2016年11月04日

ベイブルース 〜25歳と364日〜

高山トモヒロ
波岡一喜、趙a和、安田美沙子、小川菜摘、石田えり
漫才師を目指す河本は、高校の同級生である高山と共にNSCの門を叩く。卒業後はコンビ名を“ベイブルース”とし、新人賞を次々と獲得。将来を嘱望されるコンビとなった。
しかし 1994年秋、河本はテレビのロケ中に体調不良を訴え、入院を余儀なくされる。

ベイブルース。河本栄得と高山知浩のコンビ。
高校卒業後にNSCへ。雨上がり決死隊、トゥナイトのなるみ、ナインティナインの矢部浩之の兄・矢部美幸らが同期の7期生。
卒業後は様々なコンテストで受賞するなど若手芸人として頭角を現していきます。

印象として、河本はネタに対して結構厳しかったとか。一方の高山はポーッとした雰囲気で。
当時 ネタも見たことあるし、名古屋でレギュラー出演してた番組もあって、それとなく馴染みはあったんよね。

あるとき、ふとその番組を見たときに河本の訃報を聞きまして。
追悼VTRが流れ、高山が悲しみを感じさせることなく「河本〜ネタ帳、どこにあるんや〜」と訴えかけてたのを覚えています。

それから20年が経って、2014年に公開されたこの映画。
気になってたんだけど、DVDではありますが やっと見られました。

ちなみに誕生日が1968年11月1日。そして1994年10月31日が命日と。
ちょうど今ぐらいの時期だったんだね。

映画としては、決して面白い感じでは。そのまま二人のヒストリー。
もうちょっとユーモア入れるか、泣かせに走ってもよかったんじゃない?と思わんでも。

でも本職の監督でもないし。高山さんやし(苦笑)
それに倒れてから亡くなるまで2週間ぐらいと。泣く余裕も無いままだったのかな。

少々失礼なこと言うならば。これはこれで ひとつのメモリアルであって。
芸人としてのベイブルースを偲ぶのであれば、実際のネタを見たい思いもあったりして。

そんなこと思ってたら、エンドロールの際に ネタの音声が流れましたね。
テンポも早くて勢いのある漫才やってたんだなと、あらためて思わされました。
これが20数年前なんだよね。

劇症肝炎による脳出血。25歳と364日。ベイブルースとしての活動期間は6年も無いぐらいなのか。
もし存命だったら…とか言うのは野暮なことだろうけど。
もっと見たかったよね。ベイブルースの漫才。

今となっては、こうして思いを馳せることが、せめてもの…かな。
posted by 味噌のカツオ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

PK

ラージクマール・ヒラニ
アーミル・カーン、アヌーシュカ・シャルマ、スシャント・シン・ラージプート
留学先で大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー。ある日 地下鉄で黄色いヘルメットを被り神様の絵に“行方不明”と書かれたチラシを配る男と遭遇。
テレビのネタになると思い男に取材を試みると、彼は途方もない いきさつを語りはじめるのだった。

「きっと、うまくいく」の監督と主演が再タッグ。となれば、この作品も“きっと うまくいく”のではないかと。
そんな期待を込めての鑑賞。

事前情報でわかっていたのは、謎の男がインドで神様を探す…という一点。さすがにそれだけでは内容が全く読めないんだけど。
しかし 冒頭からとんでもないものが飛んできてビックリ!

これ最初のシーンでわかるのでネタバレ感に乏しいので書きますが、主人公は宇宙人なんですね。
それもあって地球上のアレコレに変な解釈をしたり。神様や宗教観が全く理解できていなかったり。おまけに あのギョロ目に大きな耳も合点がいくかな。
そのトンチンカンな振る舞いから「PK(酔っぱらい)」と呼ばれるようになります。

すると今度は いきなり舞台はベルギーへ。
テレビ制作に携わるのが夢というジャグーのパート。
彼女と恋人の存在。父親との関係。この辺りが描かれます。

それからインドに戻ったジャグーがひょんなことから PKと出会い、彼の主張に共鳴。それを訴えていくわけですが…

その主張というのは、神とは何か、宗教とは…信仰とは…
そもそも人口も多く、近隣諸国との関係から その辺りの問題はデリケートな部分もあるとは思いますが。
我々日本人はクリスマスで騒ぎ、正月には初詣に参り、近所の仏様にも手を合わせる。そもそもがフランクな(?)信仰スタイル。

なのでこの映画のタブー感や不可思議な事情は肌感覚で理解はできないのかもだけど。
でも もちろん言いたいことはわかります。そこはさすがに。

そのうえで言うならば、やはりこのストーリー展開で2時間半は長かったかな。全般的に冗長な印象はぬぐえなかった。
んで コメディの線にしても、そんなにバカバカしく笑える感じも少なかったか。

もしかしたら PK=宇宙人 というのをもっと隠しておくとか、留置所での回想シーンで観客に明かしても良かったんじゃないかな。

全体を通して、グッと感情移入できる感じでもなかったし。
終盤のネコと手紙のエピソードも「うまい」とは思ったけど、それほど泣けはしなかったしね。

前作の「きっと、うまくいく」からの流れで期待をしちゃってましたが、う〜ん やっぱそんなにうまくはいかないか!?
わたくし的にはいくらか長く感じた2時間半でした。

DSC_1359.JPG
インドでは そんなに車も踊ってるの?
posted by 味噌のカツオ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

淵に立つ

深田晃司
浅野忠信、古舘寛治、筒井真理子、太賀
小さな金属加工工場を営む鈴岡家に 夫・利雄の旧友・八坂が現れる。利雄は彼を雇い入れ、自宅の空室を提供。誠実で礼儀正しい八坂の姿に、妻の章江も、娘の蛍も彼に好意を抱いていく。
しかし八坂は 家族に残酷な爪痕を残し、姿を消してしまう。

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞作。
こう言ってはなんですが。決してメジャーな監督でもないし、有名どころも浅野忠信しか出ていないし(しかも前半でアウェイ)。
しかしながら映画としての見応えは超・ヘヴィー。

もちろんクオリティの高さと後味の良さは必ずしもイコールではないのですが。

夫、妻、娘。ある意味 平凡な家庭に、素性のしれない男がやって来ます。
そうは言っても 我々観客的には“絶対に怪しい”感を受け止めながらでありまして。
変な話、家族に浸透していくくだりは 眠気すら漂ってきちゃったんだけど。

そして中盤。案の定 その奥に隠された、もうひとつの顔をあらわにしていきます。
“やっぱりか”というところでもあったんだけど。

しかし その男の残した傷というのが、いくらか想像以上の酷さを伴っていて。
やぁ、見ていて、ひたすら辛かった。

夫は男を探し出して、せめて真相を聞き出したいと願い。妻は 過去は忘れて前に進みたいと願い。
そんなところに、男の“手がかり”が示されたことで…

この手の作品って、どこかに救いなのか希望なのかあるものだけど。この映画には それが無いのかな。
しかも、元々あった幸せを壊すではなく、元々絆があったのかすら怪しく見えて。

初めから危うかった家族というコミュニテイ(厳密には夫婦関係か)を、さらにズタズタにしてみせるような。
なんなら よくもまぁこんな残酷な物語を書けるよなと。そこまで思っちゃうね。
ちなみに原作は深田晃司監督自身の小説ということですが。

役者陣は全員素晴らしかった。
あの飄々とした雰囲気と怖さの中間をキープした存在感は浅野忠信にしか出せないかも。
古館寛治さんは サブのポジションが多いし、メガネとヒゲに隠されたぼんやりしたキャラが大半なんだけど。今作では 見事に話の軸となっておられて。

そして筒井真理子さんの前半に見せる色気を残した母親としての顔。そして後半は娘を思うがあまり心身ともに変わり果てた姿を披露されてて。
なんでも8年後の撮影に入る3週間のインターバルの間に13kg体重を増やしたそうで。
あの変わりようは強烈な説得力を保ってみせましたね。

ストーリーの鍵となる難しい役どころだった太賀くんも良かったですね。
イケメンでないと見向きされない世の流れはありましょうが。彼のような一見 普通の若者で。しかも芝居の上手いのは今後注目ですよ。

まぁ演技が上手いとは言いましたが。正しくは振る舞いやセリフが不自然じゃないという感じで。
太賀くんも古館寛治さんも ふとした瞬間に上手さを感じさせるんよね。

前半と後半の8年の間に、この家族に何が起きてどんな変化があって。
その描かれていない部分が伝わるから、見ていてより辛くなってしまいます。
でも やっぱり、初めからつながりは薄かったように思うけどなぁ。

DSC_1284.JPG
早食いは刑務所の名残り
posted by 味噌のカツオ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

ハドソン川の奇跡

クリント・イーストウッド
トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、オータム・リーサー
2009年1月15日、真冬のニューヨーク。その上空で旅客機が事故により全エンジンが完全停止。しかしサレンバーガー機長の瞬時の判断で、ハドソン川への着水を敢行。乗員乗客155名全員無事という奇跡の生還を果たす。
一躍 国民的英雄として称賛を浴びる機長だったが、彼の判断を巡り、国家運輸安全委員会の追及が行われることに。

“名匠”イーストウッドの新作は、2009年に起こった USエアウェイズ1549便不時着水事故、通称“ハドソン川の奇跡”の映画化。
主人公は旅客機の機長なのですが、トム・ハンクスはそのイメージ打って付けですな。わたくしの印象ではね。

バードストライクにより全エンジンが停止。マンハッタン上空850メートルという低さで空港に戻るのはリスクが高い。そこで最善の策としてハドソン川への着水を決意。
その着陸の技術も素晴らしく、乗員乗客155名全員無事に着水に成功したという。

もちろんそれだけでも十分なドラマですが、今作はその後に そんな危険なことをせずとも、近隣の空港に戻ることも可能だったのではと。
奇跡のヒーローから一転、乗客を危険に導いた機長として、国家運輸安全委員会から審問を受けることになっていくと。

そこまで書いても、映画としては 決してそんなに壮大なストーリーではないかな。
それに状況が大きく変わっていく際のポイントも驚くような“ひらめき”ではないし。
ただし その顛末の見せ方、構成が素晴らしく、なおかつ96分というコンパクトな尺に収められていることもあり、見終わると実にスッキリ。
それも含めてイーストウッド監督の手腕と言うべきか。

さて 当然ではあるけど、映画の山場となるのは着水から救助までの“再現フィルム”パート。
もちろん史実としてわかっている以上「助かるのかしら?」というドキドキはないのだけれど。
それでもね、見ていて思わず目頭が熱くなる感覚を覚えたんですよ。

乗員乗客ら、そして救助にあたった人たちの「全員無事に助け出す」という姿勢。その描写がたまらなかった。

ニューヨークという街…そして飛行機…とても辛い出来事を乗り越えてきているんですね。
それらを体感してきた人々の思いと言っても良いのかわかりませんが、少なくともわたくしには“9・11より成熟したNYの心”を感じてしまったんですね。あの救助シーンにね。

今作のエンドロール・キャストの中に“himself”もしくは“herself”という表記がいくつかありました。
すなわち、実際に当時の事故に関わった本人が、今回の映画にも 本人役で出演されておると。
それもまた、この映画のリアリティにつながっているのかな。

さすがはイーストウッド作品。
大作感はなくとも、しっかりと「素晴らしい洋画を見られた」という思いを残してくれますね。

DSC_1262.JPG
“Hudson”ってゲームメーカーあったよね
posted by 味噌のカツオ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

ファインディング・ドリー

アンドリュー・スタントン
(声)室井 滋、木梨憲武、菊地 慶、八代亜紀
「ファインディング・ニモ」から1年後の世界。なんでもすぐに忘れてしまうナンヨウハギのドリーだったが、ただひとつ忘れなかったのは“家族の思い出”であった。
ドリーはかすかな記憶を頼りに、ニモとマーリンと共に家族を探す旅に出る。

「ファインディング・ニモ」から1年後の設定。とはいうものの、現実世界では13年も経っておりましてな。
「ニモ」も見てるけど、さすがにあまり覚えがないのだが(苦笑)

そういった細かいことは抜きにして、率直に今作を見た感想は…やっぱり わたくしにはダメだったわ。
ストーリーとしては、両親とはぐれてしまったドリーが、周囲の助けを得ながら家族と再会するまでを描いたものですわね。

ハッキリと明示はされてこそいないけど、ドリーは記憶障害なのかな。
症状としては 細かな記憶が続かない〜というものですが。

わたくし的には あれだけベラベラしゃべって、一カ所にジッとしていられなくって。
多動性障害?アスペルガー?いろんな見方ができるかとも思ったんだけど。

幼少時に親と生き別れて。それなりに成長した状況から映画は展開。
あんなに記憶のままならないヤツが、そこそこ大きくなるまで放浪していたってのも少々心配なのだが。

周囲には優しい生き物ばかりで。わりと普通に、ドリーはドリーとして接しているんだけど。
どうなのかな、記憶障害のある子には それ前提で応対しないと、いくらかまずいことになりゃしないかと。その点から考えて、マーリンが怒鳴ってしまうシーンなんてのはリアリティありましたね。

それはさておき、わたくしが映画としてツラいなと感じたのは、展開の早さとセリフの多さ。
登場人物(?)は皆よくしゃべる。それでいてドリーが「忘れちゃった」で話を止める。
映像的にも あっちの海から こっちの水槽まで、どんどん転がっていきます。

そのくせ、決して大きな事件が起こっていないんじゃないかと。
その中に“悪役”が登場するでもなく。基本的に主人公が迷路の中をグルグル回るお話で。
それを あのペースで見せられ、あのペースでしゃべられて。
疲れた〜を通り越して ちょっとアタマ痛くなってきたし。

そして終盤のカーアクションのパート。ワシ、こういう道徳無視をまるで美談のように見せるのは大キライで。
あのカワイイ ラッコちゃんたちを盾にしてトラックを止めたり、タコに車を暴走させて逆走させるのは大迷惑でしかないのだが。

そんな大パニックの果てに、感動の再会はちょっとノリきれなかったよね。既に頭痛だったしさ。

エンドロール後のエピローグも、そういうことなのかな〜はわかるけど、イマイチ本編のテーマとリンクしていない蛇足な印象が拭えなくて。
それ自体は良いことなのはわかるけど。

序盤に 舞台のお芝居の演出っぽいなってのはちょっと考えたけど。あまり意味ないことだけど。
結果的に、これだーって場面が印象にない。

強いて言うなら、八代亜紀って何回言うねんと(笑)
これはいい意味でのインパクトだったか。
あとマーリンが木梨憲武というのをエンドロールで見てビックリしちゃった。

ぶっちゃけ、起承転結で言うなら、最終的にドリーがパパとママと再会を果たすのは…織り込み済みなわけなんですよ。
なので そこに至るまでの部分にサプライズ的な何かが欲しかったか。

あるいは ああいうキャラの子ならではのメッセージが欲しかったかな。
むずかしいかもしらんけどね。

DSC_1024.JPG
ベッキーは汚名返上できたかな?
posted by 味噌のカツオ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

FAKE

森 達也
佐村河内守
2014年にゴーストライター騒動で話題となった佐村河内守氏を追ったドキュメンタリー。

様々なメディア、様々な業界で話題となっている作品。
名古屋地区での公開初日に見てきました。しかも監督のトークショー付きで。

タイトルの「FAKE」を一般的に訳すと 偽造、見せかけ、いんちき の意ではありますが。
奇跡の作曲家と言われた佐村河内守とは、はたしてどんな存在なのか。

この佐村河内氏を見ていると、やはりどこか胡散臭く見えてしまいます。
そうなると 映像のどこかに“アラ”があるんじゃないかと、余計に意識を集中させて見入ってしまいました。

佐村河内氏と妻と猫が暮らすマンション。
タバコを吸いにベランダに出ると、電車の音、遠く聞こえるバイクの音、あるいは様々な生活音。
これらの音も 彼には聞こえていないのか?

部屋は終始薄暗く。
これは途中でわかったんだけど、目が悪いので強い光が苦手なようで。

そんな薄暗い中での食事シーン。
奥様の作ったハンバーグに手をつけることなく、ジョッキに入った豆乳を黙々と飲み続ける佐村河内氏。
劇場内、妙なクスクス笑い。

そんな感じで、ほぼほぼ全編、緊張感と何とも言えない“ユルさ”が漂っていました。

冒頭の監督によると、描きたいのは佐村河内氏の怒りではなく悲しみだと。
様々なメディアが、彼を起用したいと、取材したいと訪れますが。
確かに その行く末は、どこか悲しげな着地点となります。

そこで監督は彼にある提案をいたします。ある意味 驚きの提案。
その代わり「僕も映画ができるまでタバコやめますよ」と監督。
これにはニャンコも目を丸くしてビツクリ(笑)

これがいわゆる「ラスト12分間の衝撃」につながっていくのですが・・・ネタバレになってしまうので細かくは言えないけれど。。。
わたくし的には それがとても神々しい光景に映ったのですが。

この映画を見終わって。
ホントに十人十色ではないけど、見た人それぞれで引っ掛かるポイント。感じる事。彼が聴こえているのか、いないのか。
様々だと思いました。

「監督も以前取材されたプロレスもガチなのか八百長なのかが着いてまわります。でも良い試合を見たら、そういう論調はどうでもよくなります。
佐村河内氏がホンモノなのかFAKEなのかも、ラストのアレを聴いちゃうと、どうでもよくなります。
そのうえで、今の社会ってどうにも白か黒かをつけたがりで、FAKEが入り込む隙が無いんじゃないかと。
この作品は、そういったことへのメッセージにも思えました」

上映終了後、パンフにサインを入れてもらいながら、わたくし監督に直接感想をお伝えさせていただきました。

その帰り道。その自分の言った言葉を また一歩引いて考えると。

もしかしたら 佐村河内氏の残した素晴らしきアレも、実はFAKEであって。ガチじゃないのかもしれないね。
それに、この映像に残されていない部分で、打ち合わせや演出を施しているのかもしれない。
そうだとすれば、それを知るのは、たぶん、猫だけなのかも(笑)

まぁ仮にこの作品全体がFAKEであったとしても、素晴らしい“ドキュメンタリー映画”を見た事実は変わらないわけで。
これを糾弾したり、穿った見方をするよりも、全てを飲み込んだうえで 各々が意識するべきなんでしょうね。

結局 佐村河内氏が怪しいとしてですよ。
この鑑賞後に あらためて全体像をよーく見てみると、新垣氏やジャーナリストの神山氏も“同じくらい”胡散臭く見えます。
率直な印象です。

DSC_0994.JPG
監督、ケーキいくついただいたん?
posted by 味噌のカツオ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ

トッド・ストラウス・シュルソン
タイッサ・ファーミガ、マリン・アッカーマン、ニーナ・ドブレフ
母を亡くしてから3年。マックスは女優だった母が出演していたホラー映画の上映会に誘われる。
しかし上映中に映画館で火災が発生。スクリーンを切り裂いて逃げようとしたマックスたちは、なんと映画の世界へ入り込んでしまう。そこで当時の母と再会を果たすマックスだったが、殺人鬼も現れて…

日本未公開作品ですが、一部でなかなか話題になっていましてDVDにて鑑賞。

こういったホラー映画はいろんなスタンスで作られております。
でも それとなくお決まりのパターンが「あるあるネタ」として語られることはありますね。
そういうのって 日本でもアメリカでも変わらないのかな。

また それを逆手に取って、ネタとして映画に取り取り込むのもよくありますが。
この映画は その組み込み方が、設定が上手いですよね。

ホラーテイストであり、それを逆手に取ったコメディであり。
んで異世界に入り込んでしまうファンタジーであり、見せ方としてはタイムリープものにも通じる部分も。

要は、映画ファンであれば このプロットを聞いたら自然とワクワクしちゃうよね。

それでいて展開は普通に面白いし、そこに絡むギャグ(アドリブ?)もいい感じで笑えます。
かと思えば、ママとか娘とかを織り込んだ会話に ジワっと胸がアツくなったり。

一部キャスティングの(B級を下回る)C級感が惜しい気もするけれど、そこはご愛嬌か。
そしてラストも“予想通りの” To be continued で、十分満足。

どうかするとドキドキ感ゼロで、ただビックリさせるだけのホラーとか、設定に凝り過ぎてしらけてしまうような作品も無きにしも非ずですが。
そんなの見るぐらいなら、余程 今作の方が楽しめますよ。
いや、これはこれで素晴らしい作品です。お見事!
posted by 味噌のカツオ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

ヒメアノ〜ル

吉田恵輔
森田 剛、濱田 岳、佐津川愛美、ムロツヨシ
ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田は、同僚からカフェの店員ユカとの恋の橋渡し役を頼まれる。
そのカフェで高校時代の同級生・森田と出会った岡田。ユカは森田からストーキングされていると岡田に相談。その流れで告白された岡田は、なんとユカと付き合うことに。
思いもがけない幸せな日々が始まったかに見えたのだが…

V6の森田剛主演。そしてジャニーズ事務所も製作に関わっている作品。
でも 自分らが若かった頃のアイドル映画の在り方と、今現在のそれとは全くモノが違いますね。

V6をアイドル扱いしていいのかは知らんけど、少なくとも劇場には 普段見ないような若い女性がとても多かったです。
んで、そんな娘たちがこの作品を見て、どのように思うのか、感じるのか。もしかしたら「見なきゃよかった」ってぐらい、エグい場面もあるんだけど。
一応 R15+ ではあるんだけど、R18でも…みたいな部分もあります。

その一方で、一般の映画ファンの多くからは高評価を得られる仕上がりだと思います。

予告編を見ていたら、この作品のおおよその展開は認識してましたが。この本編だからこそ成し得たその演出がありまして。それがタイトルの出るタイミング。
この作品なりの2重構造だからこそですが、あのタイトルの出た瞬間は「おぉっ」と、ゾクッとなりましたもんね。

とにかく前半のラブコメパートは普通にバカバカしくて微笑ましい。
安藤さんとユカちゃんが岡田をはさんで絶叫する場面、あれは秀逸(笑)

そんなオモシロ要素を引っ張るムロツヨシ。
「変態仮面」の大金玉男ともかぶるかのようなおかしさで。でも あんなしゃべり方で、あんなプラス思考(?)のキモい人、今どきはありえそうで。
これ以上 過剰なキャラになっていたら、逆にリアリティを逸脱していたんじゃないかな。
その おかしいけど、ギリギリあるってのは大切なポイントですわね。

そしてヒロイン役の佐津川愛美がまた良かった。
有村架純に負けず劣らず、無条件にかわいい。岡田との恋人モードはあざと過ぎるかわいさ。あんな風に迫られたら、見つめられたら、そりゃ落ちますよと。
欲を言えば、もうちょっと見たかったなと。。。
ホントに欲なんだけどね(苦笑)

安藤、ユカ、そして森田と直接絡む岡田。
おどおどした態度に 安定の童貞感も濱田岳にはハマり役…と言っては失礼か!?

そしてなんと言っても森田役の森田剛が凄かったね。ホントに感じ悪かった。ホントに怖かった。
あの口を尖らせたような稚拙な口調で「初めて来たんだよ」だの「タバコ吸ってないよ」だの、取り繕うだけのウソを言う描写も上手かったし。

様々な場で狂気を振るう演技も素晴らしく怖かったし。
「殺してからヤったっていいんだぞ」などとサラリとのたまう鬼畜なキャラクターが、(良くも悪くも)たまらなかったですね。

そんな岡田と森田(V6じゃないよ)の対比も興味深くって。
同じ高校出身で、同じゲームで遊んでいたけれど、今の二人は全く別の存在であって。
でも着てるものは色こそ違えどパーカーだったり。
全く違う行為だが、女性とバンバンやってたり。

似て非なる存在とも言えるし、どこかに共通項があるのかもしれないね。

そんな二人が直接 相対することになるラスト。
岡田を人質状態にして、刃物を持ったままハンドルを握る森田。
ところが 目の前に犬の散歩をしている人を避けようとしてクラッシュ。

正直、この森田であれば そんなもん跳ね飛ばして進むだろうが!と腑に落ちなかったんだけど。
その後に、グッと感情をわしづかみにされるラストシーンが待っています。
すんなりとした後味の悪さが、一瞬で青臭く揺り戻される感じ。
やられましたわ。

ちなみに原作は古谷実のコミックス。
そちらとはアプローチや行き付く先はだいぶ違うようですが。
この映画版、これはこれで語れる作品になっております。

笑えて、ときめいて、恐怖におびえて、ちょっと泣ける…
ある意味で 今の邦画のパワーを再認識できると言ってもいい一本かも。

決して万人にはおススメはできないけど、間違いなく見応えはありますな。
とにかく森田くんがサイコで最高です!!

DSC_0962.JPG
スマホはソフトバンクであってほしいな
posted by 味噌のカツオ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

福田雄一
鈴木亮平、清水富美加、柳楽優弥、ムロツヨシ
姫野愛子のパンティをかぶり、変態仮面として悪と戦う色丞狂介。しかし複雑な思いに苛まれ、愛子は狂介からパンティを返してもらう。
時を同じくして世界中のパンティが消える事案が発生。未曽有の危機が訪れる中、変態仮面の前に最強の敵が現れる。

3年の時を経て、帰ってきました変態仮面。
鈴木亮平、清水富美加も前作から引き続きの出演。「もうそこそこ売れましたから、今さら“変態”でもないでしょ」などというスタンスは取らず、続投というわけで。
なんといっても2人にとっての出世作ですからね。黒歴史だなんて言わせないぞー!

それだけ時は流れ、2人が高校生から大学生になった事以外、全体の設定はほぼ同じ。
続投のキャストもいれば、柳楽優弥も参加というわけで。

何と言いますか、設定は変態だけども、こういう おバカな作品に出たいという役者サイドのニーズもあるんでしょうかね。それなりに(苦笑)

一方 見る側は、小難しいことは抜きにして、そのまんま この世界観に身を委ねるべきでしょうな。
世界中からパンティが無くなるという設定。各人のゆるいキャラクター。バカバカしい会話。
男女のスキンシップを願うではなく、あくまでパンティにこだわる変態加減。
いずれも 受け入れて楽しんで、ところどころでクスっと笑ってね。

“おいなりさん”ネタもバンバン。それはパットではなくバットだとかも良かった。

何だかよくわからんけど「モテキ」到来のわっしょい わっしょいのシーンであったり。
変態らしく縛り用の縄でビルの谷間をすり抜けていく演出も個人的にはお好きですよ。

なんなら今度の「アベンジャ―ズ」の端っこの方にコイツが見切れちゃってたりしたらサイコーなんだけど。
さすがにマーベルはそこまでウツワ、でかくないだろうな。

冗談はさておき、ちゃんと及第点の「変態仮面」だったと思います。
なんならパート2で大きく評価を下げるシリーズものが多い中、及第点をキープしたデキになっているのはお見事なのかも。

欲を言えば、もっと屋外でのバトルシーンを多くして「この格好でロケするの、恥ずかしいだろうな〜」と思わせるぐらい。作り手全体の辱めを感じたかったよね。

さて わたくしごとではありますが、この前日に「ディストラクション・ベイビーズ」を鑑賞しておりまして。
そちらでの柳楽優弥のキャラクターがなかなかキツいものがありましてねぇ。

それもあって、序盤に柳楽優弥出てきたときに「うわっ、絶対に殴られる!」と・・・
正直、頭ん中プチ混乱でしたわ(苦笑)

でも「変態仮面」→「ディストラクション〜」の順番の方がダメージがでかいかも。
posted by 味噌のカツオ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

バンクシー・ダズ・ニューヨーク

クリス・モーカーベル
2013年10月。覆面アーティストのバンクシーが1ヶ月に渡って、1日1点の作品をニューヨークの路上に発表するという。そのゲリラ的アート活動を追ったドキュメンタリー。

バンクシーという名前は「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」という作品で触れております。あれが2011年の8月ってことで、もう5年弱も前なのか。

その素性が全く分からない覆面アーティスト・バンクシーが1ヶ月間ゲリラ的に作品を展示させると。
ただし それがニューヨークのどこにどんな形で現れるのかはわからないという事で。

作品を見たいという人々はSNSを駆使して情報を集めたり、あるいは街中を駆け回って作品を探すと。
そんなアート活動を追ったドキュメンタリー映画だったわけですが。

しかしこれはこれで様々な波紋を呼びまして。
ストリートや私有地へのグラフティアート(いわゆる落書き)は そもそもが犯罪行為で。
まぁこのシリーズの最初の作品でバンクシー自身もそれをテーマにしてたりするんだけど。

とにかく そんな作品を見たい人もいれば、犯罪行為だとして発見次第塗りつぶしたり、バンクシーの創作に否定的な面々はその作品の上からスプレーをかぶせたり。
そんなわけで せっかく展示されても3〜4時間で姿を消される作品もあったり。
それを持ち帰っては ひと儲け企む輩がおったりといろいろ。

そういった作品群にはグラフティアートもあれば立体のものも。はたまた車で移動しながらなんて作品も。
そもそもアートというのは形や枠にとらわれず、何がしかを訴えかけるもの、あるいは感じてもらうもの。

映画の中でも これらがどのような意図でもって製作されたのか解説する人もおったけど。
バンクシー自身も社会への風刺的なメッセージもあるようですがね。

そうやって見た人次第で捉え方が様々なのがアートだけれど。
ある日、露天商が匿名でバンクシーの作品を60ドルで販売するというのがありまして。8枚売れたのかな。
その後に、バンクシー作でしたと公表したことで、それらが25万ドルの値が付くなんてエピソードも。

そういうのを見ると、ん〜結局は作品うんぬんではなく、作家次第で価格・価値が決まっていくってことなんじゃんと。
もちろんこれまでに素晴らしい作品を残してきたから名前が上がっているというのも事実だろうけど。

良し悪しはさておき、そんなアートの価値というのも曖昧なもんだなと思ったりしてね。

そんな作品の数々を一度に見ることができるという意味では、やっぱりこれはこれで面白いもので。映画で見るミュージアムとも言えるかも。
もしTOKYOで こんな風にゲリラ的に作品を“投下”するアーティストが出てきたら。それはそれで賛否巻き起こるかな。
そういう反応も含めて、世間に波風立てるのもアートの一面であると思うけどね。

ってか、そうやって世間を巻き込めるアーティストという存在がいないか!?日本には。

DSC_0937.JPG
アサ?ヒル?バンクシー!!
posted by 味噌のカツオ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

パリよ、永遠に

フォルカー・シュレンドルフ
キャストアンドレ・デュソリエ、ニエル・アレストリュプ
1944年8月25日未明。コルティッツ将軍はヒトラーからナチス・ドイツ占領下のパリの破壊命令を受ける。
標的はセーヌ川に架かる橋の数々、ノートルダム大聖堂、ルーヴル美術館、エッフェル塔…
スウェーデン総領事のノルドリンクは計画を阻止すべく、コルティッツを訪問する。

1年ほど前に劇場で予告を見て気になりつつ、見落としていたのでレンタルDVDで鑑賞。

わたくし自身、パリには行ったことありませんで。
それに そもそも歴史にも大そう疎いので、第2次世界大戦についてもそんなによくはわかっていない。
それでも、いや それだからこそ、こういう映画で史実の一端に触れようかなと思った次第。

美しいパリの街。しかし 実際にはそんな危機が迫っていたと。
誰もが知るパリの名所たる名所、全てを爆破、焼き尽くさんとする恐ろしい計画。
もちろん“美”としての視点もそうですが、そこには多くの人も存在するわけで。

アドルフ・ヒトラーからの指令。
家族を人質のように取られてしまったドイツ軍将校。その命令に背くことは自身の、また家族の命にも関わってきます。

一方、パリ生まれパリ育ちというスウェーデン総領事。
誰に頼まれたわけでもなく、ただ純粋に この美しきパリの街並みを守らんとするその思いから将校の説得を試みます。
しかしタイムリミットは刻一刻と近づいていきます。。。

結論から言うと、計画は実行されなかったんですよね。だってパリ、今もそのままあるから(苦笑)
その中で どのような説得と駆け引きが行われたのか。というところですが、取り立てて大胆な〜という風でもなく、わりと現実的でノーマルな印象。
それより“隠し階段”とか“ミラー”の設定のが気になったりして。

基本的に密室での会話劇。
原作は舞台で上演された芝居と聞くとそれも納得。
その分 映画のフィールドで見ると、少々物足りない感はついてまわりますが。

本編とは関係ないんだけど、冒頭に荒涼とした廃墟の古い映像がインサートされます。
まさに戦争の跡なんでしょうかね。

その国の人々が作りあげた街であり文化というものを、戦争の名の下に異国の者が焼き尽くしたという証なのかな。
あの映像が そのまま複雑な思いとして残りましたです。

DSC_0830.JPG
パリパリ伝説
posted by 味噌のカツオ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

ビューティー・インサイド

ペク
ハン・ヒョジュ、パク・ソジュン、イ・ジヌク、上野樹里
18歳のときから目覚めると老若男女…外見が変わるようになってしまったウジン。人に会う仕事ができないため、インターネットを駆使して家具デザイナーとして働いていた。
ある日、家具屋で働いているイスと出会い、次第に心を奪われていったウジン。イケメン姿となった日に意を決してイスをデートへ誘う。

元々は現在29歳の男性なのだが、ひとたび寝て目覚めると全てが変わってしまうウジン。
その代わり方たるや年齢、性別、国籍も様々で。

そんなトンデモ設定ではありますが、そんなファンタジーをそのまんま進めていけるのが映画の良いところ。
その設定をいかに不自然さを感じさせず見せられるのかが作り手の手腕ならば、我々もそこにどれだけ感情移入できるかが楽しむポイント。

基本はラブストーリー。
彼女にしてみれば 心は同じであることは大前提。それなら今日はどんな姿になっているのかを楽しむのも一興。
とはいうものの、それが毎日続くとなると さすがに不安になっていきます。
職場の同僚からは「あの娘、いつも違う男と…」なんて良からぬ声も出てきます。

それらを乗り越えて、果たしてそんな奇妙な男性と付き合えるのか。

もしも自分がウジンの立場だったら、彼女とどう接するか。
自分がイスの立場だったら、変わらず彼を思い続けられるか。
いろいろ試されるなぁと思いつつ。

でも、でも 究極的にはね、日々同じ姿であっても愛し続けられない関係だってあるわけじゃん。

ふと そういうことを考えるとね。
ある意味 これはこれで、シンプルでピュアな愛の物語であるのかなと。
やっぱり観客が試される映画なんでしょうな。

恋する日々のなかでイケメンもあればハゲる日もあり。子どもにでもなればおじさんにもなる。
ただしキーとなる日は わりとイケメンの時が多かったような。

もちろんイケメンの日だからこそ勝負できるってのもあるだろうけど。決定的な日にブサメンってのはなかったのは・・・
ラブストーリーだからね。コメディじゃないからかね(苦笑)

国籍までも変わっちゃうという中で、日本からは上野樹里が参加。
以外とターニングポイントとなる日の設定だったのはちょっと嬉しかったです。

イス役のハン・ヒョジュは 中森明菜さんをスラリと若くしたような顔立ちで美人やったですね。
あんなキレイな人が大塚家具におったら、やっぱ通いたくなるわね(笑)

さてさて、エンドロール時に もう一つの物語がありまして。
う〜ん、さすがに親子なんだねぇ〜と思いました。

DSC_0819.JPG
パスポートの写真とか、どやったん?
posted by 味噌のカツオ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

ザック・スナイダー
ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ
人類を守るため異星人と戦ったスーパーマン。だがその代償として都市に大きな被害を出してしまう。地球人にとって脅威と化したその力を取り除くべく、バットマンが立ち上がる。
神に等しい力を持つスーパーマンに、“生身の人間”バットマンはどう立ち向かうのか?

アメコミヒーローズの作品といえば昨今はマーベルコミックの「アベンジャーズ」が話題になってますが、ここにきてDCコミックスも動き出しましたぞ〜っと。
それがこの「バットマン vs スーパーマン」であります。

日本人とすれば、マーベルとDCの2大ブランドの存在や関係に それほど馴染みがあるわけでもないのが正直なトコ。
ぶっちゃけ「アイアンマン」「キャプテンアメリカ」なんてキャラクター知ったのもここ数年でしょ(笑)

その一方で「バットマン」「スーパーマン」は子供の頃から存在は知ってたよね。さすがに。
その両者が対峙するんだから気になりますわね。

ただ率直に申しまして。「アベンジャーズ」のヒーロー大集合のお祭り感であり 無駄な明るさに比べて、こっちの世界観の まぁなんとも暗いこと(-_-)
あっちが「西部警察」だとしたら、こっちは「特捜最前線」かってなぐらい(!?)

そんなハナシはさておき、個人的には「アベンジャーズ」よりもシリアスなテイストの今作のが好みではあります。
スーパーマンの前作「マン・オブ・スティール」のザック・スナイダーが監督。「バットマン」シリーズのクリストファー・ノーランが製作総指揮にと。これはこれで良いバランスでは。
その分「マン・オブ・スティール」と「バットマン」のダークナイトシリーズの予習は必須ですね。
んでないと この物語の設定が飲み込めないかもです。やぁ間違いなく。

冒頭、ブルース・ウェイン少年時代のエピソードから始まります。非常に悲しい描写ではあるんだけど、あまりの映像のキレイさについつい引き込まれまして。
この時点で「あぁ良い映画だなぁ」と(笑)

そしてスーパーマンを見つめるブルース・ウェイン。
レックス・ルーサーを介してのクラーク・ケントとブルース・ウェインの邂逅。
それに割って入る謎の美女…

そうやってストーリーは展開していくんだけど。決して眠たいわけだは無いんだが、編集が雑なのか映画としてのリズムは正直イマイチ。
ただし、スーパーマンが公聴会に招かれて〜という辺りでやっとスイッチが入ったかな。ちょっと驚きの展開でもあったので。

そこからバットマンのスイッチも入って(?)大きく話も動きだします。戦いが、バトルが始まります。
とはいえ いきさつとしては、多少 思ってたのと違ったですかね。ぶっちゃけ予告編では、スーパーマンが もっともっと一方的に悪役ポジだと思ってたので。良し悪しは別にしてね。
まぁ「ダークナイト」ではバットマンも その戦いが受け入れられていないトコもあったからなぁ。

そして新たな敵、「お前のツレだろ?」という新たなキャラクターも登場。戦いはさらにグローバルになっていきます。
正直「マン・オブ・スティール」のバトルシーンではその戦いっぷりよりも、やり過ぎる破壊のが気になっちゃってて。これ、地球滅亡すっぞと。

ところが結果的に今回もそういう規模にまで発展。
また多くの犠牲が出ちゃってないかい!?
あららら・・・(苦笑)


さて 正直なこと言うと、決して「名作だ」とか「沁みた」と言えるほどには高まっていないかな。
戦いの規模が大きくなり過ぎて、僕らの問題としてハートには響かなかったか。それとなく親子というキーワードも入ってるけど、それほどアツくはないし。

イケメンなカヴィル。そしてマッチョなアフレックも及第点。
それらのキャラクターとしての満足度はあっても、やっぱり物語としては弱かったかな。
“VSモノ”っちゃあ どうしてもそうなるでしょうが。「キングコング対ゴジラ」というわけにはいかないよね。

でも そんなステレオタイプな展開を超える要素がもっとあればよかったんだけど。
あぁラストの流れは意外といえば意外だったけど。
ただし絶妙な To be continued でしたな(笑)

それにしても暗い映画だったね。
嫌いじゃないけど。むしろ そこは好きかもだけど。

DSC_0792.JPG
葬式にはじまり 葬式に終わる
posted by 味噌のカツオ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

僕だけがいない街

平川雄一朗
藤原竜也、有村架純、鈴木梨央、中川 翼
売れない漫画家でフリーターの藤沼悟は、何か悪い出来事が起こると、原因が取り除かれるまでその時間がループする『再上映(リバイバル)』が起こるようになる。
やがて藤沼の母が犠牲となる事件が発生。それをきっかけに彼は18年前の小学生時代へとリバイバル。過去と現在を行き来しながら事件の真相に迫っていく。

人気のマンガが原作。ただし 最終巻はまもなく発売だと。
さらに現在並行する形でテレビアニメ版も放送中。
この映画版はオリジナルの結末という事ですかね。

なので「原作を知っている」「アニメでハマった」「全くこの作品を知らない」という各々のスタンスで評価も別れる感じ。
ちなみにわたくしの場合 予備知識は映画の予告編だけで。そのうえで…

う〜ん、なんとも難しい。
面白くないわけではないんだけど、物足りない気もする。

そもそも話の奥行きが深いので、2時間に収めるためには 細部が端折られるのはしょうがない。んでそうなると展開は雑になっちゃう。
本当なら時間軸も登場人物も噛みしめたらもっと味が出そうなんだけど。

通常であれば“コッテリ”味の藤原竜也だけど、この作品では それが最小限に抑えられております。
どうしてもあのクドい演技が〜という向きにはちょうどいい加減かも。しかし…
実際にはどこか物足りなく思えてしまったのも事実。

やはり目をひんむいてがなり立てる藤原竜也を無意識のうちに期待してしまっているのだろうか!?

そんな藤原竜也の少年時代(正しくは悟の少年時代)を演じた中川翼くん。この子がなかなか上手やったわ。
体は小学生だけど意識は藤原竜也(正しくは悟)ということで、子役ながらしっかりと暑苦しさ感じられたからね。

そして やはり難しい表現が求められたであろう鈴木梨央ちゃんも上手かったですよ。
この子役2人は素晴らしかった。

その分 有村架純ちゃんがピンとこないというか。
正直ストーリーの核には絡んでいないような立ち位置で。だったらこんなにカワイイ架純ちゃんじゃなくて、もうちょっと地味な人のが良かったような。
とにかくカワイイんだ。カワイイさのバランスと役のポジションがストライクじゃないような気がしました。

あとは石田ゆり子さんがまたステキ。見ながら「こんなにステキなのに、なんでこの人独身なんだろう」と思うぐらい若々しいの。
ただ 若々しさ故、藤原竜也の“母さん”には思えない。

そんなこんなで あれやこれやと余計な事を次々考えつつ。。。
2時間 駆け足でストーリーをこなしていくのが最重要な印象で。結果 メリハリというか、山場へ向かうタメが乏しく思えてしまった。
なんだか大きなどんでん返しや驚きもなく、ラストまで行ってしまった感じで。もったいなかったなぁ。

それ以外にもツッコミどころ、気になるポイントがチョイチョイあって。
トータルすると、2時間に収めるには、やや無理があったのかも。
決してつまらなかったわけじゃないんだけどなぁ。

DSC_0785.JPG
僕街diary
posted by 味噌のカツオ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

不屈の男 アンブロークン

アンジェリーナ・ジョリー
ジャック・オコンネル、ドーナル・グリーソン、MIYAVI
イタリア移民の子として育ったザンペリーニ。いつしかその才能を開花させ、ベルリン・オリンピック5000m走に出場し驚異的な記録を樹立する。
やがて戦争が始まり、空軍爆撃手として戦争に関わるのだが、彼を乗せた爆撃機が海に不時着。漂流47日目にして大きな船が近づいてくるのだが…

製作は2014年。かのアンジェリーナ・ジョリーが監督。ジョエル&イーサンのコーエン兄弟が脚本に参加。ですが、日本公開までには少々時間を費やしたようで。

理由としては この映画の後半、日本軍による捕虜虐待のシーンがあったり、原作に日本軍のエグい描写があるだとか。
とにかく日本で上映するには それなりのハードルがあったようで。

とはいうものの、あくまで映画ですから。
作品も見ずに、中身も知らずに「日本上映不可」となっては どこぞかの偏った思想の国みたくなっちゃうからね。
まずは公開されて良かったと思います。

そのうえで、それらが映画としてどのように撮られているのか。そういう興味も含めて、なんなら期待しての鑑賞。
言うまでもないけど、実話ベースの映画化であります。

流れとしてはイタリア移民として いじめにもあった少年期。
5000mの走者としてオリンピックにも出場した青年期。

その後、戦争が始まり、彼の一つの目標であった東京オリンピックは中止となり、彼も戦争に関わっていくことに。
しかし不慮の事故により 長すぎる漂流の日々を余儀なくされます。

そんな彼らを救い上げたのは日本軍で。彼も捕虜として扱われ、虐待を受けながら強制労働を強いられます。
やがて時は流れ、戦争が終わり、彼も国に帰ることができたと。

そんな感じ。
しかし、事前に起承転結まで知ってしまっていたとはいえ、眠たかったですねぇ。

確かに47日間の漂流は過酷だったと思いますよ。
でもこの映画の中では「そうだろうな」と思う以上の出来事、トピックに乏しいんだよね。
食べ物が無い、飲み水も無い。おまけにサメがウヨウヨまで最初に見せちゃうから、ジワジワ追い詰められる感がなくって。そのまま47日なので「あぁぁ」というポイントの少ないまま耐える描写が延々。

それに続いては捕虜のパート。
これも強制労働にいわれなき虐待が ほぼ初めっからで。何かがエスカレートしていくという展開とかが、映画としては弱い気がします。

ひたすら耐える描写オンリーなので、結果こっちも眠たくなっちゃいます。
そう、耐えに耐えて、どうなっていくんだ〜というところで「戦争、終わりました」の報。
主人公が能動的にどうかするという要素は皆無。ひたすら時代に翻弄されましたってかな。

そういう意味で主人公にどうにも感情移入ができませんでしたと。結局つまらなかったという印象になってしまいます。

そのザンペリーニを追い込んでいく渡辺伍長というのも、人物描写が浅いものだから深みがないんだな。
もうちょっとドスの効いた声質で年配のおっさんのが凄みとか、いやらしさを表せたんじゃないかしらん。
もったいないね。

まぁ日本人の立場として「日本人を悪モノにするな!」という思いより、「中途半端やないかい!」とツッコミたくなっちゃったね。
先日見た「サウルの息子」ぐらいヒリヒリした感じを出してくれたら、こっちも緊張感持ってスクリーンに向かえるんだけど。
そういう意味で、残念な印象だったですわ。

DSC_0770.JPG
よくぞ あんなガリガリにまで…
posted by 味噌のカツオ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

ヘイトフル・エイト

クエンティン・タランティーノ
サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー
雪が降りしきる中で馬を失った賞金稼ぎマーキスは、同じ稼業であるジョンと彼が捕らえたデイジーを乗せた駅馬車に同乗する。途中で保安官を名乗るクリスを拾った馬車は、猛吹雪から避難するためにミニーの紳士洋品店へ。メキシコ人の店番ボブや怪しげな絞首刑執行人オズワルドなどの存在にジョンが強い警戒心を抱く中で、事件が起こる。

『タランティーノが仕掛ける密室ミステリー』という触れ込みのこの作品。
そう言ってしまえば確かにそうなんだけど、ミステリー色が強いのかと問われると、そうでもないような。
しいて言えば、やはりこれはタランティーノの映画なのかなと。

タランティーノ作品にわりと共通した点ではありますが、この映画も長いです。上映時間168分。予告とか合わせて ざっと3時間。
そしてよくしゃべる。セリフの多い会話劇ベース。

どうしても我々は字幕を読んで着いていかなくてはならないので、なかなか大変。
しかも前半は駅馬車でのやりとり。そこで各々人物像が語られるわけですが、大きな動きも乏しいので正直、眠たかったです。

そして猛吹雪を凌ぐための山小屋に到着。ここからまた登場人物が増えまして。さらに人物像を飲み込むことが求められます。
もっと言うなら、どこまでが本当で 誰がハッタリをこいているか。そういう疑心暗鬼にならざるを得ない展開で正直、疲れます。

というところで事件が起こり、ググッと物語が動き始めます。
さすがにこうなると飛びますね。眠気(笑)

嘘を絡めた駆け引き。そしてなんといってもエゲツナイ血しぶきに飛び散る肉片。ここらへんはタランティーノの真骨頂。
また予想だにしなかったどんでん返しのぶっ込み方もハッとさせられます。

ちなみにタイトルのヘイトフル(HATEFUL)は「憎らしい、実に不愉快な」という意味があって。
ストーリーを引っ張る役どころと思われたサミュエル・L・ジャクソンも、嬉々としてゲスいエピソードを語りだし、不快感を煽る存在やったね。

何気に渋い役者たちによる、この騙し合いとサスペンスフルなサバイバル。
タランティーノファンなら楽しめるだろうけど、そうでない方にはちょっと“ヘイトフル”かもね。

そんな「ヘイトフル・エイト」のエイトは主要キャストが8人というのとは別に、タランティーノの監督8作品目であるというのも大きいのかな!?

DSC_0754.jpg
兵と震え意図
posted by 味噌のカツオ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

ブリッジ・オブ・スパイ

スティーヴン・スピルバーグ
トム・ハンクス、マーク・ライランス、アラン・アルダ
米・ソ冷戦下の1950〜60年代。保険関連の弁護士ドノヴァンは、ソ連のスパイであるアベルの弁護を引き受ける。
一方で米軍偵察機の乗組員パワーズがソ連に捕らえられ、ドノヴァンは秘密裏にアベルとパワーズの交換という任務を委ねられる。

冒頭からのロシアのスパイが逮捕されるくだりの紙一重(?)の攻防。
米軍パイロットがどのようないきさつで囚われてしまうのか。
こういった辺りの見せ方はとても興味深いものです。

そして裁判を通じて男同士の友情のような感情を通い合わせる二人の物語。
またそれを演じたマーク・ライランスとトム・ハンクスもいいですね。

その昔「ダイ・ハード」シリーズでブルース・ウィリスはど派手に巻き込まれる主人公として有名でしたが、トム・ハンクスは「ターミナル」や「キャプテン・フィリップス」など、静かに巻き込まれるキャラが似合っちゃいますね。
なんか人の良さがジワジワくるような。

スティーヴン・スピルバーグの監督作品としては「リンカーン」以来 約3年ぶり。
万人が楽しめるエンターテイメント作品の製作もしつつ、埋もれがちな歴史を通じて多くの観客にメッセージも送り続けているスピルバーグ監督。

もちろんこれは後者より。良質な人間ドラマの映画ではありますが、さすがにそこはスピルバーグ。いくらかカタくなりそうな物語であっても、観客を飽きさせないようなアプローチで魅せてくれます。

またこれらはコーエン兄弟が脚本に関わってるからかもですが…
正直ストーリーとしては地味。映像も全体的に暗め。雪の舞う映像なんて、それだけでも喧騒を奪われるような静けさを感じますし。
終盤、本当に交渉が成立するのか〜というタメがあっても、ぶっちゃけ結末はそうなるであろうとして見てるわけだし。

それでも心のどこかでドキドキを感じたり。
列車の車窓から見えたものだけで、文化であり平和でありを映し出してくれるのなんか、見事ですよね。

あとは舞台が1950〜60年代ということで、(CGなんだろうけど)それらの街並みを再現したり、小道具や車などの美術についても見入ってしまった作品でもありました。

エンディングに 主要な登場人物のその後についての文言が流れましたが…
中でも弁護士ドノヴァンは J.F.ケネディ大統領から任命を受け、キューバに囚われた数千人もの人質解放の交渉に成功しているんだとかなんとか。。。

そっちの案件の方が映画の題材としては盛り上がりそうだけどね(苦笑)

DSC_0679.JPG
壁ってああやって作ったんだね
posted by 味噌のカツオ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

ピンクとグレー

行定 勲
中島裕翔、菅田将暉、夏帆、柳楽優弥
大人気スター俳優・白木蓮吾が6通の遺書を残し、突然自殺をしてしまう。第一発見者は親友・河田大貴。
そんな幼な馴染みの死により、一躍世間の注目の的となる大貴だったが、次第に自分を見失っていく。
やがて、大貴は蓮吾の死の真実を知ることとなるのだが…

NEWSの加藤シゲアキ原作。しかしアイドルとあなどるなかれ。これがなかなか面白い小説で…という話だけは聞いておりました。ただし原作は未読。
そしてこの映画版。かの行定勲が監督を担当。そして62分の衝撃という宣伝文句。

果たしてどうなるものか。。。

というわけでの鑑賞後。気になる点も多々あったので、原作を購入して読んでみました。
ぶっちゃけ原作と映画版、くらべてみました。

シンプルに小説の方が好みかな。

映画版を見た加藤シゲアキの感想は結構アレンジしてあるなと。
一方、行定監督のコメントは そのままやっては原作に勝てないと。
まぁそうやろうね。

幼なじみ、二人の物語。
小学生、高校、そしてひょんなことから芸能事務所に入りモデル・役者として仕事をしていきます。
しかし一人は順調にトップスターへと駆け上り、もう一人は鳴かず飛ばずのまま。やがて…距離が…できてしまう。

映画として、やや衝撃的な出だし部分から二人の物語が紡がれていき、映画の中盤。その62分の衝撃が来るんですが…確かにこれはやられましたね。
なかなか予想外の展開。

そんなとんでもない山場のあと、映画はグレーな世界に突入。
ただし物語としては かなり冗長。

そしてエンディング。これがなかなか中途半端で煮え切らない。
やるなら もっとやっとかないと。それが動機と言われても説得力のカケラもない。

そのモヤモヤを払拭せんと原作を読んだんですが、こちらは真っ直ぐで良かったですわ。
答え合わせのような終盤。いろんな面での苦悩の重さに、ちょっと泣けましたから。

菅田将暉演じる男のクソ具合がたまらなくイライラ。夏帆ちゃん演じる女も良くも悪くも“女優”全開で。
そうやって書くと悪口っぽいけど、コレ超 褒め言葉ですから。
二人ともお見事すぎる役作り。スゴイ役者ですよ。

原作もいい。役者も見事となると、やっぱこれは監督であり演出に対してのモヤモヤだったかな。
あぁいうトリッキーな見せ方は堤幸彦にやらせておけと言いたくなるほど驚きはありましたが、ソコだけだったかもですね。

トータルで考えれば、映画としては見て良かったというのは間違いないです。
ただ原作のパッションに追いつけていないのが もったいないですね。
ちょっと、惜しい感じ。

ここからは余談ですが。劇中劇の学園ドラマで(わたくしのお耳が確かなら)「主人公の ときつかぜわたるが…」というセリフがあったんだけど。
“ときつかぜわたる”って とんねるず主演の映画「そろばんずく」で憲武さんの役名が“時津風わたる”だったんだよね。

たまたまなのか、引用なのか。
ちょっと気になりました。
超余談。

DSC_0712.JPG
ピン子とGLAY
posted by 味噌のカツオ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

母と暮せば

山田洋次
吉永小百合、二宮和也、黒木 華、加藤健一
長崎で助産師として働く伸子のもとに、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。
どこか奇妙な再会ではあるが、心から望んでいた息子との会話に伸子は話を弾ませる。しかし浩二は、将来を約束した恋人の町子のその後が気になっており…

1945年8月9日。長崎に原子爆弾が投下され、多くの犠牲が出てしまいました。

当然ながら戦争も経験していない。住んでいる地域も決して近くはないわたくし。
そんな自分の元に入ってくるハナシというのはどうしても広島のことが多いわけで。

それから3日後、長崎も原爆の被害を受けているのに、正直 知らなさすぎるよね。長崎のこと。
なぜにそういうバランスになっているのかは 何とも言えないけれど。

どこかで超巨大地震が発生。それから間もなく 別の地域でやはり大きな地震が起こっても、後者の方はさほど大きく報道されにくくなってしまうと。
それと似た感じなのかな。

閑話休題。
この作品は その長崎が舞台。
普通に家を出て電車に飛び乗り、医師になるべく学んでいた浩二の学校も、原爆で大きな被害を負ってしまいます。

ちょっとした疑問なんだけど、広島であのようなことがあった3日後の長崎は あんな感じだったのかな。動揺とかそういうのはなかったのかな?
教室の黒板に英語が書かれてたけど。敵国の文字を使う事…医学という学びの場ではあるけれど、それはOKだったのかな?

そんな疑問はありつつも。
それから3年後。遺骨でも身に着けていたものでも、何がしか息子につながるものを求めていた母。
それを諦めたところへ、息子が姿を現します。平たい言い方をするならば幽霊という事なのかもだけど。

そこで繰り広げられる物語。
会話でもって3年間の空白を埋めるであり、母の現状を思いやる息子の思いであったり…

確かにテーマとしてはいいなと思いますし、中心となる3人の演技は素晴らしいですよ。
ただ ほぼ全編にかけての“会話劇”なんですよね。

ある程度 それぞれの関係性を知るうえでの会話は当然なんだけど。あまりにも会話でのキャッチボールが長すぎだったり、回想してる話なのは承知だけど どこか説明セリフっぽいクドさがあったり。
正直 冗長な印象は残ってしまいます。
その結果の上映時間130分とするならば、もうちょっと端折って2時間以内に収められなかったのかと。

また展開される場の大半が伸子の家というのもありますね。
ひとつの家の中で 延々と繰り広げられる会話劇。なんだか映画では無くて舞台のお芝居を見てるみたいで。ちょっと違和感。

というトコなんだけど…
そもそも今作の原案として(追悼メッセージもありました)井上ひさし氏の「父と暮せば」という舞台があったそうなんですね(後に映画化)。
その舞台の姉妹編的な企画という事もあっての演出なのかな。

そしてもう一点。山田洋次監督の演出がしっくりこないんですよ。
いや演出の良し悪しというよりも、このテーマに合っていないのかな。
寅さんシリーズ などにあるような軽妙さや人情味が、この映画内に於いては正解ではないような気がします。

細かく言うのは難しいですが、思わず微笑んでしまうような作品であればアリだろうと。そういう雰囲気が気になりました。あくまでわたくし的にではあるけれど。

そしてラストシーンも少々戸惑いがありますかね。
こういう流れであれば、これしかないなとは思うけど。
ただ そこで浩二の口から発せられる「あなたは…」という呼びかけ方に対し これじゃない感が拭えなかったんだけど。
あれはいったい誰が誰に向かっての呼びかけなのかがねぇ。。。

気になる点をずいぶん挙げましたが、前述の通りテーマとしては大切なことではあるんだけど、イマイチ乗り切れなかったというのが正直なところ。

山田洋次監督はもう80歳台なんですか。
やぁでもアチラの方ではイーストウッド監督がいくつになってもハイクオリティな作品を生みだしておられますから。

ここは次回作の「家族はつらいよ」に期待しちゃおうかな。

DSC_0664.JPG
ハハハ〜と暮せられれば
posted by 味噌のカツオ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)

コーネル・ムンドルッツォ
ジョーフィア・プショッタ、サンドロ・ゾター
雑種犬に重税を課すという法律が制定されたある街。13歳の少女リリは、理解の無い父親により 愛犬ハーゲンを捨てられてしまう。
街を彷徨うハーゲンは、人間に裏切られ、やがて保護施設に放り込まれてしまう。そこで多くの犬と出会ったハーゲンは、施設の犬たちを従え、人間に対し反乱を起こし始める。

幻想的なチラシの写真や 謎の多い予告編の映像から気になってた作品。
自他ともに認める“ネコ派”のわたくしですが、たまには“犬モノ”も見ておくべきかと。

基本的に犬というのは利口であり、人間に従順な動物のイメージが付いております。しかしここではさにあらず。
一部では「犬版の猿の惑星か」とのコメントもあって、そこそこ期待してました。

が 率直に言うなら…前半はかなり眠たかったかな。
全体の雰囲気・トーンが暗いのもあるし、物語の伏線となるエピソードがちょっと弱いかなと。

人間の身勝手さ故、振り回されてしまう犬のハーゲン。
置き去りにされ、売買され、闘犬にされ、保護施設に入れられ。犬にとってはえらい迷惑な話ですな。

全体の流れはおおよそわからんでもないですが、所詮は犬のやること。当然しゃべったりしないから、イマイチ本意はつかみきれない。
それこそ「猿の惑星」シーザーのごとく特異な存在感を示して見せるとか、そういうのでもあれば引きつけられたかもですが。
またマンガチックに「ヨシ 仲間たち、行くぞー!!」的な描写も弱いかな。

それでなくても このハーゲン。眠い目をした茶色い雑種犬であって、そんなにカッコよくも、カリスマもない。
犬界のリーダー然とした雰囲気を感じられなかったのは残念でした。

一方の人間サイドも、ピリッとしたものは響いてこなかったか。
少女リリも決して血眼になってハーゲンを探すでもなく。あの楽団はどういうコミュニティで、13歳のリリに対して 仲間たちはいくつぐらいなんだとか。
この時点では「タンホイザー」とはどんな曲だ〜ってのもわからなかったし。

犬にも人間にも、イマイチ感情移入ができなかったという思いはあります。

この映画の見せ場は250頭もの調教された犬たちが、ゴーストタウンと化した街並みを駆け抜けていく場面。
まさに他では絶対に見られないシーンに仕上がっており、犬好きには痛快な映像でありましょう。
ただし…

その反面、犬が銃で撃たれたり、闘犬で血まみれになったり。
犬好きだったら卒倒しちゃいそうな。愛護団体から大クレームつけられそうなシーンもいろいろ。
なので、犬が出てくるからと言って、過度な期待をしない方がいいのかもね。

あとは全編に渡ってカメラが手持ちで撮影されているんだけど。
もちろん意図あってのことなのでしょうが、さすがに2時間ずっとは、ややしんどかったなぁ。

DSC_0547.JPG
唯一登場するネコは…トムさん。
posted by 味噌のカツオ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする