2015年05月17日

ビフォア・ミッドナイト


リチャード・リンクレイター
イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー
列車の中で出会い、その9年後に再会し互いへの愛に気付いたジェシーとセリーヌ。今ではパリで家庭を築き、双子の娘にも恵まれていた。
ギリシャでバカンスを過ごす彼らのため、友人が二人きりの夜をセッティング。しかし 険悪なムードが漂いはじめ、セリーヌはホテルの部屋を飛び出してしまう。

言わずと知れた「ビフォア〜」シリーズ第3弾。
9年ごとに公開されているシリーズ。おおよその年代として、23歳、32歳、ときて今作では41歳というところ。

冒頭。離れて暮らす息子とジェシーの空港における見送りのシーン。
この場面だけでも…「息子さん大きくなったんや」「嫁さんとの関係は?離婚したんか?」「父の名残り惜しさはわかるけど、息子の真意は如何ほど?」など思うところいろいろ。
そして一人空港をあとにするジェシー。車に乗り込むと、そこには…というそんな展開。

この9年の間の変化、現在のふたりの立ち位置が少しづつわかっていく感じもたまりませんね。
まさに前作は9年ぶりの再会だったわけですが、見る側にとっては それこそ9年前に離れた恋人と再会して、これまでのいきさつを聞くような趣ですから。
まるで同窓会と同様に、ちょっとドキドキしつつ、ジェシーもセリーヌも本質は変わっていないなと。そんな嬉しさがじわじわくる前半部分ですね。

このシリーズの肝になるのは何といっても二人の会話。時にお茶しながら、時にブラブラと歩きながら。
なんですが、今回は年代も生い立ちも異なるような仲間らとの会話というのが登場します。

なんだろう。話の内容もさることながら、二人だけではない生活やコミュニティができているのかな。
初対面で互いだけを見つめる二人でもなければ、再会して想いを伝え合う若者でもなく。もう大人になっているんだなと。そんな感じを覚えました。

その後、友人の勧めで用意してもらったホテルまで…やはりやってきました、ふたりの散歩語り。
実際、ふたりは結婚してはいなくって。パートナーという関係。娘たちから「どんな結婚式だったの?」と問われて困るみたいな話題も。

そして辿り着いたホテル。子供も預かってもらい、思う存分に愛し合える〜というところで一本の電話によりアレしちゃうんだけど。

先にも述べた通り、このシリーズの肝は二人の会話。
しかし 子供もおるようなアラフォー世代の男女でありながら、よくしゃべりますね。でもその会話の中身については、過去2作では考えられないようなものになりますので。
それも含めて見応えありますし、倦怠期の夫婦・カップルには もしかしたら思うところあるかもしれないし、参考になるところがあるかもしれませんな。


この3部作。それぞれの年代のリアルトキメキを描いておりますので。
見る側の年齢によっても、それぞれ3作の印象が変わってくるだろうし。
そしてこの3作目を見たうえで、今でこそこんなになっちゃったけど、ジェシーとセリーヌの人生で最も美しかった日とはどんなもんだったかと、1作目を見直すのも面白いでしょうね。

シリーズを通しても、あるいは今作を単体で見ても楽しめるかな?
そして「3部作」とか言っちゃってますが、2022年に4作目が、アラフィフのジェシーとセリーヌに出会えるのかしらん!?
楽しみにしておきましょう。
posted by 味噌のカツオ at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

フォックスキャッチャー

ベネット・ミラー
スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ
レスリング金メダリストのマークは、デュポン財閥の御曹司ジョンから、ソウル五輪でメダル獲得を目指すチーム“フォックスキャッチャー”に誘われる。
恵まれた環境の中で結果を残していくマーク。しかし同じく金メダリストの兄・デイヴがチームに加入し、3人の関係のバランスが崩れていくことに。

96年に起きたデュポン財団御曹司によるレスリング五輪金メダリスト射殺事件。そこに至るまでの三者三様の人間模様を描いた作品。
これまでコメディー系の作品で活躍してきたスティーヴ・カレルが、どこか鬱屈とした狂気を感じさせる富豪を演じたのも話題となっています。

そしてチャニング・テイタムとマーク・ラファロが、それぞれレスリングで金メダルを獲得した兄弟を演じています。
演じているのですが、弟マーク役のチャニング・テイタム。ワシこれまで全くと言っていいほど、彼の作品を見てきていないことに気付きました。
偶然っちゅうか巡り合わせっちゅうか。それでキャスティングにイマイチ ピンとこなかったのかな(苦笑)

冒頭から音・光・天候の演出もあってか、終始 暗い雰囲気。そして、それぞれ登場人物の心持ちというのも、ダークで怪しげに写されていきます。
登場人物と言っても、ようはジョン・デュポンのそれなんですが。

普段 日の当たらないスポーツに手を差し伸べ、メダルを目指すチームのスポンサーとなるのは素晴らしいことですが、どうも何か腹に一物あるんじゃないかと思わせる雰囲気がね。。。

結果的にその取り組みは一定の成果も出すのですが、ジョン自身の本当の欲求…実母に認めてもらう…といったトコロは満たされないまま。
そしてさらなる高みを求めて マークの兄デイヴをチームに招くのですが、それによって少しづつ全てのバランスが歪んでいくことになります。

正直、スクリーンを見ていたら何が起きているのかはだいたいわかります。
大財閥として裕福な環境に身が置かれていたとしても、それで全てを手に入れることができるわけでもなく。満たされない心の落としどころを見失った結果の恐ろしい決断であると。

ただ細かい感情の歪み、ズレ、本音が 実に事細かに配されておるようで。それらが理解できると、より深くこの映画を味わえるんですが。わたくしも解説を聞いて、やっと「なるほど」と飲み込めてきた感じ。
言われてみれば、確かに人って そういう感情あるよねって。

1度見ただけでは そんな繊細な心の動きを100%理解はできないけれど、わかればわかるほどに響く映画であります。

DSC_0026.JPG
ラストはヴァンダレイ・シウバかと思った(笑)
posted by 味噌のカツオ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
マイケル・キートン、エドワード・ノートン、ナオミ・ワッツ、エマ・ストーン
かつてヒーロー映画「バードマン」で一世を風靡した俳優リーガン・トムソン。落ち目となってしまった現状を打破すべく、舞台に再起をかけていた。
しかし共演者との関係に悩み、娘との不仲もあり、精神的ダメージからリーガンは現実と幻想のはざまで追い込まれていく。

まさに注目作であります。
その要因は、なんといってもアカデミー賞で作品賞や監督賞など4部門受賞した点。
そして まるで長回しワンカットで撮影されたかのような独特のカメラワーク。

映画はかつてヒーローモノで大ヒットを出しながら、その後はパッとした活躍ができずくすぶっている男が主人公で。かつて「バットマン」を演じたマイケル・キートンがその役であるというのもポイントかもしれませんね。

確かに映画賞で評価された作品は注目に値しますが、こればっかりは映画祭のカラーや審査員の思考もありますし、見る側の好みもあるので過度な期待は禁物かな。
んでこの作品、主人公の役柄が俳優という点。そして暗に映画、舞台、批評家といったものへのメッセージも含まれてまして。
主に映画関係者が投票権を持つアカデミー賞として、受け入れられる作品だったのかもしれません。

だからといって一般の映画ファンの視点と、必ずしもイコールというわけでもないでしょう。

さて、失礼ながらマイケル・キートンが「バットマン」を演じたと言われても、イマイチ響かない。わたくし的にはやはり“ダークナイト”クリスチャン・ベールのイメージなもので。
エドワード・ノートン演じるマイクは新聞が一面で取り上げる程の才能の持ち主という設定らしいのだけど、見ていると ただのエキセントリックでイヤなヤツにしか見えなかったし。
そういうこともあって、登場人物にも さほど感情移入ができなかったです。
唯一、娘エマ・ストーンはイイ女だったけどね。

それから長回し風の…もう“風”と言っちゃってますが、近頃はこのような作風増えてますわね。これはこれで面白いと思います。
映画でありながら 舞台のお芝居がテーマ。映画と違い、実際の舞台って演者と観客が同じ時間軸を体感するもの。この映画では時間のカットが行われていますが、この手法を用いることで視点とかも含めた一体感は表現できているのかもですね。

その分、風景を写して間とか時間を感じさせるとか、そういう表現はできなくて。基本、画面(カメラ)の近くに人がいるんですよね。
となると 必ずセリフが入ります。ほぼほぼが会話劇の様相を呈してきます。とにかくセリフが多い。
これを字幕で鑑賞するとなると、やはり伝わりにくくなってしまうかな。

字幕として出せる文字数、字幕が出ている時間、皮肉っぽい ちょっとひねった表現を観客の脳内でストレートに変換する感性。
これらが読み取れないと、やはり楽しめない…味わえない…ということになるよね。

映画ファンとしては字幕版でそのままの雰囲気で鑑賞したい思いはあるんだけど、会話が多いものについては、吹替えの方が着いていきやすいのかな。

それでなくても まぁまぁ特異な設定ですから。
それよりも親子なり恋愛なりがテーマの感情が伝わりやすいものだったり、ドッカン ドッカンやっちゃうような派手なアクションのが、日本ウケする洋画なんだろうね。

結局、ニュアンスとしてわかる、理解しうる部分もあるにはありますが「アカデミー賞です!」と看板を掲げられてしまうと「これがそうなの?」という印象になってしまいますね。

DSC_0009.JPG DSC_0010.JPG
バードマンって、パーマンの上司みたいなヤツでしょ?
posted by 味噌のカツオ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

ビフォア・サンセット

リチャード・リンクレイター
イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー
パリへ向かう列車の中で出会い、ウィーンの街で語り合い、夜明けと共に別れたジェシーとセリーヌ。
そして9年後。作家となったジェシーは、新刊本のプロモーションで訪れたフランスでセリーヌと再会。2人は互いのその後について会話を弾ませるが、ジェシーがニューヨークに発つ時間が近づいていた…

「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」から9年を経ての続編。公開は2004年です。

あの一夜をテーマに、ジェシーが書き上げた小説がヒットとなり、プロモーションでパリの書店を訪れる。
記者らとの質疑に応じていたところ…そこには セリーヌの姿が。そして、あの日以来の再会を果たす…と。

前作、長距離列車の中で出会って意気投合。しかし別れの時が近づき「半年後にここでまた会おう」と約束して離れた二人。
その後、彼らがどうなっていったのか〜が語られる作品。ほぼ全編が二人の会話で構成されてますので、まさに“語られる作品”なのであります。

我々観客も「あの日の約束は果たされたのか?」「その後どうなって今に至っているのか?」そのいきさつが語られる点には興味津々。
ではありますが、なんというか 男と女の会話の妙も楽しめますね。

積もる話もあれば 時にちょっとエッチな表現が出るのもオトナな証拠。差しさわりの無い話もあるけれど、動揺するぐらいの本音もやはり伝えるべきであって。
そんな 様々な話を聞き出さんとする持って行き方とか。もしかしたら駆け引きという感じのやりとりもいいんですよね。
ただロマンチックだけ〜というわけでもなくって。

そんな会話劇を見ながら心がヒリヒリしたり苦笑いをしてしまったり。
恋をしたことあるオトナなら、いろいろな思いが巡るんじゃないかな。

前作と同様、これ一本だけ 単体で見たら物足りないかもしれません。
でもこの作品より9年前、そして9年後を意識して見ると、ホントにドキドキしちゃいます。

こんなシリーズをプロデュースしたリチャード・リンクレイターも素晴らしいですし、イーサン・ホークとジュリー・デルピーにもグッと親近感湧きますし。
脚本はこの3人が共同で作り上げていると。そして それぞれが経験してきた9年間の実生活も、多かれ少なかれ投影されているというのも魅力ですね。

前作ではちょっと切なく、見えない未来へつなぐ“ To Be Continued ”でした。
そして飛行機の時間が迫る中でのエンディング。その後にどんな時間が流れるのか。。。

次が気になるわぁ。
posted by 味噌のカツオ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

博士と彼女のセオリー

ジェームズ・マーシュ
エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コックス
天才物理学者として将来を期待されていたスティーヴン・ホーキングは、ケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩を学ぶジェーンと出会い恋に落ちる。
その直後、スティーヴンがALSを発症し余命2年の宣告を受けるが、ジェーンは彼を支えることを選択し結婚。共に難病に立ち向かっていく。

難病であるALS(筋萎縮性側索硬化症)に冒された物理学者スティーヴン・ホーキングと それを支え続けた妻ジェーンの愛の物語。
物理学者としてブラックホールに関して語る場面もありますが、あくまで基本はラブストーリーであります。

ALSとは脳が筋肉を動かそうとする信号が正しく伝わらなくなることにより、体の動きが制限されてしまう病であります。
人の体の動きは全て筋肉が司っているんだね。

以前 世界的に流行った“アイスバケツチャレンジ”というのは、このALSに関するチャリティでした。
氷水をかけることで筋肉が縮み上がり、ALSと似たような状況になるという意味があるとのこと。
指を動かすのも、足を動かすのも、言葉を話そうとする口の動きも筋肉であって。そして最も恐ろしいのが、呼吸をしようとする筋肉が正しく動かなくなると…呼吸不全になることも。

まさに人の生死にも関わる病なんですが…
“せいし”という事でいうなら、ナニについては また別の仕組みであるらしく。博士は難病にかかりながらも、立派に3人のお子さんに恵まれます。。。

それも含めての愛の物語。
なんともホーキング博士の半生は…などと言いたいところですが、じつはこの映画は妻ジェーンさんの書籍が原作なんですね。
それもあって物理学者としてのホーキング博士より、ラブストーリーとしての側面が大きいんでしょう。

二人の信頼と揺らぎ。そして二人をサポートするジョナサンとの関係やエレインの存在も含めて、興味深く描かれていると思います。
確かに身体の不自由なホーキング氏を介してはいますが、一人の男、一人の女とすれば なかなかデリケートな部分もありますよ。

そういう面白味もありつつですが、ホーキング博士の宇宙論が本当に理解できるかというと少々アレだし、神の存在に関わるくだりも日本人的には やや遠い部分かもしれませんがね。


さて この作品で、ホーキング役のエディ・レッドメインがアカデミー賞、ゴールデングローブ賞にて主演男優賞に輝いております。

少々デリケートな話にはなりますが、健常者がハンディを持つ人を演じるのってどうなんでしょう。快く思わない人もいるのかな?
言うても 揶揄するわけではなく、演じるということですし。演じて表現をすることで「世の中にはこのような病と闘っている」ということを伝えることにもなりますからね。

ハンディを持つ人が健常者を演じることができないように、健常者がALSのカラダを演じるのは とんでもないエネルギーが必要だったと思います。
そういう視点で考えても、エディ・レッドメイン演技は素晴らしかったです。

あとジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズもキレイで良かったですね。

DSC_0001.JPG
放棄ing
posted by 味噌のカツオ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

はじまりのうた

ジョン・カーニー
キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ、アダム・レビーン
同じミュージシャンの恋人デイブに裏切られたグレタは、旧友の勧めでライブバーで歌うことに。すると その演奏を見た音楽プロデューサー・ダンに声をかけられ、契約を持ち掛けられる。
が、デモ製作の予算も無いダンは、ニューヨークの街角でゲリラレコーディングを提案する。

原題は「BEGIN AGAIN」。ざっくりと訳すなら“再出発”ってかな。

前を通るといつもいい臭いのする飲食店。そこに入って食べてみたら、予想してた以上に美味しかったと。そんなエピソードと同様に…
この映画も予告を見るだけで ストーリー展開も、こんな雰囲気なんだろうな〜というのもだいたい想像がつきます。そのうえで見た感想は、やっぱり見て良かったなと。

予告から受け取るイメージを、より増幅させてくれる要素がありまして。
それは作品中で演奏される楽曲であり音なんだけど。それらが場面ごとに沿った曲ばかりで。
映画を邪魔していないどころか、音楽のおかげで映画の魅力が増しております。まちがいなく。

冒頭、小さなライブバーのシーン。主人公がアコギ1本である歌を歌います。
客の反応も決して良くない。ようは失意が込められたような曲なんです。

それを見ていた やさぐれた音楽プロデューサー。彼はそれを見ながら「アレンジが湧きでてくる」と言います。
その後、リズムやメロディーを際立たせた演奏を聞けば、これが失意の曲ではなく まさに再出発へ向かう曲になっていくと。
やっぱ、アレンジメントとか編曲って大切なんだなとか、そんな楽しみ方もさせてもらいました。

浮気されたり、仕事で結果を出せなかったり、マイナスな要素も織り込みつつだけど、やはり全体から感じるテーマは前向きでとても明るいもの。
「アルバムを作ろう」「バンドは?」「退屈してるミュージシャンを連れてくるさ」と言って人が集まり、新たな音楽が生まれていきます。

近くで騒ぐ悪ガキたちにコーラスさせたり、腕前の知れない娘にギターを弾かせたり。なんだかんだで 輪が広がって作品が作られる様はホントに見てて気持ちがいい。
夢が広がるとはこういうことですよ。

「予算が無くてスタジオが使えない?」「だったらここでレコーディングしよう。この街の全てがスタジオだ」というのも面白かった。
厳密にいえば現実的な録音方法ではなかったとしても、そこにある生活音も空気も取り込んでしまうライブ感。そこで奏でられた音が〜と言い切れちゃうのは、音楽の根源なんじゃないの?
と楽器の一つも扱えないわたくしは思うんだけどね(苦笑)

この素晴らしい音楽の前には いかなる理屈も関係ないのかな。
音楽、恋心、夫婦関係といろんなことに対しての BEGIN AGAIN。
とにかく見てハッピーな気持ち、爽快感を得られる前向きな映画です。

さてさて本テーマには関係ないことだけど。
ラストシーンで音楽業界の“しくみ”をひっくり返しちゃうような描写がありまして。
「あんなんされたらお金は回らないじゃん」とか思いつつ、今の世の中 何かきっかけみたいのがあれば100万ドルにもなるんだよね。
ひと昔前とはマーケットの在り方が違うんだなぁ。

DSC_1819.JPG
恥マリの歌
posted by 味噌のカツオ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

百円の恋

武 正晴
安藤サクラ、新井浩文、重松収、根岸季衣
自堕落な日々を送る32歳の一子は、実家でいざこざを起こし一人暮らしを始めることに。
100円ショップの深夜労働にありつき、帰り道で出会ったボクサーの狩野と落ちるも長続きせず。そんな一子が衝動的にボクシングを始める。

今の邦画界、そのスジからの注目を一身に集めているのが、女優・安藤サクラでしょう。
昨年公開された「0.5ミリ」を見られなかったのはチョット後悔してますが、それに続く今作は見られました。
思ってたよりも観客が入ってたのも意外だったかな。

安藤サクラが演じるのは、32歳の引きこもり女性。
その怠惰な生活模様は、ファーストカットで映る ムダな肉の付いた腰からもよくわかります。

実家は持ち帰りのお弁当屋さん。そして息子を連れて出戻ってきた妹と大喧嘩の末、親から貰った支度金で家を出て一人暮らしを始めると。
そこで働かなくては〜ということでバイトを始めたのが100円均一のコンビニ店。
決して社会性はないものの、なんとか新生活スタート。

そもそも半開きの目で会話もボソボソ。その端々からやる気のかけらも感じ取れません。
また 彼女の周りに集う人々も、案の定ではありますが、やはり まともな人間はおりません。
正直言って登場人物に感情移入もできないし、しょぼいコメディタッチになんとも言えない雰囲気。

この作品のキーポイントとしてボクシングが登場します。
それにしたって(新井浩文の演じた)狩野のボクシングの試合シーンもピリッとせず。ひょんなことからボクシングを始めることとなった一子のフォームもグダグダで。
ますますヤバい感が漂ってきたのですが…

気が付けばガラッとフォームも様になり、なんとなくボディラインもスリムになり。縄跳びもモノ凄い勢いで跳べるようになり。
さらに驚いたのがフットワーク…というかステップですね。その足さばきの素晴らしさったら。

ファーストカットではボテッとしたボディだったのに、生活のすべてが停滞してたはずのに。
表情から話し方から、まとっている雰囲気までガラリと一変して、それまでの一子と同一人物とは思えない変わりよう。

もはやここまでくると、主人公・一子の変化を超え、女優・安藤サクラのスキルがスゴイんだと。
確かに役作りとして、表情・雰囲気・体型を作り込むのも役者の勤めではありましょうが、こういうカタチで表されると、グイグイ作品に引きつけられますわね。
もしかするとストーリー展開はありがちなものなのかもだけど、安藤サクラの放つ女優力にヤラレタって感じ。

終わってみれば、間違いなく予想以上にクオリティの高い作品だったです。


しかしあれだけのトレーニングをしても初めての試合では一方的に打ちこまれて。ジムの会長も言ってたけどパンチって、結構痛いものなんだろうね。
でもその痛みを超えて、一人のオンナとして成長していくんだろうな。

ちなみに、初めて男性と一戦交えた後も「イタイ、イタイ…」って言ってたね。
でもその痛みを超えて、一人のオンナとして成長していくんだろうな。

DSC_1799.JPG
税込みで100円なの?
posted by 味噌のカツオ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

ビッグ・アイズ

ティム・バートン
エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ、クリステン・リッター
1950〜1960年代に一大ブームとなった絵画「BIG EYES」シリーズ。作者のウォルター・キーンは一躍脚光を浴びるが、じつは真の作者は彼の妻マーガレットであった。
「このままでは自分を失ってしまう」と危惧したマーガレットは真相の公表を決意する。

ティム・バートン監督の最新作。
ただし、実際にあったゴーストぺインター(?)騒動を映画化したということで、変なキャラクターや妙な世界観は登場しない、ストレートな作品になっております。

舞台設定は1950〜1960年代。今から50年以上前のサンフランシスコなんですが、衣装も小道具などからも さほど時代性は感じません。
その点も、すんなり物語を追っていける要素ですかね。

画家である若い二人が出会い、ひょんなきっかけで結婚。
風景画作家の夫と、大きな目の女の子を書き続ける妻。なかなか絵が売れず厳しい状況となるも、夫のトラブルが新聞沙汰になり、それが宣伝につながって、妻の絵が売れ始めると。

若い頃からまともに仕事に就いたことも無く、ただただ絵を描き続けてきた妻。一方、絵の腕前や知識よりも弁の立つ夫。
ある客からこの「BIG EYES」を書いたのは?との問いかけに、「私の作品です」と飄々と名乗り出たことをきっかけに、妻はゴーストの立場へ。

本来、優秀な作家と一流の営業マンが噛み合うことで企業は発展するというもの。歌手やタレントと事務所の関係もだって然り。
しかし、口の上手い夫が一方的にペースを握ってしまったことがある種の悲劇なのかな?

でも序盤に妻が開いたフォーチュンクッキーに「成功の入り口にいる」なんて書かれてたっけ。
紆余曲折はありながら、ゆくゆくか夫は化けの皮がはがれ、妻が安定を手にするという意味では、当たってるのかな。フォーチュンクッキー。

そんな夫婦の物語であるんだけど、決して妻の方が絶対的ベビーフェースとして扱われた映画という感じではなく。個人的には夫の印象の方が残ってしまってます。
様々な局面を口八丁で切り抜けたかと思えば、“妻の作品”の悪評を聞きつけ我が事のように激怒して見せる。また家族に対し狂気のままに迫って追い出してしまうという。

そしてその真骨頂とも言えるのがクライマックスとなる法廷シーン。ここがかなり笑えるぐらいに滑稽で。
普通に考えたら ろくでもない男なんだけど、個人的にはこんな調子の詐欺師おるよね〜と思えてしまって。
実際に法廷の場であんな振る舞いされたらバカ負けして笑っちゃうと思うし。人として憎み切れない可笑しさがありましたよね。

まぁあそこまでいくと、ウォルター・キーンがスゴイというより、演じたクリストフ・ヴァルツの見せ場なのかもだけど(笑)

現実の世界に於いては、夫の方は2000年に亡くなられ、妻の方はいまだ健在。
映画のラストで、そのモデルとなったマーガレットさんと主演のエイミー・アダムスの並んだ写真が映し出されまして。あれ、何気に良い写真でしたね。
あと、母と その後ろに座る娘が手を取り合うシーンも印象的だったなぁ。

DSC_1785.JPG
ウソをついたら大目玉食らうよ
posted by 味噌のカツオ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)

リチャード・リンクレイター
イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー
列車でウィーンを目指すアメリカ人のジェシー。同じ列車でパリへ向かうフランス人のセリーヌ。何気ない会話を交わすうちに二人は意気投合。
セリーヌもジェシーに誘われるままに途中下車。ウィーンの街をぶらつきながら、互いのことを語り合う。しかし夜が明け、それぞれの生活に帰る朝がやってくる…

1995年9月公開だから、約20年前の作品なんだね。
今だから言えることですが、この作品から9年後、そして18年後と続編が作られているシリーズ。
そんなスパンで恋愛ものを、しかも同一キャストでなんて公開当時は思われていなかったのかもしれないですね。

だから日本公開時には「恋人までの距離(ディスタンス)」という邦題がつけられました。その後に“ビフォアシリーズ”となっていったことで、邦題も「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」とあらためられたようです。

そのような長い長いシリーズ展開となると、人の(登場人物の)感情や人生そのものが反映され、重みも増すというもので。
ですがその前提なく、この作品を単体で見たとすると、少々煮え切らないラブストーリーに映るかも。

設定は二人とも20代の前半ぐらいかな。
たまたま乗り合わせていた長距離列車で出会った男と女。会話を交わすうちに互いに何かを感じ。そして列車を途中下車して翌朝までウィーンの街をぶらつくことに。

何がしかあてのあるデートではなく、ただその場にある場所に立ち寄り、そこであった人を交流もありながら、基本は二人の会話で映画は構成されています。
正直その会話というのも、見ていてピンとこないものも多かったり。二人の感覚も120%合致しているようには見えません。

でも その互いの手のうちのわからないままに進んでいく会話や、自分の考えにないような話を受け入れる様って、初めてのデートでは往々にしてあることで。
あのぎこちなさの中で歩み寄ろうとする雰囲気に、何だかヒリヒリとしたリアリティを覚えましたね。

深夜の公園、芝生の上で愛を語り合う二人。でもあくまで一夜の…「だからSEXはしない」とは言ってましたが、夜が白み始めた頃に彼女のTシャツが無くなっていたのはどうしてだろう?とか、そんなことを気にしながら 別れの時がやってきます。
そして ある約束を交わして、それぞれの方向へ向かっていきます。

前述の通り、これだけ見ると 若い男と女が一晩かけてウィーンの街をブラブラしただけの映画にも見えますが、長い物語の第1章としてであれば、とてもピュアで美しい作品であると思いました。
まさに今のようにケータイとかネット環境とかが それほど普及していない当時だから、こういう着地点になるですわね(笑)

これから9年後、いや 半年後に二人はどうなるのか。
続編、気になるよ〜!!
posted by 味噌のカツオ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

ベイマックス

ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
(声)本城雄太郎、川島得愛、小泉孝太郎、菅野美穂
サンフランソウキョウに暮らす14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親で兄のタダシを亡くしてしまう。そんなヒロの心を救ったのはタダシが残したケアロボット・ベイマックスだった。
やがて兄の死に疑問をもったヒロは、恐るべき陰謀の存在に気付く。

舞台となるのはサンフランソウキョウという架空の都市。サンフランシスコ&東京がモデルとなっています。
登場人物はヒロ、タダシ。まさに日本人の名前だね。仲間の中にはワサビなんてニックネームもいたし。
とにかく今作は 日本を大きく意識した設定になっております。

もっと言うなら、ベイマックスの顔のモチーフになっているのが“鈴”であるとか、「となりのトトロ」も参考にしたという話も。

予告編などを見ると少年と心優しきロボットの友情物語に思えますが、実際はかなり趣は違ってまして。
勧善懲悪、正義のヒーロー、兄の死の謎。それらがキーワードのアクション映画ですかね。

そもそも「ベイマックス」なんてタイトルですが、原題はマーベルコミックの「BIG HERO 6」というもので。
エンドシーンを見たらわかりますがアベンジャ―ズを彷彿とさせる6人のヒーローストーリー。

それを「ベイマックス」とドン!と打ち出して、(予告で)あんな優しいナレーションを付けるとは、なかなか見事な戦略ですね。
プチだまし討ち(苦笑)

でもいずれにせよ ドキドキハラハラさせつつ、正義の心や前向きなメッセージ、そして感動を含んだ良作になっております。
じつに気持ちよく劇場を出られること、間違いなしです。

とはいうものの、わたくしのような ひねくれたおっさんとしては、手放しで拍手を送るには抵抗がある。
そもそも あの“いやし系”然としたフワフワのキャラクターが卑怯だなと、そういう部分はさておいて。

本編、冒頭の部分からケチをつけたくなるんだけど、14歳の少年があんな地下組織にもぐりこんで、屈強な男を挑発して金を巻き上げるなんて。ちょっと子供には見せたくないプロローグだなと。
まぁ中学生ぐらいなら多少ダークな世界に興味を持つのもわかるけど、あれは…犯罪だよね。実際そう言ってたし。
もっと他のアプローチなかったんかいな?

あとは全体の展開がとても早くてひっきりなしで。ずっとジェットコースター状態。
疑問点とかアラとかを感じさせる前に次から次という感じで。もう少し落ち着いた見せ方とか、溜めとか欲しいかなと。
そういう情緒的なことを求めるには 根本が違い過ぎるのかな。

たぶん同じことを「クレヨンしんちゃん」がやったのならギャグとかで笑って済ませられるんだけど。
どうもディズニーとかジブリとか、真面目そうなやつから そういう一面が見えると、なんか受け入れがたく感じてしまう。シャレじゃ済まないような気がしてしまう。
ワシがカタすぎるのかもだけど(苦笑)

あとエンドロールが終わった後に、もうひとネタありますから。本編が終わっても なるべく席を立たないように!!


<追記>
「ベイマックス」が始まる前に「愛犬とごちそう」という短編があります。
これもワンちゃんのやさしさに、思わず熱いものが込み上げてきちゃう…そんなショートムービーなんですが。

それはあくまで脳天気な見方であって。
わたくし的には そこに描かれてる食べさせ方の雑さとか、ワンコにあんなに気を使わせてやるなよと。見ていて若干不快な印象を抱いてしまいました。

また実際に犬を飼っている方からすると、あんなに栄養価の高いものを次から次へと犬に与えたら、寿命を短くしてしまうよと。否定的な意見が出ているようです。

ホントに映像はキレイだし、ペロリ、ペロリと変わっていく情景の見せ方が素晴らしいだけに、惜しいなと思ってしまいました。

そんな不信感を抱いたまま…「ベイマックス」本編を見たわけであります。
そしたら いきなりアレだったんだよ(苦笑)

DSC_1747.JPG
米マックスバリュー
posted by 味噌のカツオ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

風俗行ったら人生変わったwww

飯塚 健
満島真之介、佐々木希、松坂桃李、谷村美月
29歳の童貞男・遼太郎は、自分を変えるために意を決してデリヘルに電話をするが、あまりの緊張から過呼吸に。しかし 風俗嬢・かよにやさしく介抱されたことで一目惚れ。
やがて かよと親しくなっていく遼太郎だったが、彼女がなぜ風俗で働くのか疑問を持ち始める。

2013年11月9日に公開の作品。
公開当時もそこそこ好評で。こちらもそこそこ気になって見に行こうかどうか迷っていたのですが…テレビでやっていたので鑑賞できました。
結果、金出して見に行かないでよかったなと。率直な感想。

元ネタ、原作となっているのは 2ちゃんねる掲示板に投稿された物語。
それが評判になっての映画化。そのパターンは他にもチョイチョイあったけど。

パターンといえばその製作までのプロセスだけでなく、ストーリー展開も似たのは存在しますわな。
イケてない男がネット民のヘルプやサポート受けてハッピーになっていくというヤツ。
ある種の展開が想像ついちゃうとなると、次はそれをどうみせるのか〜ということになっていくんだけど。
まぁ、それがショボイってかな。

そもそもイケてない主人公のキャラがなんか違う。ガチのキモオタ、イケてないヤツには見えない。満島真之介も衣装も動きとかも。
それを演じようとしてる感は拭えない。実際そうなんだけど、主役の役作りって大切ですよ。

そしてヒロインとなる佐々木希はバツグンにカワイイ。が、風俗嬢の役にもかかわらず、エッチなシーンは一つもない。かと言って 露出が多いわけでもない(怒)
それであれば、ひと肌脱げるセクシー女優さんの方が説得力あるんじゃないのかな。十分かわいいグラビアアイドルもいるしね。

あとは一般論として、お気に入りの風俗嬢と連絡先交換してプライベートで外で会うとか、そんな夢のようなことが簡単にあるわけないし。
彼女のこれまでのいきさつとか、元カレとのどうのこうのとか、借金の借用書とか。ひとつがひとつが説得力ナシ。

しかも後半は一段とコメディ要素が強くなるんだけど、その見せ方がひとつも面白くない。
高校生当時のエピソードを安いコントみたいに再現するとか、使い古されたああいうのが全く生きてない。
ただただ残念な仕上がりになってます。

キャラクター設定もストーリーも演出もピリッとしなくって。
それらが積み重なって、結局 全部共感できないという仕上がりに。

一応、頑張って最後まで見たご褒美的に佐々木希ちゃんのパンチラシーンがあるんだけど、それも思い切りが無くて微妙なんよね。
「愛のむきだし」の満島ひかりを見習えといいたくなりましたわ。

ほぼボロクソ状態の感想になっちゃったね。
かろうじてロックファンであればTシャツを見て「ふふふ」と思うのかな。

DSC_1732.JPG
キョンシー!!
posted by 味噌のカツオ at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

福福荘の福ちゃん

藤田容介
大島美幸、水川あさみ、荒川良々、平岩 紙
福田辰男は、福ちゃんの愛称で親しまれている32歳の塗装色人。古めかしいアパート・福福荘に住み、住人たちからも信頼もされてはいるが、恋愛にはオクテの女性恐怖症でもある。
そんな福ちゃんの下に、中学時代の初恋相手であり、女性恐怖症に陥れた張本人の千穂が訪ねてくる。

そもそもこの企画は、監督・脚本の藤田容介が大島美幸をおっさん役に据えて映画を撮りたいと思い立ったことは始まったそうな。
その前提で脚本を書き、丸刈りになって ぽっちゃり体型を維持するという条件のもと大島美幸にOKをもらい、出来上がったとのこと。
そこで大島さんの出演NGとなっていたら企画自体がお流れになっていたと。

それだけの熱度(?)が込められていることで、場合によっては“出落ち”になる危険性もあったみたいだね。

確かに男性が女装とかオネエとかはよくあります。ベテランの役者さんがママを演じる映画ってのもあります。
でもその逆は少ないんじゃないかな。

女性を演じられる華奢な男性はいてても、女性が男性を演じるのは骨格とか声とか無理があるし、実際それをやっても違和感が残ると思うし。
タカラヅカなんかは全員が女性なので成立する設定だろうし。

“男装の麗人”なんて言葉も聞くけれど…まさに30代女性が おっさん役になるってのは、世界でも例がないのでは。
それもあってか、カナダの「ファンタジア映画祭」で最優秀女優賞の栄誉を勝ち取れたんじゃないかな。

ぶっちゃけ、ストーリーとしては そんなに突飛でもなく、すんなり見られます。それなりに滑稽な描写もあるので程よく笑えます。
失礼な言い方をしちゃうと、想像通りとも言えるかも。

あくまで軸になっているのは大島さんのキャラと存在感。でもそれが間違いなく成功してます。これはこれで素晴らしいことですよ。
お話の中で、カメラマンを目指す千穂(水川あさみ)が福ちゃんの写真を撮りたいとなり、モデル役を任されるんだけど、その表情とか見てて幸せな気分になってきますもん。
「もし福ちゃんの写真集が出たら売れるのかな?」となるんだけど、実際 こんなおっさんのイキイキした姿で救われる人もおるんじゃないかな。

まさにタイトルそのものだけど、みんなに幸福を与えられる福ちゃんなんだろうね。

ただし苦言を呈するとしたら、やっぱり“映画”としてのダイナミズムは弱いと言わざるを得ない。決して悪い作品じゃないけれど、思い返してみるとパンチ不足だったかな。
あとは 仕事仲間の“しまっち”(荒川良々)がどうやっても兄弟にしか見えないというのもマイナス要素(笑)

それは冗談として。それなりに楽しいけれど、どこか惜しい?もったいない?
そんな感想は残っちゃったかな。

DSC_1587.JPG
凧好きの作るたこ焼き
posted by 味噌のカツオ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

FRANK フランク

レニー・エイブラハムソン
マイケル・ファスベンダー、ドーナル・グリーソン、マギー・ギレンホール
キーボード奏者として とあるバンドに加入することとなったジョン。そのバンドのリーダー・フランクは、常におかしな被り物を装着した男であると同時に、独特の音楽性で妙に魅力的な存在でもあった。
ある日 ジョンが投稿したバンドの映像が話題となり、彼らは音楽フェスへ招待されることに。

たまたま「ジャージー・ボーイズ」に続いて観てしまったのがこの作品。
バンドもの、音楽もの〜という広い括りはできるけど、果たしてそういう分け方で合ってるのかな?この作品は。

とにかく予告編で見たときのインパクトというか“引き”が強くて見てきたわけですが、ぶっちゃけ本編に関しては心惹かれる要素は弱かったなぁ。

そもそも あんな仮面をつけていないとコミュニケーションを取れない人というのは、それなりの事情があってですわね。
でもその辺りの描写は至極普通で。しかもあっさりで。観客の想像を越えたり裏をかくようなモノではなかったわけで。

バンドとして「レコーディングだ!」といって1年も山籠もり生活をするという点もなんであろうかと。
それだけの時間があるのなら、いくつかの作品が提示されてしかるべきだがそれもない。

またメンバーがフランクと行動を共にするモチベーションも、本来は圧倒的な音楽の才能があってかと思うんだけど、決してスクリーンからそれも伝わってこない。
となると、ちょっとカルトに陥ってる路線なのかなと。

結局のところ、登場人物の人としてのキャラも魅力の掘り下げも浅いような気がします。そして演奏される作品も同様。
その部分が浅いと映画を物語を引っ張っていけないわけで。

そういう説得力の弱さが、(比較していいのかな?)「ジャージー・ボーイズ」と雲泥の差となっちゃってるよね。
こういうのがお好きな方もおられるかもだけど、わたくしには予想以上に響いてこなかったですわ。

ただ ラストで“素顔の”フランクが奏でたあの曲は良かったですよ。

DSC_1518.JPG
FRANK な GUY
posted by 味噌のカツオ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

ぶどうのなみだ

三島有紀子
大泉 洋、安藤裕子、染谷将太、田口トモロヲ
北海道の空知に暮らすアオとロクの兄弟。兄のアオは葡萄の樹から赤ワインの醸造を行い、弟のロクは小麦を育てているが、思ったものが作れず悩むアオを、ロクは複雑な思いで見ていた。
そんな彼らの前にキャンピングカーに乗ったエリカという女性が現れ、二人の生活に変化が訪れる。

三島有紀子監督、主演・大泉洋、舞台は北海道の自然の中。
そのあたりは2012年公開の「しあわせのパン」を引き継いだカタチなんですかね。その作品が非常に印象に残っているので、それ相当に期待して見に行ってきました。

ところが…始まってすぐに「ヤバい」と。悪い意味で。
結果、2時間もたないどころか、ほぼほぼの時間 苦痛でしかなかったわ。なんだ、このしっくりこない感覚は?

とにかく冒頭の部分からそんな印象で。無理してでもキレイにピュアに作らなきゃいけない的なニオイとか。ちょっとオシャレな状況にしなきゃいけないとか。なんだかそれらが鼻について。
セリフというか言葉・会話の乗せ方もギクシャクして見えて。

するとそこに現れる謎の女性。いったいこの人は何者?と思っているそばから謎の行動をとりはじめ、そこへやってきた警察とやらも変なパトカー、変な制服、対応もおかしい。
さらに郵便屋さんとやらも同様。その他の登場人物も然り。

さすがにある程度のところで「これはファンタジーなんだね」というのは気付きました。
問題は、そのバランスが悪すぎると。

斬新な衣装でもぶっ飛んだ性格でも、それらがちゃんと機能してたらいいんですよ。ムーミンみたいな世界だっていいんですよ。
でもこの映画、全てが不自然なんだよね。

これはこれで原作もあるそうで。
まぁそれらを映画化するのにカットしたり(原作にはない設定を)インサートしたり、あるいは文字で書かれていることを演技で表現できていなかったり。伝わり切らないことってありますわね。
でも根本として、この映画は引き込まれる要素が乏しすぎるなぁ。

失礼だけどヒロインも全くキレイには見えない。美人かどうかではなく、キャラクターとして 人としての魅力が感じられない。
すごく一般的なOLならいいけど、ファンタジーというフィールドのヒロインであるなら、現実感の無さとか妖精度があってほしいもんだ。

ホントなら大泉洋 & 染谷将太という、素晴らしい役者が共演してるのに、その良さが全然引き出されてないんだな。超もったいない。

ぶっちゃけ料理もワインも美味しそうにみえないし(ワインは未完成だからそれでいいのかもだけど)。
とにかくいろんな描写が安っぽいというか、胡散臭いという感じで。「しあわせのパン」とは比べられないくらい。これはあまりに残念なデキだったなぁ

DSC_1509.JPG
あくびでなみだでてきた
posted by 味噌のカツオ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

フランシス・ハ

ノア・バームバック
グレタ・ガーウィグ、ミッキー・サムナー、アダム・ドライバー
ニューヨークのブルックリンでダンサーを目指す27歳のフランシス。ルームシェアをしていた親友のソフィが、アパートの契約を更新せず引っ越すと言い出しフランシスは困惑。
そんな周囲の変化にとまどいながら、彼女も自分の人生を見つめ直していく。

「FRANCES HA」が原題。そして邦題は「フランシス・ハ」というわけで。
全編モノクロの映像。冒頭に映し出されるのは主人公・フランシスと親友でルームメイトのソフィーの戯れる姿。
その雰囲気。登場人物の名前から、当たり前のようにフランス映画と思っていたのだけれど、アメリカ映画でした。どおりで舞台がNYCなわけだ(苦笑)

いつも奔放で明るく、モダンダンサーとして生計を立てたいと願い、そこそこコミュニケーションを取れる男友達がいて、なんでも分かち合える同性の親友がいる。

上映時間の86分間。起承転結という物語性より、ただひたすらフランシスの姿を追い続けます。
そこに映し出されるのは夢を追うために悩みながら、生活のためにバイトをして、やがて自分が自分らしくいられる場所を見つけ出していく。ひとりの27歳の女子、ありのままの日常。
友人と意思の疎通がギクシャクしたり、所々で話がかみ合っていない場面があったり。そういうところも含めてリアリティありまくり。

監督とフランシス役のグレタが共同で脚本を担当したというのも、その“らしさ”の一因かもしれませんね。

世界的にどうかは知らないけれど、そんなフランシスのキャラクターに共感を得たり、応援したくなる女性って日本にも多いんじゃないかな。
そういう点ではモノクロ映像でありながら、とても瑞々しくキラキラと輝くような瞬間も感じられました。

ですが、ぶっちゃけ男子目線で見ますと、なかなか疲れましたですよ。
その疲れた要因っちゅうのが、ほぼほぼ全編しゃべっているというところで。
その字幕をずーっと追っていたような気がする。

若干 空気読めていないっぽさも感じられつつ、基本 フランシスは純粋なイイ子だと思うんですよ。
でも彼女であろうが友だちであろうが、重要なこと!?単なる日常会話!?ずーっとしゃべってる人と付き合うのは疲れると思うんだよね。やぁ余程相性が合えばそうは思わないかもだけど。

前述の通り、ストーリーよりもフランシスのLIFE・日常の映画なので大きな盛り上がりやどんでん返しは無いと言えばない。
ただ それでも、ラストは友だちに対して「あぁよかったね」と告げられるようなことになっていきますので。

そして明らかになる「フランシス・ハ」というタイトルの意味。思わず微笑んでしまいました(^-^)

まぁまぁいい映画だとは思うけど、やっぱり男子よりも女子が見て共感を得るタイプの作品ですよね。
でも音楽は基本ごきげんな曲ばかりで。そこは男女問わずノレるポイントだったかな。

DSC_1446.JPG
フランシスは…
posted by 味噌のカツオ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

フライト・ゲーム

ハウメ・コジェ=セラ
リーアム・ニーソン、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ドッカリー
航空保安官としてニューヨークからロンドンへと向かう旅客機に登場したビル。彼の元に何者かからメールが届く。
それは指定口座に1億5,000万ドルを入金しなければ、20分おきに機内の人間を1人ずつ殺害するというものだった。

リーアム・ニーソンは若くしてトップスターに〜という活躍ではなく、その主演作が注目を浴びてきたのはここ数年というイメージ。
とはいえ現在62歳というのを知ってかなりビックリ。こういうカタチで売れてきた役者さんって、洋画・邦画問わず あまりないような。

サスペンス&アクションといった作風。ハートも体もメチャメチャ強いが、家族というコミュニティに恵まれない男。そんなキャラクターが大半。
もちろんこの映画もそんな設定。

リーアムが演じるのは航空保安官という役柄。「乗客に紛れて機内の細部に目を光らせる仕事」とのことらしい。
ただ 我々からすると、そういう存在がピンとこないこともあり、なぜ彼がこの飛行機に乗っているのかを把握しにくいね。
どうやら“相棒”的な存在もいるようだが、その男とはちゃんとした連携を取れていないのでますます「?」な感じ。

プロローグの段階で様々な登場(搭乗?)人物の存在が描かれているんだけど、これがみな怪しいニオイを漂わせてくれます。
一番怪しいと睨んだのは たったひとりで初めての飛行機を経験する女の子だったんだが…(-_- )

原題が「NON-STOP」ということで、飛行機が離陸してからは まさにノンストップで事態が展開していきます。サスペンスとしての見応えは上々。
いったい誰が何の目的でこんな挑戦を仕掛けてきたのか。そして次々と出る犠牲者。犯人はどんな方法で人質を殺していくのか。

完全に航空機内のみで展開する事件なので、ヒントがどこかにあるはずだとばかりに 自然とスクリーンにくぎ付け。
そして明らかになる真犯人の存在に口あんぐり。

それなりの満足感は得られますが…
以下ネタバレ的に。

“20分ごとに人が死ぬ”のはそうだけど、最初の犠牲者は犯人の手によるものではないではないか?
あんなところに爆弾があるということは、やっぱり もう一人の保安官も犯人のうちでいいのか?
そもそも犯人の動機・モチベーションは何であって、なぜ あの男をターゲットにしたか?

ちゃんとした整合性を わたくしが理解できていないだけなのかな?
であれば わたくしの負けで良いけれど、意外性や映像の迫力とは裏腹に、そういう「おや?」ポイントがあるというのは どやさ?と感じるわけであります。

密室劇としての緊迫感も十分に味わえるし、見た人の評価も悪くない。ジュリアン・ムーアの存在感なんかも上手いキャスティングだなと思いますし。
でも だからこそ、ちょっと惜しいなぁ〜と思えてしまうデキだったかな。
そう思うのはわたくしだけか!?

DSC_1444.JPG
メール?LINEではなくて?
posted by 味噌のカツオ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳

佐藤信介
綾瀬はるか、松坂桃李、初音映莉子、村上弘明
名画モナ・リザが40年ぶりに日本へやって来る。天才鑑定士・凛田莉子は雑誌編集者・小笠原と共にルーヴル美術館へと赴き、学芸員採用テストに臨みこれに合格。しかし その研修中、莉子に異変が起き、鑑定眼が狂っていく。
その原因を探ろうと奔走する小笠原は、モナ・リザに仕組まれたある事実を知る。

「歴史的な名画“モナ・リザ”を巡る本格ミステリーエンターテイメント」という触れ込みではありますが、正直そのスケール感には疑問符が(苦笑)
かつての「ダ・ヴィンチ・コード」に続き、邦画では初のルーブル美術館でのロケを敢行というトピックもありますが、それが生かされているかといえば やはりなんとも(苦笑)

主人公の凛田莉子は天才鑑定士という設定。その審美眼でありとあらゆるものを鑑定し、盗難事件を未然に防いだり、人物のプロファイリングみたいなことまでしてしまうスーパーウーマン。

とまぁそのキャラクターづくりはわからんでもないですが、小さく映っているペンに緑色はないとか、そのカバンはネット限定980円とか。そんな情報まで頭に入っているんだ〜ということにドン引き。

同じく揚げ物の音とまな板の音でガラスを割る音が相殺されて…という推理にもリアリティ感じられず。
またそれがヒットするってことは、犯人もそこまで計算してたんだ〜ということにさらにドン引き。
映画が始まって早々に真面目に見る気力がなくなっていきました。申し訳ない。

12枚のモナ・リザから本物をあぶりだしていく方法は面白かったけど、そもそもあれも ちまちましたゲームみたいで。なんだかね。

クライマックスへ向かっていく部分も「時間が無い!」とか言いつつホテル行ってエレベーター上って、またひと悶着あってから港に移動とか。スピード感を得られず。

様々な推理も莉子の知識の中からヒントが出てくるわけじゃないですか。
たとえば映画の前半に いわゆる“伏線”があって、それが何かを導き出すなら観客も「ほぅほぅ」と納得いくけど、突然見つけたレシートで「勝どき橋」とか言われても、ホントご都合主義としか思えないわ。

ただし、この絵はこういう経緯で本物だと。いやだからこそ贋作だ…というやり取りだけは面白かったけどね。そこだけは。

さてさて、最後にもう一つの残念ポイント。
設定が1014年の秋〜冬という時期なのかな。ロケもその季節だったようで。

その結果、綾瀬はるかの衣装が…厚着なんです。なんならコートまで羽織っちゃうような。
つまり、そのプロポーションが全く隠されているという。

ストーリーや推理が取ってつけたような内容で楽しめなかったので、せめて「プリンセス・トヨトミ」みたいに走るシーンでもあればと期待したわけですが。
返す返すも残念な仕上がりだと思いますね (-_-;)

Ban-Q.JPG
かろうじてセーラー服が…(苦笑)
posted by 味噌のカツオ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

プリズナーズ

デニ・ヴィルヌーヴ
ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ヴァイオラ・デイヴィス、ポール・ダノ
感謝祭の日、平穏な田舎町で2人の少女が失踪する。すぐさま容疑者は確保されるが、証拠不十分で釈放。少女の父親はその容疑者こそが犯人であると確信し、わが子を救出するためにある策を実行に移す。

アメリカでは結構ヒットしたそうなのですが、日本では上映館も少なく あまり注目されていないのかな。でも得てしてそういう作品の中に、なかなかの傑作が多いというのも 過去ずいぶんと経験済み。
この「プリズナーズ」も良い作品でした。終始不穏な空気が漂い、全く先が読めない展開で、見応えのあるサスペンスです。

「PRISONERS・プリズナーズ」は直訳すると「囚われ人」となりますかね。
手錠で身を囚われる場面もあれば、ある考えに意識を囚われているという描写もあったかな。

日本人には馴染みのない感謝祭の日。近くに住む2家族でディナーを楽しんでいたところ、両家の6歳と7歳の娘の姿が見えなくなり、周辺を捜索。警察の尽力で容疑者の青年を確保したものの、10歳程度のIQしかないとされる男にまともな聴取などできるわけもなく 2日後には釈放。
そこでヒュー・ジャックマン演じる父親が取った行動っちゅうのがかなり過激なもので…

これは冤罪事件の裁判でもあるんですが、裁判で冤罪(無罪)が確定して被疑者が釈放されても、被害者の家族は「そんなはずがない」という意識になるんです。「じゃあ真犯人はどこの誰なん?」とはならないんです。
一度 そうだと思い込んでしまって、大局が見えなくなってしまうんですね。
まさにこの映画もそんな構図で。

物語の中心はこの父親だけではなく、もうひとり どこか斜に構えたような刑事がおります。
彼のキャラが昔はワルだったとか、他人の話をどこまで受け止めているのか怪しかったり。ちょっと曲者。
でも見ていたらわかってくるんですが、実は上司と違って かなりアツい男で。

娘を思うがあまり暴走してしまう父親と、クールに真相に迫っていく刑事。2人の視点でストーリーが進行していくので、観客も2つのハラハラを同時体感。
途中で別の事件なども絡まってくるので、刑事としてはかなり惑わされて大変そうだったりして。

さらには 事件が驚きの展開をみせていっても 常に“?”がついて回る感じで、かなり終盤に至るまで真相は明かされていきません。
しかし最終的には、前述の別事件や様々なエピソードが1本の線になっていって、思わず唸ってしまいますね。

何気に誰かが語ったセリフや小さなアイテムもすべてが伏線であり、一気にそれらが回収されていくのでね。事件のあらましとしては、少しだけ苦々しい思いも残るんだけどね。

自分に子供がいたとして、その子を守るために自分だったら何ができるのか どこまでできるのか。そんなことを問う要素もあるけれど、さすがにあの父親はやり過ぎか?
やはりもう一人の父親のように ちょっと引いてしまうだろうけど。でもその嫁さんがまた驚くようなスタンスになってしまうし。それはそれで考えさせられますね。
それより何より、アレックスは重ね重ねで監禁という災難に巻き込まれたようで。シャレにならんよねぇ(苦笑)

じつにヘヴィーなテイストの作品ではあるけれど、アメリカでも高評価を受ける土壌があるんだね。
決して晴れやかな印象でもなければ、かといってバッドエンドでもなく。でも あんなに味わい深いラストシーンは近年ではなかなか見られないっしょ。
なんとも「いい映画を見た〜」って気にさせてくれる終わり方でした。

というわけで、間違いなく映画好きにおススメな傑作サスペンスですよ!!

DSC_1126.JPG
アナと穴と雪と少女
posted by 味噌のカツオ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

ブラック・レイン

リドリー・スコット
マイケル・ダグラス、高倉 健、松田優作、アンディ・ガルシア
ニューヨーク市警のニックとチャーリー両刑事は殺人犯の佐藤を日本に護送するが、大阪空港で偽装警察に身柄を奪われてしまう。
2人は大阪府警の松本警部補の監視下にてその後の捜査を見守るが、独自の調査で佐藤の足取りを追っていく。しかし2人は佐藤を始めとするライダーたちに取り囲まれて…

「第二回 新・午前十時の映画祭」が4月5日からスタート。第二回?新?とにかく この企画も何年か続いていますが、そこで この「ブラック・レイン」が満を持してラインナップに入りました。
名作と呼ばれるものは いくつもありましょうが、こういった作品を劇場のスクリーンで見られるというのは何ともありがたい企画です。

1989年制作なので 今から25年前の作品。わたくしはそれよりも後にビデオで見ております。
いずれにしろずいぶんと前のことなので細かいことは覚えていないのだけどね。

冒頭のタイトルロゴ。「BLACK RAIN」というアルファベットが縦書きで表記されていたのは日本流を意識してのことなのかな?

そんなことを思いつつ、本編が始まったら何だかミーハー気分でキャストに目がいっちゃいましたね。
渋いマイケル・ダグラスと若いアンディ・ガルシア。爬虫類系の怪しさをまとった松田優作。
かと思えば今や違う意味で注目されちゃってる内田裕也とガッツ石松。

そして高倉健、神山繁、若山富三郎。
後半には安岡力也に島木譲二。あとサトーの子分はサングラスでわかりにくかったけど國村隼だったのかな。

アメリカの映画に日本人が登場すると、たいがい言葉がカタコトだったり超ダイコンだったりするんだけど、これだけちゃんとした役者さんが出てるというのは。それだけでも素晴らしいと思っちゃうんだよね。
そんなアメリカ人と日本人がバディになったり対決したりですから。

そりゃあ細かいこと言えばアラがあったり「おや?」と思う点もあるにはありますが、それを凌ぐ見どころいっぱいです。

高倉健さんの放つ実直な日本人像は、どストライクのキャスティングだと思いますし。
そして(散々語られてきている)松田優作がここで打ち立てた悪役像は、群を抜いた異彩を放ってクリーンの中に存在しています。

ちなみに当時、この映画の日本公開から1か月後。松田優作は逝去されました。40歳で。
もちろんこの作品が遺作であります。

そんなキャストへの思い入れももちろんですが、作品自体が多くのファンを持っていることもあり、Wikipediaや様々なサイトでこの映画の裏話なども出ております。
そんなことを知ったうえで見ると、また感慨深いものがありますね。

今回、このような企画によりスクリーンで体感することができましたが、もう感想とか想いとかそういうのは何とも言えません。
ただただ、この世界感に触れられたことが何よりです。

ただし、この映画は女子が見ても何も感じることできないことでしょう。心から浸れるのは男だけだね。間違いなく。
男でよかったと思える作品でもあるのかもしれません。
posted by 味噌のカツオ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

バイロケーション 裏

安里麻里
水川あさみ、滝藤賢一、酒井若菜、豊原功補
ある日、スーパーでニセ札の使用容疑をかけられた忍。刑事・加納に連行された忍だったが、辿り着いたのは怪しげな洋館。そこはバイロケと呼ばれるもう一人の存在に悩まされる者が集うバイロケーションの会であった。全く事態を呑み込めない忍だったが、そんな彼女の目の前にバイロケが現れ、本物の忍を睨みつけるのであった。

「バイロケーション」自分の近くにもう一人の自分が出没する現象。世界中でそういった報告がなされている怪奇現象の一つ。

この映画には表バージョンと裏バージョン。異なる2つのラストシーンが用意されておりまして。
ちなみに表バージョンの感想はコチラに掲載してあります。「バイロケーション 表

過去 稀にですが、劇場公開版とは別のエンディングも収録されたDVD版の映画とかあったような!?
ですが今回は、劇場で表と裏の2パターンを公開ということで。

たとえば主人公が大きな決断を迫られて、こっちだったらどうなった?あっちを選んでたらどうなった?
みたいな2パターンの結末を上映するなんて映画の楽しみ方も、今後 出てくるのかもしれないですね。

さて、ちょっと意外に感じたのは、表の公開時に上映前の予告編とか上映後とかに「裏も見てね」的なお知らせが皆無だったこと。なぜそんなにPRをしないのか?
でもわたくしは面白そうなので、見てきましたよ。裏バージョンも。

入ってくる情報から察するに、表も裏もほぼ同じ内容だけど、ラストの10分ぐらいが別バージョンになってるのかな〜というイメージ。
ただ同じ内容であっても秘密を知ったうえでみるとどう見えるかという楽しみがあるので、それはそれでよかったです。

ところが、事の真相を知ったうえで見ておったわけなんですが…ちょっと勘違い入ってた?あっちが本物でこっちがバイロケ?なんと2回目にしても混乱してしまったわたくし。
ミスリード?あるいはリードミス?必要以上の映像トリックに引っかかってた?こりゃ3回目が必要かも(苦笑)

などとあたふたしながら見ていたところ、もうひとつドキドキさせる事象が。
なんと、ラストまで全く同じなんです。

あれ?これ裏じゃないの?間違ってもう一回 表を見に来ちゃってた!?
と思いきや、ほぼほぼ終了した時点で、ほんの1〜2分だか短いワンシーンが追加になっておりました。
あとは追加シーンに合わせてかエンディング曲が希望を持てるものに代わってました。
もやもや…

確かに結末が違うという言い方は間違ってはいない。明と暗との意味合いの違いは大きいですよ。
だけどロールプレイングであっちの道はどこに続いていて、こっちの道はどこにつながるのか的な、そういう違いじゃないんだな。
映像作品としては、ちょっと付け足したってだけで。
それで2パターン上映というのはどうなんだろう。

巷の意見をのぞいてみれば、一旦 同じ結末まで行くのであれば、(これも時々ありますが)エンドロール後にエピローグ的に裏バージョンを上映するやり方もあったんじゃないかと。
あるいは表の半券を持っている人は、500円で裏も鑑賞できるみたいなサービスがあっても良かったのではと。
そのような感想を目にしました。ホントにそんな感じでしたね。

結局わざわざ付き合った挙句、裏の結末に衝撃も受けなかったし、手法にガッカリもしたし。
これはちょっと…という印象。

前述の通り2バージョンを劇場公開ということを否定はしませんが、たったこれだけで“2バージョン”として売ってしまうのはどうかと思う。
こんなのが横行してしまっては、映画界的にイメージダウンになっちゃうんじゃないですか。
長い目で見たら そういうのが心配だよ。

2xRoke.JPG
とかく“裏”ってのは罪なもので
posted by 味噌のカツオ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする