び出してだよ。日本で貞子と伽椰子を捕まえてほしいなと…いらん期待もしちゃいますが(^-^;)

DSC_1070.JPG
I ♥ GB
posted by 味噌のカツオ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

葛城事件

赤堀雅秋
三浦友和、南 果歩、新井浩文、若葉竜也、田中麗奈
美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた葛城清。しかし家族を抑圧的に支配するようになり、一家のバランスは崩壊。長男は会社をリストラされ、次男は引きこもり生活。
それでも清は己を変えることなく、やがて さらに大きな問題が起こり…

先日見た「クリーピー 偽りの隣人」と同様に、この作品も登場人物みんな どこかおかしいと…そんな感覚もなくは無かったけど。
圧倒的にこちらの方が見応えありました。

主なキャストは決して多くは無いけれど、みな素晴らしい演技でありまして。
主演の三浦友和さんは当然ですが、ワシが子供の頃は“二枚目・青春スター”と言われた当時を思えば、ここまでの役柄は よりズシリと響いてきます。

葛城家。まず、次男は死刑囚であると。
そして 次男と獄中結婚をした女性が現れます。
そこから現在に至るまでの物語が明かされていきます。

この家族が こんな結末に至ってしまったのは、やはり父親の存在なんでしょう。
冒頭のやり取りからすると、家族を失って自暴自棄になったのかと思いきや、もう子どもが幼い頃からそうだったんだなと。端的に言うなら抑圧的であると。

ただ それが全ての原因とは言えないかな。
ちょっと気になったのは、食事シーンがとても多い映画なんだけど、全てと言っていいのかな、コンビニ弁当、カップ麺、外食、出前。
すなわち家庭の味ってのが(映画の中では)存在していないんだよね。それも結構気になったんだけど。

ただ夫に愛想をつかした妻と次男が家を出て。そこに長男が訪ねてくる場面は、ぎこちないながらも家族を謳歌しようとする気持ちは感じられましたが。
それもやはり父親の存在でもろくも崩れ去るんだけど。

そして抑圧されて育った子どもたち。
長男は結婚はしたものの、仕事に於いて営業仕事や再就職の面接など、他者と関わることができなくて。
息子から決定的な一言を聞かされ、最後の決断に至ってしまいます。

次男もやはり他者と関わることができないのか 引きこもりの人生で。
窓から近所のおばちゃんたちを見下ろし「ヒマなのかねぇ」とつぶやく引きこもり青年。

彼が父親とふいに交わした会話でとても気になったものがありました。
「コンビニに行ってた」「何もほしいものがなかった」

今の若い人に夢が無いとか、目標が無いという言い方もあるけれど。
社会全体がコンビニみたいに モノがあふれてるはずなんだけど、自身がなりたいもの、手に入れたいものが定まらない。どうにも動き出せない。そして引きこもり。
なんか、そんなメタファーだったのかな。

そして事件を起こした次男と獄中結婚をする女性。
その行動の衝動は、罪を犯した人の心に向き合いたいと。反省や人間らしさを導きたいようだったけど。
結局その行動がエゴにしか見えなくって。彼女の語る言葉、全てがキレイごとにしか思えなかったね。
でも ああいう思考の人って、いそうだなと。
そんなキャラ造形をしちゃうのも凄いなと。

葛城家は目に見える何かがあって、こんな末路を辿っていったわけではなく。
長年にわたってひずんでいって、気が付いたら取り返しがつかなくなってしまっていたと。

炎を浴びた火傷はまだ手当てができるけど、ジワジワを熱を帯びた低温火傷って治療が難しいって。
なんかそんな印象。

さてさて、一点だけ気になったのが、次男が凶行に及ぶシーン。
駅の構内で刃物を振り回すわけですが、誰一人として逃げない。その状況をジッと見てたのが違和感がありました。

なんなら観客は「死刑になるようなことをやったんだな。あのデカいナイフで」ってのはわかるので。また最後の面会の際に、自分がどんな人間なのかをしっかり言葉にしてみせるし(とても良いシーンでした)。
だから あの凶行の映像、無くてもよかったんじゃないかな。

見終わって、とても後味の悪い。でも考えさせられる。今年は そんな日本映画が多くって。
これもまたそんな一本でしたが、見て良かった作品です。

DSC_1003.JPG
最後の晩餐はコーラとなりました
posted by 味噌のカツオ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

帰ってきたヒトラー


デヴィッド・ヴェンド
オリヴァー・マスッチ、ファビアン・ブッシュ、フランツィシカ・ウルフ
70年の時を越え、現代にやってきてしまったアドルフ・ヒトラー。その姿をたまたま見つけたテレビマンが“そっくりさん”として彼をスカウト。
さっそくTVショーに登場したヒトラーだが、その振る舞い、発言が受け入れられ大人気に。やがて大衆の心を掴み始めていくのだが…

あのヒトラーが現代によみがえったら〜という発想は確かに面白い。アイデアの勝利かと思いきや…
実際、映画のデキとしても予想以上に楽しめました。

もちろん 偉人が(凡人であっても)タイムスリップして現代に現れることはありえません。
でもでも この“映画内”に於いて、この人はホンモノのヒトラーさんなんですね。

その御人を リストラされて後がないテレビマンが“お笑い芸人”として“ものまねタレント”としてスカウト。
テレビ局に売り込むべく、ヒトラーさんを連れて全国行脚。ヒトラーが現代の国民と触れあう姿を撮影していきます。

ところが、この映画は完全なる劇映画ではなくって。
このくだり、ホントに民衆の中に入り込んでいって撮影がされています。
この“役柄のまま”街に出ていく描写は、サシャ・バロン・コーエン(イギリスのコメディアン)がカザフスタン人のふりしてアメリカをレポートする「ボラット」みたいな印象で。

当然ながら 現実には どこの誰かが時を越えて現れるなんてことはあり得ません。
なので、カメラを向けられた人々は“空気を読んで”ヒトラーとコミュニケ―ション。
直々にヒトラーに伝えたいことを伝え、時には議論を戦わせ、あるいは触れあって。そんな映像の数々。

見る側の印象として、こういう提示の仕方をされるとは思っていなかったので、たいそう興味深い仕上がり。

一方のヒトラー総統は、相当 頭の優れた方だったのでしょう。
ここが2014年であることを認識し、新聞を読み、進められるがままにインターネットに接続。ウィキペディアであらゆる情報を入手。
そのうえで、現代へのメッセージを発していきます。

しかしまぁ世には様々な問題があるんだとは思いますが。
少子化や難民の問題。政治政党への不信感などなど。

結局のところ ドイツにしろ、イギリスにしろ、似たような問題があるんですね。なんならアメリカだって、日本だって同様かも。
そこで問題提起をしたり、指導力を発揮する存在ってのが、やはり共通して世界中で求められているのでしょう。

わたくし的には この“劇映画”が一つの着地点を明示しているとは、特段は感じませんでした。
でも 現代に於いて、圧倒的な指導者・先導者の存在は必要なのかもしれないと。
ある種の閉塞感をブチ破るためには、そういう人があってしかるべきと。

しかし、歴史に於いて 行き過ぎた思想家が人々を導くではなく、人々の思いから押し出された存在が指導者となる。
だがしかし、その指導者があまりに力を持ちすぎると、やがてその思考(志向)が独裁者となっていくんだなと。
そんなことを考えさせられました。

まぁヒトラーとまではいかずとも、今の日本に田中角栄が現れたら どんなことを言うのか。
そんな妄想までしちゃいました。

ちなみにヒトラーを“堂々と”演じきったオリヴァー・マスッチさんは 決して有名な役者さんではなく、ヒトラー然として振る舞える実力派舞台俳優なんだとか。
このキャスティングが、成功の一大要因だったのは間違いないですね。

なかなかの佳作。見て良かったです!!

DSC_1002.JPG
ヒトちゃん ペ!
posted by 味噌のカツオ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

クリーピー 偽りの隣人

黒沢 清
西島秀俊、竹内結子、川口春奈、東出昌大、香川照之
元刑事である犯罪心理学者の高倉は、かつての同僚・野上から、6年前に発生した一家失踪事件の分析を依頼される。
その高倉が妻・康子と共に引っ越した新居の隣人・西野は どこかつかみどころのない男だったが、その娘の澪も交えた家族づきあいがはじまる。
そんなある日、澪は高倉に「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」と告げる。

同名の小説が原作の作品。タイトルの“クリーピー”とは「ゾッとするような」や「身の毛がよだつ」という意味の形容詞。

予告編でも 怪しさや謎な部分が伝わってきておりましたが、結論からすると そのまんまで。
序盤から香川照之演じる西野の怪しいことったら。ただ会話がしにくいだけでなく、真顔なのでちょっと勘弁って(苦笑)
一見 普通なんだけど実は…というパターンではなく、終始なのでね。

一方、本来の主人公である犯罪心理学者の高倉。
ちょっと困ってしまったのが、どうやら この男も真っ当な感覚から少々逸脱してまして。
海外での犯罪事例はダイナミックだと嘲笑したり、犯罪被害者に話を聞くのに「趣味です」と言い放ったり。
どうにも感情移入をしにくい男であって。

その妻である康子は、かろうじて真人間と一部ではあったのだけど、わたくしからすると それも腑に落ちなくて。
隣人がどのように不可解なのかを なぜ夫に伝えないのか?ヤバいと薄々感じながらシチューをおすそ分けに行くのもどうかと思ってしまう。

もっと言うなら、元同僚の野上も何考えてるかわからんし。
同じ区画のもう一件の隣人も不快感極まりないし。

結局見る側のスタンスとして、誰にも感情移入がしにくくなってしまって。
ただの「怪しい隣人に翻弄される夫婦の物語」ではないのだなと。

もっというなら 警察の連中もどうしたものか!?
何かウラがあってのおっちょこちょいなのか、ただのバカばっかなのか。

今作の宣伝文句にも使われているセリフ「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」は そこだけ切り取るとたいへんにセンセーションですが。
本編では その一言で何かが動き出すという事も無いように思えて。
ん〜なんか惜しい。

そうなってくると あとはいろいろアラ探し系になっちゃうんだけど。
西野家の あの部屋は雰囲気はあるけれど、見ようによってはショッカーのアジトっぽくって。普通の家にあんな部屋を作れるのか!?

西野は「僕が犯罪者になっちゃうでしょ!」と自分では手を下さない主義らしいが、すんなり引き金ひいちゃってるし。
そしてラストもあんな不用意に拳銃を渡しちゃうのかと。その結果・・・

全編通して映画らしいイヤ〜な空気が支配してて。それはわりとお好きなのですが。
登場人物全員がこんなだとは。先に言ってくれればそのつもりで見たんだけど(苦笑)

ちなみに原作は もっと登場人物の関連がハッキリしてて、事件としても成立してるようなのだが。
この映画、わたくし的には誰にも感情移入ができなかったなぁ。

その反面、100%キライとは言えない魅力があるのも事実だから困っちゃう。
それから 香川照之さんの“変なおじさん度”が(役者として)素晴らしかったです。

DSC_0995.JPG
「あの人、お父さんじゃありません。お母さんです」
posted by 味噌のカツオ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

神様メール

ジャコ・ヴァン・ドルマル
ピリ・グロワーヌ、ブノワ・ポールヴールド、カトリーヌ・ドヌーヴ
家族と共にベルギーのブリュッセルに住んでいる神様。自宅のパソコンを使い、地上の人々の運命をもてあそびつつ管理する日々。
そんな父親に愛想を尽かした娘のエアが、そのパソコンから余命を知らせるメールを送ってしまい人々は大混乱。エアはそんな世界を救う旅に出る。

この直前に「世界から猫が消えたなら」を鑑賞。
あちらもこちらも、言わば“余命”モノ。そしてあちらは悪魔が暗躍し、こちらは神様が登場。
まさに似て非なる作品だったわけですが。。。

結論から言えば、圧倒的に面白かったです。「神様メール」。
一部で「アメリ」っぽいという感想を目にしましたが、言い当て妙。
女の子が活躍して」、いたずらっぽく人々を幸せにしていくストーリー。ちょっとダークな描写も入れつつでね。

原題の「Le tout nouveau testament」は「新・新約聖書」の意味。事前に“旧約聖書”“新約聖書”のあらましを聞いていたので、より混乱なく映画に入っていけたかな。

神様はブリュッセルのアパートで、古くっさ〜いパソコンで地球を管理していると。
ビール飲んで嫁と娘に悪態ついて。チョイチョイ事故や災害を起こしては、「パンを落とすとジャムの側が床につく」などといった法則を開発。
これのどこが神様だ…などと言っては この物語は、この世界は始まりません。

こんな自堕落な神様オヤジに反感を持つ娘のエアは、既に家を出ていった兄のJC(イエス・キリスト)に相談。
現在の12人から6人増やし、使徒を18人にすれば世界が変わると知り、地上へ行くことを決意。
その前に、オヤジのパソコンから人々の余命が書かれたメールを一斉送信。ついでにパソコンにロックをかけ、オヤジが使えないようにして家を出ていきます。

地上では自身の余命がわかってしまったことで様々な影響が。
ムチャな行動を取るものもいれば、あらためて自分の人生を考え直したり、余命わずかだという人は本当にやりたかったことに向かったり。

そんな人々を救い、助ける やさぐれ天使のようなエア。
やってることはムチャクチャだけど、確かに幸福が生まれていってる感じしましたね。

一方、エアを追って地上に降り立った神様は、ある意味“自分の作ったルール”に縛られ、足を引っ張られ、えらい目に遭います。けっこう笑えます。

やがてエアと出会った少年に最後の時間が近づいてきます。
どんな悲しみが訪れるのか〜というところで思わぬ展開。

やってくれました。神様の嫁さんである“女神さま”が あることをやらかして、それまでに作ったルールが強制終了からの再起動!!

さらにダンナがおらんのをええことに やりたい放題。
地球上がまためちゃくちゃになるんだけど、いちいちオバちゃん趣味が顔をのぞかせて、思いもよらないファンタジーワールドが構築されます。

さすがにこの娘の母親だわ。やってることはムチャクチャだけど、ある意味ではピースフルな世界が出来あがっちゃったみたいで。
たまらない幸福感に包まれる映画でありました。

「旧約聖書」を作ったのが神様オヤジなら、「新約聖書」を作ったのが息子であるJCだと。
そしてタイトルにある「新・新約聖書」を女神さまが作っちゃったってことですか。いいのか!?(笑)

こちらは日本人なもので、生活と共にある聖書とか、心の中にある信仰とか、そういうのは感覚としてしかわからないので。
だからこういうスタンスで楽しめたですかね。アメリカの方が見たら この作品、どう思うのかな。

そもそも大モトの聖書を記したのも、この映画に出てくるオヤジみたいな人だったり…なんてことは言いませんが。
ひとつのファンタジーとして、楽しくって、エッチなシーンも多くって、ハッピーな気持ちになれる一本です。

余談ですが、命知らずのケヴィンに会ってみたいな。生きてたらだけど。。。
posted by 味噌のカツオ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

COP CAR/コップ・カー

ジョン・ワッツ
ケヴィン・ベーコン、ジェームズ・フリードソン=ジャクソン、ヘイズ・ウェルフォード
家出中の少年トラヴィスとハリソンは人気のない空き地で無人のパトカーを発見。2人は面白半分で乗り回し、やがて田舎道で中年女性の車とすれ違う。
自身のパトカーが盗まれたことに気付いた保安官のクレッツァー。なんとか探り当てた警察無線で、パトカーを返すよう2人に警告をするが…

おどろきました。
冒頭に画面に映し出された字幕が“チンコ”“おっぱい”“マ○コ”ですから。映画として前代未聞の導入部(苦笑)
とまぁ、それはさておき。

そもそも僕らは知っているんですよ。
ケヴィン・ベーコンが悪いヤツだということを。ヤバいヤツだということを(笑)
なので 端っからそんな目で この映画を見とるわけですが。

期待は裏切りません!!
そんな期待通りのサスペンス。
やんちゃな少年二人が、悪徳警官に追われていくストーリー。

(無線のみで)顔の見えない相手から追われるとか 脅されるとか。それだけでもドキドキポイントですが。
その対象が少年というのがね。その浅はかなところが またいいんですよ。

マリオカートの知識だけで車を走らせちゃったり、イマイチ停車方法が分からないのか クリープ減少で車が動いてるまま乗り込んだり。
あるいは銃・ライフルの扱い方がね。NHKの「凄ワザ」ばりに防弾チョッキの効果を試そうとしたり。
発射ができなくて銃口を覗き込んだり。
見てるこっちが意味もなくハラハラ。

最終的に一人の少年がケガを負ってしまうんだけど。アメリカの映画って、子供が傷つくシーンってタブー視される風潮もあるので、そういう意味でもちょっと新鮮。
また冒頭でリードしてた子と「F●CK」が言えなかった子とが、ラストではちょっと位置が変わってるようで。

ただのサスペンスというわけではなく、広い意味で成長の物語でもあるのかな。

ちょびっとだけ不満を言うならば、少年たちと悪徳警官の真っ向勝負を見てみたかったかな。
途中でトランクの男、すれ違いのおばちゃんが絡んできて、少々混迷しちゃうのでね。

もうちょっとストレートに「少年vsケヴィン・ベーコン」で恐怖を感じるパートも見たかったです。


ちなみに今作でケヴィン・ベーコンは製作総指揮も担当という力の入れようで。
見た目 老けてきてても、走り方がちょっとダサくても。

やっぱりワルいケヴィン・ベーコンを見ていたいなと。
そう思うわけであります。

DSC_0981.JPG
ベーコンがいい味出してるの
posted by 味噌のカツオ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃

高橋 渉
(声)矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ
誰もが見たい夢を見られるという、夢の世界を訪れたしんのすけたち。思い思いの姿になって楽しんでいたところ、恐ろしい“悪夢の世界”に閉じ込められてしまう。
この事件のカギを握るのは、謎めいた転校生サキ。そこでしんのすけたちはサキと共に夢の世界へ…

「映画クレヨンしんちゃん」シリーズ第24作。
これまでにも傑作が多いこのシリーズですが、今回は小説家としても活躍する劇団ひとりが、監督の高橋渉と共に共同脚本として参加しております。

街中のみんなが同様の夢を見るという事案が発生。ところが、いつしか 大人たちだけが悪夢にうなされるようになっていく。
やがて子どもたちも 楽しい夢を吸い取られ、悪夢の世界へ放り出されてしまいます。

アニメですよ。クレしんですよ。舞台は夢の中ですよ。
そのわりには、構成が少々 雑だったようにも思えました。

意地悪で気の強い転校生を無条件に仲間にしちゃうという部分の説得力とか。
バクを探しに行くのに「どこにいるかわからない」というのは確かにそうなんでしょうが、ちょっと漠然としすぎてるかなとか。
みさえとひろしの童心への返り方が大そう安っぽいとかとか。

欲を言えば これまでのシリーズの名作と比較して、全体のリズム感は決して良くはなかったかな。少々中だるみしてましたし。
などと厳しめに書きましたが、自分の中でも「映画クレヨンしんちゃん」へのハードルが上がっていること。脚本・劇団ひとり への期待が高いことがあってのことですけどね。

実際、所々でのギャグは結構笑えましたし。バク発見のくだりもベタだけどお好きです。
ひろしがツルツルってのは“攻めてるな”と思いましたし。

悪夢の正体・真相はややハードな設定で。
またそのビジュアルも見に来てる子どもたちには ちょっと怖かったかも。

その決着の付け方として「悪夢とはうまく付き合っていく」は、その正体からするとそれしかないよねと。リアリティは抜群。
その反面“退治しました”の完全勝利感が味わえなかったのも煮え切らなかった一因かな。
あるいは もっと露骨に“その分だけ成長しました”という描写があっても良かったか。

最後の決め手を放ったのは みさえで。あの場面はリアルなママたちにはたまらなかっただろうね。号泣でしょう(笑)
その分、しんのすけが汗かいたり 涙したり、そこまでの本気度が見られなかったり、最後はひろしもバイプレーヤー的だったので。
物足りなさで言うならそこなのかな。いやいや、そこまで求めるのは酷でしょうか!?

決して つまらないわけではないけども、圧倒的な突き抜け感はちょっと弱かったという印象。
しんちゃんなら もっとイケるんじゃないかと。貪欲な感想でございます。

最後に、安田顕さんの声が なかなか静かな狂気を孕んでいて。
雰囲気良かったですよ。

DSC_0862.JPG
安心してください。生えてませんよ!
posted by 味噌のカツオ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

コインロッカーの女

キム・ゴウン、キム・ヘス、パク・ボゴム、コ・ギョンピョ
生後間もなく駅の10番コインロッカーに捨てられた赤ちゃん。その後10番という意味のイリョンと名付けられ、やがて仁川のチャイナタウンで闇金業を営む女のもとで成長。
闇金業者として過激な取り立てを行うなか、父親の借金を背負う青年ソッキョンと出会ったことでイリョンの心に変化が訪れる。

掘り出し物の多い韓国映画。この作品も評判が良さそうだったので見てきました。
ただし、仕事との兼ね合いで 結構眠たいコンディションでの鑑賞。

んで、作品のトーンもダークであるし、画面も基本暗めで。正直、眠たかったですわ。
なんとかストーリーには食らいついていけたかな〜という前提で ザックリとした感想。

主人公のイリョン(キム・ゴウン)はいわゆる美人顔ではないけれど、不思議と引きつけられる存在感。
そもそも日本では 若い女優さん主演で、こんなテイストの作品が作られることはありません。
仮にあったとしても、こんな役を演じられる女優がおらんでしょ。

“母さん”役のキム・ヘスも安定感ありました。
決して感情を表に出すことは無いのですが、そこにある凄みがヒシヒシと伝わります。

冒頭、幼すぎる子供たちが このような世界に拾われては捨てられていくという描写。
実際にそういう事例があるのかどうかは知らんけども、なんともいたたまれなかったですねぇ。
ただ、そこから この物語が動き出していくんだけど。そのくだりもインパクトありました。
「同情するなら金をくれ」などとのたまう少女の何倍ものたくましさ。

そうして育った少女…のみならず、何がしかの理由のある者同士で“家族”を形成しているという構図も独特でしたね。

そんなイリョンが取り立てに行った先の好青年ソッキョン。「借金なら返しますよ」というスタンスで。
裏社会の恐ろしさを知ってか知らずか。だけど今どきの若者っぽいよね〜と。
そんな印象だったから、あんな仕打ちをされてしまうとは。例えもキツイけど、戦地で誘拐されて命を奪われてしまう若者の動画とか。そういうのを想起させる、かなりエグいシーンになってたね。

おそらく生まれてはじめてやさしさというものに触れたイリョン。それが故に彼女の生への思いに変化が出てきて…
となるんだけど、当方の集中力が追いつけずなのか、少々ピントがぼやけた印象。

ネタバレになっちゃいますが、母さんがイリョンを養子縁組するという行動にイマイチ重みを感じられずで。
巡り巡ってふたりは実の親子だったとかの方が…
いや、それだとベタ過ぎるか?

とにかく、舞台、展開、世界観。。。
日本では絶対に成功しないタイプの作品ですね。
それに、殴り合い、命のやり取りの場面における殴り方、切り方、動きのパターンはいずれも説得力高いものだったですよ。

DSC_0786.JPG
おなか、すいた
posted by 味噌のカツオ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

これが私の人生設計

リッカルド・ミラーニ
パオラ・コルテレージ、ラウル・ボヴァ、マルコ・ボッチ
建築家として世界中で活躍し、新たなステップとして故郷のローマへ戻ったセレーナ。公営住宅のリフォーム案が公募されていることを知るが、男性社会のイタリア建築業界では彼女が採用されるとは思えず。
そこで自分は助手で設計者は男性だと偽って応募するのだが…

元々はノーマークだったんですが、シネコンでの上映時間のタイミング、そして見た人の評判をチェックして見てきました。

一応ジャンルはコメディとのことで。こちらもフワフワって感じで見始めたんだけど。
冒頭から主人公の生い立ちがマシンガンのように襲い掛かりまして。気付けば現代。

ところが本筋の流れになっても、なかなかその勢いは変わらずで。ガンガンきましたね(笑)

要点としては、とにかくよくしゃべる。圧倒的にセリフが多い。
それからカメラのカット割りも多い。ひとつの場面でも一人ひとりが話すごとに…いや、なんならワンセンテンスごとにカメラが変わっていきます。
その相乗効果もあってか、なんだか映画のテンポ、リズム、転がり方も早い。
だいぶ その勢いに持っていかれます。

さらには、ちょこっとずつオモロイことや、滑稽な設定がインサートされるので、当然ながら退屈せずに楽しめました。

セレーナがバイク盗まれるシーン。叔母の極度のマイペースっぷり。住宅で出会うばあちゃんの一方的さ。
彼女のアルバイト先のレストランの経営者フランチェスコがバーでいきなり踊り出し「あぁそっちなのね」とわかるくだり。
彼の友だちの極端さもニヤニヤ笑えてしまいます。

ある意味 定番なドタバタコメディー的な感じもありつつ、安易なお涙頂戴や大団円に走らないのはやや意外。
でも彼女の等身大の前向きな思考は見てて気持ちがいいし、人は老若男女 何かしら隠し事を抱えているという、はばかられかねない真実を堂々と提示するのも痛快。

もしかしたらハートに訴えかける〜ではなく、勢いだけで突っ走ってる映画なのかもしれないけど、でも それがこの映画の魅力であるのは間違いないです。

「これが私の人生設計」のタイトルで公開されていますが、事前の映画祭内では「生きていてすみません!」の邦題だったとか。
まぁわからんでもないけれど、勢い的には「生きていて〜」の方がしっくりくるかもね。

イタリアらしい早口と強引さで 何がおもろいのかわからんけど、見終わったら不思議な爽快感がを覚えるこの作品。
うん、素直に見て良かった1本でしたよ。

DSC_0755.JPG
あの叔母には隠し事無いか!?
posted by 味噌のカツオ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

キャロル

トッド・ヘインズ
ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン
1952年、ニューヨーク。デパートでアルバイトをするテレーズの前に、娘へのクリスマスギフトを探すキャロルが現れる。
気品に満ちた美しさとミステリアスな雰囲気を醸すキャロルに心を奪われたテレーズ。彼女がクリスマスカードを送ったことで、二人は会うようになり、互いの悩みを知ることに…

今年のアカデミー賞で受賞こそならなかったものの、主演女優賞や助演女優賞などにノミネートされた作品。
アカデミー賞にかかわらず、口コミの評判がよくて女性客でいっぱい。

ただ、わたくしが見たレビューにチョイチョイ“百合映画”みたいな書き方をされていて。
ここに見に来ている客が みな百合なのか?と思わなくもなかったり(苦笑)

とは言うものの、変に同性愛を前面に打ち出した(戦略として)いやらしい作品ではなく。
確かにある二人の女性が愛し合う物語にはなっていますが、そもそも“憧れ”や“好意”が高じてそうなっていくような。ほんとに純粋な愛を感じられる映画でした。

舞台が1952年のニューヨークということで、その当時は同性愛は“病気”と見られていたそうで。
なので周囲の視線や受け止め方。あるいは自身にも罪の意識や葛藤があったのかもしれませんね。
今でこそ“性的マイノリティ”という言葉をつけたうえで認知はされてきていますが。

この映画で描かれる二人の関係が あざとくなく、すんなり見入ってしまう要因とは、ズバリ“品”なんじゃないかな。

ケイト・ブランシェット演じるキャロルの表情、振る舞い、佇まい、いずれも品があるんですよね。
彼女の方から若い女性をたぶらかそうという雰囲気がチョビットでもチラついてたら、その時点で“ただの”同性愛ムービーになってたんじゃないでしょうか。

一方、テレーズ役のルーニー・マーラは不意にオードリー・ヘップバーンを彷彿とさせる瞬間があったりで。これもまた品があるんですよね。

同性愛というのは本当の意味での肉体的快楽を得られないと思うんですよ。だからこそ、より心であったり、想いであったりが際立つんじゃないかな。
だから本当に純粋な恋をしたことのある方なら、この映画の中の二人を応援したくなるだろうし。

そんな二人の愛の物語とテレーズのキャリアも含めた成長の物語。
これは女性客にウケるはずだわと。

ちなみに男性のわたくしが見ても、キャロルの存在は不思議な魅力があって。
そしてルーニー・マーラのヌードシーンの美しさは見入ってしまいましたし。

単なる恋愛映画?
いやいや、退屈させない素晴らしい作品だったですよ。

DSC_0748.JPG
♪クリスマスキャロルが〜
posted by 味噌のカツオ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

クリード チャンプを継ぐ男

ライアン・クーグラー
シルヴェスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン、テッサ・トンプソン
ボクシングの王者であったアポロの息子・アドニス。彼が生まれる前に父は亡くなっていたものの、心の中にある衝動のままにプロのボクサーを目指す。
そこでアドニスは、父のかつてのライバルだったロッキーを訪ね、トレーナーになってほしいと申し出る。

ボクシング映画の金字塔「ロッキー」。1976年からスタートして2006年の「ロッキー・ザ・ファイナル」までシリーズ6作品に渡り、多くの映画ファンに愛されてきました。

格闘ものですから、もうこれ以上肉体を酷使することは不可能ですわ。
ところが!見事なアイデアで「ロッキー」を継続させることになったと。

それがロッキーがトレーナー役になるというもので。
おぉそれならリアリティあるやん。見てみたいやん。
しかも かつてのライバル・アポロの(訳ありな)息子を指導するとは。

また そのアイデアをちゃんと見応えのある作品に仕上げたのもお見事ですね。

クリードを主人公として、タイトルから「ロッキー」という冠も無くすと。
もちろん正統なシリーズではあるけれど“露骨に”ロッキーで売ろうとはしていない。
「あのアポロの息子か?」と そのビッグネームで商売をしようとしていた劇中のエピソードとはえらい違いだねww

ストーリー展開も特別なひねりはないし、オハナシのメインとなる対決もどっちが勝っても〜と思えるものであって。
となれば演技や映像、そして観客の感情を震わせるような要素が大事になってきますわな。

こういったボクシングの映画ってヒーローもののバトルと違って「ファイヤーパーンチ!」的な必殺技炸裂〜みたいな盛り上げはできないわけで。
となれば その枠の中でどれだけファイトシーンを際立たせるかとなるんだけど。

大きく2つの場面。中盤で同ジムの選手との対戦の際、1ラウンド以上を超至近距離からのワンカット映像で見せてくれます。
これは今までのボクシング映画にない見せ方ですよね。

そういうトリッキーな表現を中盤に配しつつ、クライマックスの闘いでは一転。
様々なポイントを拾える表現に収めるという、そのバランスも良かったですね。

左目がふさがってしまい、ドクターのチェックでストップされそうになりながら、それを回避する“トリック”があったり。
そして何より、極限状態で解き放つ「俺は過ちなんかじゃない」というパッションで、一気に目頭熱くもなりました。

今どき“スポ根”というジャンルは流行らないかもしれませんが、ボクシングへの情熱を通して自己の存在を確かめる物語となっているのは、現在の映画だからこそでしょうね。

あくまで本筋はアドニスのものであって。ロッキーはサポートするポジションではありますが、世代交代というのはまさにあってしかるべき問題でもありますし。
そして心広く、なんなら仏か?と言いたくなるようなスタンスのロッキーの枯れ方も絶妙だったと思いました。

親の七光りでもないけれど、ロッキーという看板を外し、今後「クリード」として続編が進んでいくのかそれはわかりませんが。
少なくとも これはこれで見るものに訴えかける作品になっておりますので。
誰が見ても損はない一本だと思います。

DSC_0663.JPG
ボクシングを教えてくり〜ど
posted by 味噌のカツオ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

神様なんかくそくらえ

ジョシュア・サフディ、ベニー・サフディ
アリエル・ホームズ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、バディ・デュレス
ニューヨークで路上生活を送る少女ハーリーにとって、同じ境遇のイリヤだけが心の頼りだった。そんな彼女が彼への愛を証明するため、手首をカミソリで切ってしまう。
仲間から別れることをすすめられるハーリーは、もう一つの支えであったドラッグに溺れていく。

東京国際映画祭でグランプリと監督賞を受賞した作品。
ニューヨークの若きホームレスたちを描いた物語なんですが…

主人公であるハーリー役のアリエル・ホームズは実際にホームレスだったそうで。そんな自身の実情をまとめた小説が原案となっています。
そんな元ホームレスが、ひょんなことから いまや女優として活躍していると。ちょっとしたアメリカンドリームだとか言うと安っぽくなるけども。

この作品に出てくるキャラクターにはモデルとなる存在が実際におられたり。
この映画に出演してるけど、役者ではなく現役のホームレスだったりと。
なかなか変わったカタチで製作された映画なのであります。

そんなわけで、ある意味 ニューヨークで若くして路上生活をしている(強いられている?)若者のリアルでもあるのかな。

いわゆる“物乞い”をするシーンもあれば、仲間内でYoutube見ながら盛り上がってる場面もあったり。そして普通にドラッグが横行してたり。
こっちが考えてるホームレスのイメージとはかけ離れてる感はありつつ。

恋愛や嫉妬や、人の感情は大差はないのかな。
ずいぶんとエキセントリックではあるけども。

とまぁ振り返ってみても、ズバン!と感情移入できたかというと、そうとも言い切れずで。
予想だにしなかった展開もあるにはあったけど、普通の若者要素、ドラッグに溺れる要素、映画としての非日常感、いずれも響きにくいというか。

そんな印象だからこそ、終盤のケータイ電話が花火になる場面にハッとさせられたりもするんだけど(笑)
でもそれだけかな。厳しい言い方しちゃうと。

この作品で特筆すべきは 何気に音楽がクールで。中には日本のシンセサイザー奏者・冨田勲さんの作品も使われておりまして。
ただこれについても わたくし的には、音楽が放ってるパワーと映像とがバランスが取れていないようにも思えたんだよね。

いろいろ正直な感想を書きましたが、間違いなく言えるのは東京国際映画祭でグランプリと監督賞を受賞した作品ということでありますので。

DSC_0630.JPG
とんでもねぇ、あたしゃ神様だよ
posted by 味噌のカツオ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする