2013年06月19日

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

トッド・フィリップス
ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス
フィル、ステュ、アラン、ダグの4人はステュの結婚式に出席するため、タイに向かう。ラスベガスでの悪夢を経験したスチュはバチェラー・パーティーは行なわないつもりだったが…
翌朝二日酔いから目覚めると、そこはあの日と同様の惨状で。しかも花嫁の弟は行方不明。果たして彼らは失われた記憶と花嫁の弟を取り戻すことができるのか?

1作目はビデオで見ておるのですが、まもなくパート3が公開というということもあり、予習の意味も込めて見ました。シリーズ第2弾。

フィルが電話で「すまない。またやっちまった」などと語るファーストシーン。
おいおい、今度はいったい何が?とシリーズのファンのワクワク感をUPさせるような出だしが心憎い。

歯科医のスチュが結婚することになったと(再婚?)。お相手はタイ人の美女。
かつてのラスベガスでの失態を教訓に、バチェラー・パーティーは行なわないという約束で、結婚式のためにタイに向かいます。
そこまではいいんだけど。。。

どうにも飲まなきゃやってらんないという話になり、彼らは1本づつのビールで「乾杯!」。
そして その次の場面ではもはや手遅れな状況になっとります(笑)
果たして この一夜に何が起こったていたのか!?

そこで再び フィル、ステュ、アランの3人で足跡を遡っては真相に直面したり、また新たなトラブルに巻き込まれたりという展開。
舞台がタイ、バンコクということで、それらしいエピソードも登場するんだけど。いやぁ〜ウワサには聞いていましたが、タイの盛り場にはホントにキレイなお姉さんがおるんだと…驚きましたねぇ。驚いたうえに大爆笑でしたが。

さて、ラストの近くではまたも あの男が登場したり、真相が明かされなかった状況も含めて エンディングには また証拠写真が出てきますので。コレも見ものです。

正直、映画としてのフォーマットは驚くほどに1作目と同じで。
でありながら、決してマンネリともレベルが下がったとも思わせなかったのは素晴らしい。
観客の許容範囲のちょっと上あたりをなぞっていく。その感覚が絶妙なんでしょうね。きっと。
なので、1作目を見た人は重ねて楽しめるだろうし、見ていなくても十分に楽しめる作品なんじゃないかな。
posted by 味噌のカツオ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

箱入り息子の恋

市井昌秀
星野 源、夏帆、平泉 成、森山良子、大杉 漣、黒木 瞳
健太郎は市役所務めの35歳。友達もいなければ女性と付き合った事もない息子のことを憂い、両親が勝手に代理見合いにへ出席。その縁で今井家の一人娘・奈穂子とのお見合いが決まる。
お見合い当日。奈穂子は目が見えない女性だと知らされるが、それでも健太郎は恋に落ちる。が二人の行く手にはそれ以上の障害が待ち構えていた。

主人公の健太郎は35歳の公務員。人付き合いは全くせず、昼休みには歩いて自宅に帰り 用意された昼食を食べ、夕方5時になれば真っすぐ帰宅し自宅で夕食を食べ、ペットのカエルを眺めてはテレビゲームに勤しむ。
そんな無味無臭な生活を送る男。

両親からは「自分たちがいなくなったらどうするの」と問われ、「誰にも迷惑かけずに生きていけるだけの貯金をするから大丈夫」と答える始末。
そんな彼が ちょっとしたいきさつを経てお見合いをすることに。

しかし実は彼女は病により全く目が見えない女性で。また彼女を思うがあまり、父親は結婚相手に厳しい条件を求めてきます。
そんな場面。一方的にダメ出しをする父親に、ゆるやかに反論をする健太郎。この時点で劇場内からすすり泣きが。
続いて帰宅した健太郎の行動を見て、さらに広がるすすり泣き。

なにがどうってわけでもないけれど、確かにヒリヒリした感情の応酬と言える場面でしたね。
とても今どきの草食系を思わせる主人公だけど、この手の議論はずっとずっとされていることだと思います。
それだけに、誰が見ても訴えかけるものがあるんじゃないかな。

その後日、突然 健太郎の目の前に奈穂子が現れ、言葉を交わすうちに二人は意気投合。
他者との関わりを避けてきた箱入り息子と、他者との付き合いを制限されてきた箱入り娘が、互いの距離を縮めていく場というのが 吉野家だったり立ち食いそば屋だったりするんですよ。それが我々のような庶民にとってはグッときちゃうのだな(苦笑)

さて、恋にのめり込むあまり周りが見えなくなることを「恋は盲目」なんて申しますが、それ以前に奈穂子は目が不自由なこともあり、健太郎の純真な姿勢に引き込まれていきます。
ところが、その交際が奈穂子の父親の知れるところとなり、それが引き金で えらいことが起きてしまうわけなんですが…

二人が再会したとき。なんでしょう、見えないので彼に気付かない奈穂子をこっそりと見守ろうとする健太郎。守護神とはこんな存在なのかな。
そして訪れる吉野家のシーン。いやぁ〜これは涙無しには見られなかったなぁ(ToT)

エンディングに向かっては少々エキセントリックな印象にも偏っていくんですが、先ほども書いた通り「恋は盲目」ってヤツで。
誰かに多少の迷惑がかかったとしても、走り出していく時ってのがあるんだろうね。

前半は あまりに展開が遅くて若干イラッとするぐらいのスローテンポだと思ったんですが、後半のエネルギーの吐き出しどころが絶妙で。
見てる観客も スクリーンと同じ速度で感情が高まっていける。そんな映画だったと思います。

まさに のび太っぽいビジュアルの健太郎役を星野源が好演。
残念ながらパンチラこそないものの、清楚なたたずまいの夏帆ちゃんがメチャ魅力的。もちろん演技も素晴らしかった。
その二人をサポートするのが平泉成、森山良子、大杉漣、黒木瞳。隙が無いとはこういうこっちゃね(笑)

障害が…壁があるほどに恋は燃えるのかもしれませんが、いやいや、それが無かったとしても このピュアな恋心はしっかりと観客に届くんじゃないかな。

作品中、カエルが所々に登場します。まさに自分の生き方や価値観をカエルというメッセージも含んでる?
でも、おたまじゃくしは出せずじまい。
そりゃ余計なお世話だね(苦笑)

DSC_0391.JPG
タカさんの娘はヤリマンじゃな〜い
posted by 味噌のカツオ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命

デレク・シアンフランス
ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデス
移動遊園地でバイクショーを行う、天才ライダー・ルーク。偶然かつての恋人ロミーナと再会し、密かに自分の子を生んでいたことを知る。
2人を養う資金欲しさに銀行強盗を繰り返すルークだったが、ある時 ミスを犯して野心的な新米警官・エイヴリーに追い込まれるが…。

昨今の映画界で注目の2人、ライアン・ゴズリングとブラッドリー・クーパーの共演。
といっても2人がクロスする場面は ごくわずか(一緒に映るシーンはない?)なのですが、それぞれが主人公となる存在として登場しているので、その魅力はたっぷり伝わります。

前半はライアン・ゴズリング演じるルークが、告げられぬ間に父親になっていた事を知り、元恋人と子供のために何かをせんとするのだが・・その手段というのが銀行強盗で。
始めは吐いてしまうほどの緊張感を覚えつつ、罪を重ねるごとに感覚が麻痺していき、その挙げ句 悲しい結末へと進んでいきます。

続いてブラッドリー・クーパー演じるエイヴリーの章。
育ってきた環境もあるでしょうが、とことん正義感の強い彼。まだ警官になって間もない彼が、ひとつの事件とかかわったことで、その後の運命が大きく変わっていく…と。

そして後半は15歳の少年2人の物語。生まれも育ちも違う2人がひょんなことから出会い、行動を共にするなかで遭遇する現実。
そんな3部構成の作品。

140分の間に この3つのエピソードが濃密に展開していくので、中だるみもなく、どんどんと引き込まれていきましたわ。

基本的には男の物語ですよ。
もちろん男の生き様に2つと同じモノはないのだけれど、それでも嬉しいことや困難が降りかかってくる場面は必ずありえます。
ルークもエイヴリーも、あれよあれよという間に それぞれの運命にもてあそばれて。そこへ聞こえてくるのが「悪魔のささやき」というヤツで。
果たして そのささやきを受け入れてしまうのか、あるいは打ち勝つのか。

原題は「THE PLACE BEYOND THE PINES」。直訳すると「松林を越えた場所」。確かに緊張感がグッと高まるシーンが松林の中で繰り広げられます。

そして日本公開では「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命」となっています。

全編を通じて 誕生、成長、仕事、出世、愛情、幸福、そんなキーワードが散りばめられつつ、その全体を‘宿命’という一言で覆っているような。

映画として物語として、とても見応えありましたが…
もしも この3部の順番を逆に上映していったら、また印象が変わってくるかもしれないね。

DSC_0850.JPG
Go to the bank
posted by 味噌のカツオ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

ハッシュパピー バスタブ島の少女

ベン・ザイトリン
クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー
ハッシュパピーはバスタブ島で父親と暮らす6歳の少女。ある日 大きな嵐がバスタブ島を襲い、島の大部分が水没。ハッシュパピーの大好きだった日常を奪っていく。
何とか難を逃れたハッシュパピーだったが、今度は父親が病に倒れてしまう

年明け早々、映画界ではアカデミー賞の話題が豊富になり、様々な作品が取りざたされるものでして。
この作品も 作品賞、監督賞、主演女優賞、脚色賞と4部門でノミネート。

しかも主演女優賞のクヮヴェンジャネ・ウォレスは撮影当時6歳ということで、史上最年少のノミネートとなっておりました。
ただし最優秀に輝いたのは0という結果だったんだけどね。

とにかく その辺りの関連作品もチェックはいたんだけれど、この作品だけは不思議なことに タイトルこそ気になりつつ、内容はピンとこないままで。
でもそれはそれ。

良い映画たるもの、予備知識なく見ても面白いものは面白いのだ!という信念の元に鑑賞してまいりました。
その結果、残念ながら着いて行くことできず…でした。

帰宅後にチラシを見たら…
ハッシュパピーは自分に特殊な能力があると信じていた。それは動物と会話ができること、予知能力があること。そして自然が崩壊し氷河に閉じ込められた野獣が眠りから醒めることを恐れていた。
えっ、そんな設定だったの(苦笑)
そんな具合で。

主人公・ハッシュパピーのヘアスタイルや表情に目ヂカラには引き込まれるものあったけど、彼女の頑張りに期待するよりも、見る側として もっと序盤からファンタジーとして受け止めなきゃアカンかったね。
逆にファンタジー視線で見てたら 街なかのキチンとした保護施設が出てきて また戸惑ったけど。

見た人の感想などを見る限り、ジブリのテイストを重ね合わせて見てた人が多かったようですね。
残念ながら、わたくしジブリ苦手なもので。だからなおさら感性、合わなかったのかな。

うん、見る人を選ぶというよりも、わたくし個人的には乗り切れませんでした。残念。
でも一般の方であれば、きっとハートが暖かくなるような作品であると思います。
たぶんだけど。。。

DSC_0332.JPG
はしゅーぱぴぱぴ
posted by 味噌のカツオ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

HK/変態仮面

福田雄一
鈴木亮平、清水富美加、ムロツヨシ、片瀬那奈
正義感の強い高校生・色丞狂介は突然現れた転校生・姫野愛子に一目惚れしてしまう。
そんな日の帰り道、愛子が銀行強盗に巻き込まれ、人質にとなる事件が発生。彼女を救出すべく、覆面を被り強盗に立ち向かおうとした狂介だが 間違って女性用パンティを被ってしまう。
が その瞬間に狂介の体が覚醒。彼は変態仮面へと変身する。

コミック雑誌を読まないわたくし。原作は知らないんですが、さすがにこのビジュアルにこのテーマは大変気になってまして。
期待を込めて見てまいりましたが、いやいや…期待を裏切らないどころか感動すら覚えましたですよ(笑)

世に様々あるアニメ・コミックの実写映画化。原作の世界観が壊されるなどと言って否定的な声も多いのですが、どうやら これは成功の部類に入るみたいね。

主演の鈴木亮平くんは以前から気になってた役者さんでして。体もデカくて存在感あるし、それとなくイイ男だし。
ただ若干 演技力が弱いなと思ってたけど、驚きました。ものスゴ上手になってます。表現力が上がってます。
時間をかけて肉体改造も行なったという 筋肉にお尻。女性ファンにはたまらなく仕上がってました。
そういう部分の説得力って、映画には大切ですから。

そして何より、あのビジュアルで、パンティを被って恍惚の表情を浮かべるという、最も恥ずかしい姿を惜しげもなく晒してましたから。
体だけでなく、ハートもデカくなっとるんだな。おいなりさんは詰め物の可能性あるけどさ。

敵役のムロツヨシ、佐藤二朗、安田顕あたりの怪演っぷりも見事。
出演者、皆 容赦なく振り切れてましたわ。

ドSの母とドMの父の間に生まれ、とても正義感の強い高校生が、ひょんなことから自分の中の‘変態仮面’に目覚めるというくだりはグイグイと引き込まれました。
あの筋肉で、あのポーズで、ジワジワと にじり寄られたら確かに…コワくて 気持ち悪いんだけど、どこかカッコイイんだよねぇ(笑)
ただの変な会話やポーズだけでなくて、パンティ被って股間モッコリですから。もぉホントに見ててバカ負けしちゃって。笑うしかないもん。

さすがに終盤は間延びしたような印象もありましたが、全編を通して正義の心を純真な愛が伝わってきて。
特に、大好きな彼女のパンティを求めるという行為。そしてそれこそが最強のパワーに繋がるという理論。これは感動せずにはいられませんでした。泣けたッス。マジ泣けたッス!!

自殺志願者の命を股間で救い、夜のビル群の中を疾走する姿は、スパイダーマンのそれと見まごう程にアメイジングで。
ハリウッドでリメイクという声がかかってもおかしくないことはないでしょう。

でも、このような下ネタベースの笑いは罪がないですし、観客を幸福に導くという点に於いても、素晴らしい作品に仕上がってると思います。
今年を代表するような一本になるかもしれません。
ならない可能性のが高いかな(苦笑)

この手の作品はDVDで見ればいいと思ってるアナタ。できればここはひとつ、劇場の大きなスクリーンで 巨大なおいなりさんを拝むこと、オススメしますよー!!

DSC_0327.JPG
けっこう仮面との共演、見てみたいね
posted by 味噌のカツオ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

ボクたちの交換日記

内村光良
伊藤淳史、小出恵介、長澤まさみ、佐々木蔵之介
お笑いコンビ・房総スイマーズの田中と甲本。結成12年、30歳を目前にしながらも売れる気配は一向にない。そんな状況を打破せんと甲本が提案したのは‘交換日記’。
互いの本音をぶつけ合い、再び夢に向かい始めた二人は、お笑いコンテストにすべてを賭けるが…。

鈴木おさむの原作をウッチャンこと 内村光良が監督・脚本で映画化。
率直に言って、結構良いデキだったと思います。お笑いという芸は本来、二人の掛け合いで高めていくものだけど、大半を‘交換日記’の一人語りで紡いでいくのが面白かったです。

とても心に響いてきたのも事実ですが、それゆえ もっとこうして欲しかった的な、上積みを期待しちゃって厳しい意見も出てきちゃうのだけど。
この作品を見た人の多くが「泣けました」と語っている通り、根本にあるのは心を揺らすような人と人の関係ですね。

主人公はお笑いコンビの2人。
この‘お笑いコンビ’というヤツは、過去映画で何度も描かれてきたような 恋愛関係、友情、バンド、スポーツチーム…いずれにも当てはまらないけれど、いずれにも通じる題材であるんよね。
誰とコンビを組むかって問題は、誰と結婚するかみたいなもんだし、「ウチのバンドにはアイツのギターが必要なんだ」という思いと「オレのボケをアイツにツッコんでもらいて〜」も仕組みとしては一緒。

そう考えると、全ての感情が見ていてとても受け止めやすくて、それでいて新ジャンルっぽさも感じられて。
誰が見ても伝わるものがあるはずですし、前述の通りバンドマンや団体スポーツやってる方、あるいは劇団の役者さんなんかでも合い通じる要素を含んでいるはずなので、見て共感を得る人は多いでしょうね。

と同時に。あまりにヒリヒリした内容でもあり、とてもデリケートな部分にも触れているわけで。
なので共感だけではなく、逆にこれを見て反発する芸人さんも出てきて欲しいという期待もあります。

現在 上を目指して必死こいてる芸人さんが「俺たちはこんな風にはなりたくない」とか「そんなに甘くねえよ」だとか「ウチらの笑いでこんなもの越えてやる」でも何でもいいですよ。
この世界観に反発できる芸人さんがいてくれた方が、なんかリアリティ感じられるんだけどなぁ。
キンコン・西野がこの作品に噛み付いた心理はわかりませんが。。。

個人的には もっとネタの場面をじっくり見せて欲しかったのと、もう少しネタの完成度を高めて欲しかった。それは音楽映画でライブシーンに迫力が欲しいってのと同じくで。
あと惜しむらくは病気ネタを絡めて欲しくなかったかな。後半は十分に感情の起伏がハッキリしてるので、そこで病気入れちゃうと 安っぽくなってしまいそうで。
別々の道だけど、元相方にはできない道を必死で歩いてるってだけでも説得力あると思うので。

伊藤淳史は不器用そうに見えて安定感ありますね。小出恵介はリズム感と言うべきか。元々好きな役者ではあるけど…お笑い芸人としては ちょっとカッコ良すぎ?
木村文乃の佇まいにはホッとさせられ、長澤まさみはやっぱりカワイかった。
「モテキ」でもそうでしたが、長澤まさみサイコーです(笑)

DSC_0299.JPG
南原さんと交換日記とかしてるん?
posted by 味噌のカツオ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

ヒステリア

ターニャ・ウェクスラー
マギー・ギレンホール、ヒュー・ダンシー、ジョナサン・プライス
誠実であるがために勤めていた病院をクビになってしまったグランビル。なんとか仕事を…と面接を重ね、たどり着いた診療所。
そこで行なわれていたのは女性のヒステリーを緩和させる“マッサージ療法”。グランビルも日々治療に明け暮れるのだが、あまりの激務に 利き腕が使えなくなってしまう。

試写で見てきました。事前の情報によりますと…
現代のラブライフにおいて広く愛用されている電動バイブレーターの誕生秘話。この物語は、これまで語られることのなかった驚きと赤面のエピソードを、痛快なテンポで爽やかに描いたヒューマン・ドラマ。
…とありました。

いわゆる大人のおもちゃと言われる女性用のバイブ。こいつが どのようないきさつで開発されたのかという、そんな映画。
って 結論から申しますと、下世話に期待してしまうような‘そんな映画’ではありませんで。

男性以上に女性というのはデリケートなもので。現代でも更年期であったり、ホルモンバランスであったり、様々な要因でイライラしたり 体調が不安定に陥ったりするもので。
この映画の舞台となっている1890年ごろは、さすがに更年期とまでの言葉ではないものの、ヒステリーという女性特有の病気があったとのこと。

その症状は「すぐに泣く。異常性欲。不感症。うつ病 など」ということで。それらを解消する医療行為として、女性のデリケートな部分をマッサージしていたっちゅうことなんですな。
マジメな話です。

それから そのような症状は、さすがに若い女性からはみられないようで。ご婦人たちばかりでして。
やっぱり期待には添えないかなと(苦笑)

時代背景として 徐々に発電機が普及し始め、それもあって電動のマッサージ器という発想が出てきたということ。
そして移り変わる時代の中で、高貴なものもおれば、貧しい人たちもおり、そんな人々が時に反発し合い、時に心を通わせて関わっていくという。
率直な感想としては、広い意味で女性の映画と思いましたですね。

ただし「大人のおもちゃの開発秘話」というスケベ心を抱えて劇場に入ってきた人を、それとは違う感動を与えて出口に向かわせることができるかっちゅうと…
ヒューマン・ドラマとしては やはり弱いかな。

でも 思わずニッコリ微笑んでしまう場面もありますし、トータルとして清々しい気持ちにもなれますし。
そして その当時を再現した衣装・セット・小道具など、映画的な見どころとも言えるかな。

男性として言わせてもらうなら、やっぱり女性の笑顔は良いもんじゃないのかな(笑)

DSC_0262.JPG
TENGAの開発秘話も気になりますね
posted by 味噌のカツオ at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

フライト

ロバート・ゼメキス
デンゼル・ワシントン、ドン・チードル、ケリー・ライリー
着陸直前、機体の故障で制御不能になった航空機をかろうじて不時着させ、被害を最小限に食い止めた機長のウィトカー。彼は奇跡のパイロットとして一躍ヒーローと讃えられる。
が 後日ウィトカーの血液からアルコールが検出され、調査委員会に動揺が走る。

映画の冒頭、キレイなお姉さんの素晴らし過ぎるボディが拝めます。それが機長と関係を持つCAさんであるというのは すぐにわかるわけで。
「やっぱりそういう関係になるんやなぁ」とか「やっぱCAさんは美人でスタイル良くなくては」など妙に納得したり。。。

そして悪天候の中 離陸していく旅客機。ここからの映像が非常に見応えありました。
わたくし 飛行機を操縦したことはありませんが、どんな状況で 何をして どうしたいのか、じつにわかりやすく描いてあると思います。
雲の中を抜けて、着陸せんとした際に故障が発生。そして最善の策として背面飛行を経て かろうじて不時着をすると。

映像も臨場感も見事なもので、しばらく興奮状態を維持したままスクリーンを見つめておりましたわ。

さて、ここからがこの映画の本筋へと相成って参ります。(以下 ネタバレ含む)
ようはアルコール中毒・ドラッグ中毒の男が、どうやって保身を図っていくのかという憐れな姿。
ホントに露骨に‘お粉’を鼻から吸引という場面が出てきます。「テッド」を見たときにも感じたけど、少なくとも今の日本のテレビでは放映できないシーンじゃないかな。

元々アル中でフラッフラなんだけど、‘コカ’を IN することで‘シャキッ’となるという。
当然わたくしはやったことはないけれど、それで目が覚めるなんてハナシも聞いた事ありますし。
このウィトカー機長も‘コカコーラ’では満足できず‘コカ’に頼ってしまうわけだ。コレ、マジ。

とにかく救いようの無いダメ人間。
そんな酒に溺れて嘘にまみれていく彼が、最後の最後で良心と向き合うことになるのですが…
そのきっかけが彼女の写真を目の当たりにした瞬間というのが、正直弱いなぁ。

であれば、もっともっと彼女を亡くした喪失感とか愛情が伏線としてないと説得力ないんじゃないかな。

無免許で車を運転し、睡眠不足で事故を起こしたと。免許は無かったけど確固たる運転技能はあったので危険運転にはあたらない…なんて事例もありましたが、あれにはみんな首を捻ったよね。
超一流の腕前で多くの命を救ったのは事実だが、アル中のまま操縦桿を握っていたパイロット。

一部のレビューを見ていると、この堕落した人間を主人公に据えた時点でダメ映画だとか、彼の行動を言語道断と切って捨てる意見もありました。
わたくし自身 そこまで断罪するつもりはないけれど、確かにこれを美談としてしまうには抵抗があるわな。
あなたならどう考えますか?

DSC_0238.JPG
「ハングオーバー」の笑えない版
posted by 味噌のカツオ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

ファイヤー ウィズ ファイヤー

デヴィッド・バレット
ジョシュ・デュアメル、ブルース・ウィリス、ロザリオ・ドーソン
偶然にもギャング絡みの殺人事件の目撃者となってしまったジェレミー。裁判で証言ををする必要にかられるも、その間の安全確保のため 証人保護プログラムに則り、地元を離れ名前も変えて暮らすことになる。
8ヵ月後、まもなく裁判が始まると聞かされたジェレミーに何者かがライフルを発砲。ジェレミーは居場所を突き止めたギャング団から命を狙われることになる。

日本に於ける洋画も大ヒットか鳴かず飛ばずかの両極に分かれちゃってるような気がしますね。
「スパイダーマン」「ハリーポッター」「パイレーツオブカリビアン」。大作とされる様なものはそれとして、スマッシュヒット的なものって少ないんじゃないかしらん。

そこで こういった「ファイヤー ウィズ ファイヤー」みたいな作品が、映画ファンの支持を受けて、ジワジワと興行収益を上げていくとかなれば業界的にはいいのにね〜と。
そんな‘期待’も込めて鑑賞したわけですが・・・

正直、残念ながら 少々残念なデキだったかなと・・・(苦笑)

日本にはない「証人保護プログラム」なる設定を組み込んで、追う者と追われる者の逆転という発想は面白そうなんだけど、登場人物のキャラや サイドストーリー的な部分に‘惜しい’という思いを隠せなかった。

悪役のギャングのボスっちゅうのが 見た目普通なんよね。キレ者で非道で腕っ節も強いボスというものを期待してしまうんですが、なんか顔が普通で。
イメージとしては ちょっとインテリ系のプログラマーとかにしか見えない。胸元にタトゥーみたいの入ってるんだけど、そもそも顔からスゴ味が感じられない。

そして主人公と恋仲になる女性保安官がイマイチ美人では無い。あぁスゴく失礼なこと書いてるかもだけど、少なくともわたくしのタイプではなかった。
顔のパーツの大きさはアンジェリーナ・ジョリーみたいな風だけど、わたくしアンジェリーナ・ジョリーはタイプじゃないし。
もっと言うなら声が田中真紀子さんみたいだったし(笑)

とにかく それら登場人物のキャラに感情移入できないのは、作品としての弱さに繋がることは否めません。

あとは主人公が元消防士ということで。悪党たちのアジトを焼き討ちにしてやろうとするのはわかるが、その自身の放った炎で彼女までも巻き込んじゃうという設定は 結構なギャグだったねぇ(苦笑)
それで彼女がピンチになっちゃうって自業自得やん。。。

う〜ん、こんな報復作戦を見せられては さすがに手に汗握っては見られない。感動にも及ばない。
前述の通り、こういったクラスの洋画が頑張ってくれると、映画界の底上げになるだろうと‘期待’してたんだけど、何をかいわんや。

最後に。炎の中でタンクトップの女性を連れ回すのはやめましょう。
自分だけは消防服着てるくせしてね。

DSC_0149.JPG
フィレ、さらにフィレ
posted by 味噌のカツオ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

莫逆家族 バクギャクファミーリア

熊切和嘉
徳井義実、林遣都、阿部サダヲ、倍賞美津子
かつては暴走族のトップに立っていた火野鉄。今では息子にもナメられるような現場作業員として日々を送っていた。
ある日、息子の恋人であり 当時の仲間の娘が不良たちによって暴行される。その落とし前をつけるためふたたび集まった仲間たちと共に、鉄の中に昔の熱い思いがよみがえってくる。

原作は人気コミックということですが、例のごとくわたくし そちらは未見。
実際のところはよくわかりませんが、それとなく長い尺の物語を2時間の映画に詰め込んだ結果、伝えるべきものが伝わりきらないという。
ありがちな悪いパターンになっちゃったですかねぇ。。。

金髪姿の徳井さんのビジュアル。そして林遣都もイイ面構えしてましたね。あと倍賞美津子さんの存在感も。
方や 新井浩文、中村達也、北村一輝やらも決して悪くは無かったです(良いとも言い切れないけど)。
しかし阿部サダヲも前半はキーパーソンとして見てたけど、後半は驚くほど存在感ナシでビックリ。

まぁとにもかくにも役者の使い方が‘惜しい’という印象は拭えない。

さらに、ストーリー展開とか構成に関しては‘残念’なものでして。
決して多くの方が共感を得ないであろう80年代の暴走族の世界。そして一気に紹介される登場人物の数々。当時と現代で映し出される人間関系。
ここいらで多くの方が脱落していったんじゃないかな。

そのゴチャゴチャとしたなかでバックボーンとか心の動きの描写のないままに、それぞれが好き勝手にしゃべって行動するもんだから、感情移入のしようがない。正直ついていけない。
知らん間に誰かが死んでたことになってたり裏切ったりしてたようです。

そして理由はよくわからないまま、ラストには決闘のシーンが。
ここも特筆すべき動き・アクションもなく、そうなりますか・・・という映像。

一部のレビューには「暴力描写が嫌い」という意見も見受けられました。
わたくし的には、その拳にどんな思いが込められているのか、どんな動機があるのか。それがあってこそのケンカなんだと思うのですよ。それが伝わってこないから、ただ延々ダラダラ暴れてる映像にしか見えない。
濡れ場とかなら仮に必然性が無かったとしても、脱いでくれるなら見たいぞ!と思わんでもないが・・・それとはちょっと違っただな(-_-;)

どうやら原作のファンからも「原作を知らなかったらわかりにくいだろう」とか「キャラの生かし方が弱い」というコメントがあがっていたので、企画自体は悪くは無いのでしょう。
「家族が大切。仲間が大切」という言葉だけじゃなく、作品全体を通してそれを伝えてほしかったですね。

B_G_F.JPG
♪ドンドンばーちゃん ドンばーちゃん
posted by 味噌のカツオ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

映画 ひみつのアッコちゃん

川村泰祐
綾瀬はるか、岡田将生、谷原章介、鹿賀丈史
鏡の精から魔法のコンパクトをもらい、10歳の小学生から22歳の大学生に変身をとげた‘アッコ’こと加賀美あつ子。
ひょんなきっかけで化粧品会社に勤める早瀬尚人と出会い、アルバイトすることになる。しかしそこでは会社乗っ取りの計画が密かに進行しており、尚人と共にアッコも奔走することに…

誕生50周年を記念し、実写映画化されました「ひみつのアッコちゃん」。
ギャグマンガの王様・赤塚不二夫の原作なのですが、「魔法のコンパクトで変身できる」という設定のみ押さえた新たな物語と言っても過言ではないかも。

結局のところ、余計なこと意識せずに、軽い気持ちで見ていただければ・・・なかなか楽しい映画との出会いが待っています(笑)
ホント原作のあるコミックの実写化というと賛否の声も大きくなりますし、アレコレとケチつける人も多いでしょうが、わたくしは素直に楽しめましたよ。この映画。

そもそも綾瀬はるかの顔・声・胸に癒される男子は多いですし、女子からも「理想の顔」みたいので綾瀬はるかは人気上位になりますからね。

彼女の役どころは 見た目22歳の女子大生だけど中身は10歳の小学生というもの。そのセリフや行動は小学生のそれなんですが、天真爛漫に振る舞う彼女に全く嫌味も違和感もナシ。
ある意味 多くのファンが彼女に抱いている‘天然でしょ?’というイメージそのままに、観客が見たい綾瀬はるかがそこにいたわけですよ。
この主人公のキャラクターが演者とハマると、映画って その世界観に入っていきやすくなるのよね。

さて、ストーリー展開やどんでん返しにベタな点もあるにはありますが、何か不純な大人の世界に小学生レベルのピュアな感性が混じりあってね。場面 場面で妙な清々しさを受けたんですね。
株主総会で訴えるシーンや思い通りにならずに泣き崩れるシーンとか、正直 胸に熱いものを感じちゃいまして。ちょっと込み上げてくるものもありました。
一般の社会だとか 今の政治だとか、イヤなこととかキナ臭いこととかゴロゴロ転がってるのは事実ですよ。
でも、それでも人として忘れちゃいけない要素ってあるはずで。
それを(中身は)10歳の女の子に教えられましたよ。うん。

映画のチラシやいろいろな媒体での宣伝文句には「魔法で綾瀬はるかが様々なファッションに大変身♪」とか書いてあるんだけど、そういう面はほとんど無くてね。
頑張る女の子のお話として成立してるので、純粋に見てよかったと思えました。
これから見る人には、まず「ひみつのアッコちゃん」というキーワードを外すべしというアドバイスをお伝えしておきたいですね。

それから、綾瀬はるかだけでなく、小学生のアッコちゃん役の吉田里琴ちゃんも印象よかったし、爆弾を探したネコちゃんも好演。
そして大杉漣さんもインパクトあったなぁ〜(爆笑)

AKKO-CHAN.JPG
エンドロールも微笑ましかったよ♪
posted by 味噌のカツオ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(1) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

ヘルタースケルター

蜷川実花
沢尻エリカ、大森南朋、寺島しのぶ、桃井かおり
全身整形という秘密の手段で得た美貌により、芸能界のトップスターとして君臨するりりこ。
しかし気付けば恋に破れ、その座を脅かす後輩モデルが現れ、さらには整形した体にアザが浮かび上がり・・・やがて彼女の全てが崩れ始めていく。

メチャメチャ期待していた「ヘルタースケルター」。遅ればせながら見てまいりました。
わたくしの期待のその理由は、好きな役者さんがズラリと並んでいるからでして。

寺島しのぶ、桃井かおり、大森南朋、原田美枝子と。
そうであるなら主演が誰であろうと見に行かないわけにはいきません。

ってか、こんな人たちと横並びにされちゃったら、役者として(演技力とか存在感とか)敵わないんじゃないか。
そこに立った沢尻エリカは それはそれで大したもんだと思いますよ。その点は素直にね。

ストーリーラインはおさらいするまでもありませんが、主人公・りりこは全身整形というスキャンダルな秘密を抱えた美の象徴。
自身の人生もスクリーンに投影されるのが映画だとすれば、沢尻エリカほど適したキャスティングはないでしょう。100点ですよ!

映画の前半。りりこと彼氏の濡れ場があるのですが、その彼氏を演じるのは窪塚洋介。
少々唐突な印象もあったけど、よくよく考えたら りりこのスキャンダラスな存在感と対等にヤレるのは、やはり素のスキャンダルさを持ってる窪塚洋介しかいないと妙に納得。
後に哀川翔と綾野剛との絡みもあるけれど、最もしっくりくるのは窪塚くんやったなと・・・そう思うのはわたくしだけだろうか(苦笑)

ただし・・・Hシーンとしては(ある意味)お恥ずかしいデキで。まったくそそられなかったですね。アイドルドラマのレベル。
その点 寺島しのぶさんはその手の描写があれば、必要以上にいやらしく演じますからね。
エリカ様もそういうところは見習うべきですよ。

人気絶頂のりりこに対し、新たな嫉妬の対象となるのが後輩のこずえ。
演じる水原希子は「ノルウェイの森」ではなんとも思わなかったのですが、ここでは えらく魅力的に輝いてましたねぇ。
これはイイ。これなら りりこじゃなくて こずえを雑誌のカバーガールにしたくなるよと。

と、そこでふと気がついた。
その こずえが登場するまでの間、りりこは圧倒的な存在感を誇ってなきゃいけなかったはずなのに、それを感じ取れていなかった。
確かにそういう役ではあるんだけど、説明無くても「スゲーキレイ」と思わせる要素は乏しかったなぁ。この説得力の無さは映画としては致命傷。
全体通じても寺島しのぶ、桃井かおり、オネェなヘアメイクの新井浩文らの存在感に勝ててなかったですね。

そこであらためて思ったのは、沢尻エリカってそれなりに評価の高い女優さんであったのは確かなんだけど、ここ数年はワイドショーでしか見かけていないわけで。
結局 女優として作品に出ていなさすぎなんじゃないかと。そら仕事していなかったら経験も積めないし、現場での対応力も鈍るだろうし。
もっともっといろんな役を演じるべきじゃないかな。別にエリカ様のこと好きでもなんでもないけれど、ちょっともったいないんじゃないかな〜ってね。
まぁ起用してくれる人がおればの話だけど。。。

さて、映画としては ラストの記者会見のシーンなんか結構衝撃的(必然性はイマイチだけど)だったりで、決して悪くはなかったかと。
でもそれもこれも所詮 良い役者さんが多かったからかもしれないわけで。

新人女優が主演する映画で「豪華なベテラン陣が脇を固める」とかあるけれど、本来ならエリカ様がもっと大きな柱にならなくっちゃいけないんじゃないかね。

最後に、蜷川実花監督はかつて「さくらん」という作品を撮って、AKB48の「ヘビーローテーション」のPVを作ったことでも知られております。
そこへ来てのこの作品。あぁこの人の武器は この手の色使いしかないのかと。。。

猥雑にカラフルで、赤とかピンクとかが目に眩しい。そんでちょっとセンセーショナル。それはわかったから、今度はもっと違う手法で魅せてほしいですね。
少なくとも大森南朋さんのパートはモノトーンベースだったし。
そういう期待はしたいです。

He-Suke-.jpg
ヘタルー タスケルー
posted by 味噌のカツオ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(1) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

ハロー!?ゴースト

キム・ヨンタク
チャ・テヒョン、カン・イェウォン、コ・チャンソク、チャン・ヨンナム
天涯孤独の青年・サンマンは何度も自殺を図るが、いつもうまくいかず。その日も川に飛び込んだのだが、すぐさま助けられ病院へ。
やがて彼が目を覚ますと、なぜか4人の個性豊かなゴーストの姿が見えるようになっていた。困ったサンマンは霊媒師に相談するも、彼らの願いを叶えてやれと言われてしまう。

『とぼけた青年を演じさせたらピカイチのチャ・テヒョン』なんて紹介文があったりして。
「えらい言われようだ。ほっといてやれよ」とは思うものの、この映画のチラシから伝わってくるのは 紛れも無いB級テイスト。
「猟奇的な彼女」とか好きなわたくしですが、「あぁテヒョンくん出てるわ」ぐらいで「見たい!」というトコまでは思えなかった。

しかしこの作品。5つ星評価やら100点の採点やら結構評判がよろしい。
そうなるとコチラとしても「何がどうよろしいのか」を確かめたくなります。んで、見てまいりました。

正直、予想通りか ある意味予想以下ぐらいのコリアンコメディ。わかりやすいベタな笑いの取り方でコチラの期待に合わせてくれます(苦笑)

生きる事に希望を見い出せず自殺を図る主人公のサンマン。しかし死ぬことができず、その勢いで4人のゴーストにとり憑かれてしまう。
彼らの願いを叶えてやれば そのゴーストたちは成仏してくれるとの助言を受け、行動を始めるサンマン。

しかし とり憑かれてる身なので、自分の意思とは違う行動をさせられたり、時には行動を共にしてるような描写があったり。
そのゴーストら それぞれに、心残りなことや無念さを抱えてるっちゅうこっちゃろうけど。その辺のくだりもバタバタしたものやったのですが・・・

「人というのはショックなことがあると、大事な記憶を無くしてしまう」というキーワードと、ちょっと変わったのり巻きで一気に大逆転。
かの「シックスセンス」ではないけれど、後半になんとも絶妙な演出が待っております。
いや〜まさかまさか、そんな感情が押し寄せてくるとは思わなかった。さすがにこれは涙せずにはいられない!

わたくしも見ていて、ピュアな映像と共に童心に帰ってしまうような、そんな映像体験。
そしてふたたび冒頭の自殺未遂の場面が登場して、しっかりと‘オチ’もつけてくれるし。さらには未来にも心霊写真か?というような微笑ましいシーンも。

ただ、そこに至るまで90分グダグダってのは幾分か長いようにも思えるけれど(苦笑)
いやいや、間違いなくそれ以上の涙と、ふんわりとやさしい気持ちにめぐりあえます。
人の死って複雑だけど、心とか魂とか。あるんですよね、きっと。

思わず誰かに薦めたくなっちゃう そんな1本。
ホント見てよかった作品でした。さぁあなたも騙されたと思って♪

H-G.jpg
監督はキムタクよん♪
posted by 味噌のカツオ at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

別離

アスガー・ファルハディ
レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ、シャハブ・ホセイニ、サレー・バヤト
テヘランで暮らすナデルとシミンには11歳になる娘がいた。妻は娘の教育のために外国移住を計画するが、夫は老いた父のために残ると言い二人は対立。
そんなある日、父の介護人であったラジエーの不手際に対し事情も聞かず、彼女を家から手荒く追い出す。その夜、ラジエーが入院し流産したとの知らせが入り…

本年度のアカデミー賞で外国語映画賞を受賞をはじめ、全世界の映画賞で80冠もの評価を得た作品。
ちなみに原題では「ナデルとシミンの別れ」であり英語圏では「A Separation」として公開。表現的には「別れ」というより「離別」なんでしょう。

日本の映画ファンにとってはイラン映画というもの自体、なかなか触れる機会が無いわけで。
そちらの国の文化やしきたり、そして信仰などの描写は新鮮だったけど・・・人の心の機微までは大差はないような。

娘の将来を案じて国外移住を計画する妻。しかし痴呆症の父を残してはいけない、娘も海外にはやれないとする夫。
はては離婚話にまで発展するも、娘の親権は互いに譲らない。

妻が家を出てしまったため、父の介護をまかせるべくひとりの女性を雇う夫。
しかしそこで事件が起こり、双方が告訴を行ない事態はドロ沼化。
果たして事件の真相は?そしてそれぞれの人生の行き着く場所は?

映画は登場人物の証言を元に進行していくのですが、その言い分というのが いずれの角度からでもうなずけるものがあって。
しかし、なんとそれぞれの発言の中に嘘や過剰な表現が含まれていて。

正直 2時間のストーリーの間中、誰の意見を信用するべきなのか、誰に思い入れをもって見るべきなのかが揺れまくり。
やぁどこかで大逆転がとかではなく、小さく小さく揺れっぱなしでしたね。

前述の通り登場人物の証言のみで話が転がっていくわけなんですが、実際には何がどうだったのかという映像は見せないんですよ。
いわゆる種明かしというのはされないのね。彼女がどう倒れたのか、あるいはどう車とぶつかったのか。

そのあたり含めて、本当に観客としては証言だけで追っていくのみ。どんな事件でも真実はたったひとつのハズなんですが、どこまでが主観的意見で、どこからが嘘なのか。さらには男特有のプライドみたいのも絡んでるからややこしい。
一応 事態は終息の方向へとは行くのですが、ラストシーンも考えさせられる‘絵’を見せられて。。。

サスペンスのテイストがあり、展開はエンターテイメントの要素もあり。でも芯に流れているのは家族愛に裏打ちされたヒューマンドラマという感じで。
こういう見せ方のスタイルは初めてで、とても考えさせられつつ見応えもある、そんな素晴らしい作品でした。

でも、どう答えを出していいものか・・・

BeTuuRi.jpg
エリカ主演「別に」
posted by 味噌のカツオ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(1) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

ポテチ

中村義洋
濱田 岳、木村文乃、大森南朋、石田えり
空き巣の今村と恋人の若葉は、プロ野球選手・尾崎のマンションへ忍び込む。しかし何かを盗むでもなく部屋でくつろぐ今村。
すると突然電話のベルが鳴り、尾崎に助けを求める女性からのメッセージが。そこで今村と若葉は、尾崎の代理として女性の元へと向かうのだが…

伊坂幸太郎原作、中村義洋監督のコンビで仙台を舞台にした映画というのがいくつか作られておるのですが、これもその流れをくむモノでありまして。
一説によると、東日本大震災をきっかけにして製作の話が持ち上がったとか。ただし作中からは震災に直結するメッセージなどは あまり感じられなかったのですがね。

とにかく震災を受けて「今こそ何かを作りましょう」と作家やスタッフを緊急招集。
原作は「フィッシュストーリー」に収められた短編の一本から。上映時間も68分と、本当にある種のスピード感をもって作られたようです。

その分‘練りに練られた’という風でもないし、ヘビーなものでもないけれど、起承転結がコンパクトにまとまってて、ライトに楽しめる一本だったですよ。

本当はコンソメ味のポテチ食べたかったけど、間違って塩味食べたら それはそれでおいしかったと。
野球の代打要員なんてレギュラー選手と違ってそんなに目立たないかも知れないけれど、いつそのチャンスが訪れてもいいように、普段から努力は怠っていないんだと。
同じ年の同じ日に同じ病院で生まれても、ひょんなことからその運命がねじれていくもので。もしもそこが違うフィールドであっても、みんなみんな頑張っているんだよと。

それが運命なのか偶然なのか、はたまた仕組まれたものなのかはさておき、みんなその上で頑張ってんだよね。
ちょっと滑稽な表現も含めつつ、そんなことをライトに爽やかに見せてくれる物語。
ひと言で表すなら後味がすごくいい。そんな感じやね。

濱田岳はどうなんでしょ。優しいのか弱いのか、パンチ不足な気もするし。ほなコンソメパンチでも食べさしますか(笑)
声質も影響してとても細い印象なんだけど、でもそれが彼なりの味わいですかね。

あとは大森南朋の怪演っぷりも見どころですかね。
浮世離れというか なんとも不可思議な価値観の男を演じておられて。作品のいいアクセントになっておりました。

そして空き巣の先輩である中村専務というのが出てくるんだけど、これがなかなかの大根で。この人は何者だ!?と思いきや・・・まぁそういうことかと。
ただ ラストにキャッチした場面は微笑ましかったけど(笑)

それから竹内結子さんもエキストラ的に出てるというウワサ聞いたんだけど・・・
んー発見できなかったなぁ。残念。

PoTeTiN.jpg
ポテチン
posted by 味噌のカツオ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

バトルシップ

ピーター・バーグ、
テイラー・キッチュ、浅野忠信、ブルックリン・デッカー、リーアム・ニーソン
ハワイ沖。各国の護衛艦が大規模な軍事演習を敢行する最中、沖合に正体不明の巨大な物体が出現。
それは、地球からの呼びかけに応じて飛来したエイリアンの母船だったのだが、彼らは突如として未知の武器で攻撃をし始めるのだった。

‘ユニバーサルスタジオジャパン’でもおなじみの、ユニバーサル映画が100周年記念作品として製作されたのがこの作品。
そんなお題目を掲げながら、特に「ユニバーサル映画100年の歴史」なるニオイを全く感じさせないことの潔さ。正直、おどろいた(苦笑)

何かもっと‘記念碑’的なね、あの映画の あのキャラクターとか、そういう遊び心ナシで。普通のエイリアンモノと言ってもいいような作り。

ぶっちゃけ、この手の作品って近年 見飽きたような印象もあるのだわ。
趣向は様々だけどエイリアンと地球人が登場するとか、あまりにも強大なエイリアン相手にチマチマと戦いを仕掛けて、最後には勝つとか。
多すぎないかい!?

さて、この作品。いきなり だらしない男がバーでイカシたねえちゃんを口説きにかかるという、意外なイントロダクション。
シネコンだったら「劇場を間違えちゃったかな?」思っちゃいそうな始まりで。
まぁすぐさま海軍のお話に突入はするんだけども。

その後は予想通りの展開で。ベタというか何ちゅうか、安上がりで大味でご都合主義のドンパチ。
そう、スクリーンの中でドンパチなりつつも眠たくなってきたりして。

ところがっ、主人公たちが艦を失った際に希望を見い出したのが、展示用として碇泊していた戦艦ミズーリ。
全てアナログで大した装備もなく船を出すにも一苦労というシロモノ。

しかし その展示船に勤務していたかつての海軍のオジィたちが「やったろか!」という感じで戦いに向かうわけですわ。
それこそ究極の‘ご都合主義’ではあるんだけども、そこに わたくしが欲しかった「ユニバーサル映画100年の歴史」的な味わいを見い出せまして。

この業界の今があるのは、それ相等の時代に沿った人たちの活躍があるわけで。
まさにそれらをリスペクトした思いを感じられて、一気にワクワク感が増したのでありました。
言うてしまえば「インディペンデンスディ」にも通じるようなテイストではあるのですが(苦笑)

最終的には・・・ってか全般的に期待通りの起承転結でもあるので新鮮味や驚きはないけども、「予想通りを味わえた」という意味では及第点かな!?

お約束の爽快感と映像の迫力を味わいたい方にはもってこいでしょう。
もちろんツッコミどころも満載なので、その前提で楽しむべし!!

B-S-100.jpg
ボトルシップ
posted by 味噌のカツオ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

僕達急行 A列車で行こう

森田芳光
松山ケンイチ、瑛太、貫地谷しほり、ピエール瀧、笹野高史
のぞみ地所の社員・小町圭とコダマ鉄工所の二代目・小玉健太。鉄道を愛する者同士、出会ってすぐに意気投合。
ところがその適性を見抜いた社長により、小町は九州への転勤を命じられる。

わたくしは決して‘鉄ちゃん’というわけではありませんが、「タモリ倶楽部」を通じて そういう人たちの熱度とかマニア度は理解しているつもりでして。
鉄道マニアと一口で言っても 乗るのが好き、見るのが好き、写真を撮るのが好き、線路が好き・・・と様々なんですよね。

さて 一般的なレビューに目をやりますと、まずまずの高評価。
しかし予告やら事前の情報から察するに、熱いものを感じない。

ですが 昨年12月に亡くなられた森田芳光監督が、最後にどのような作品を残していかれたのか。
そんなことも気になって見てまいりました。

どうですかね、しいて言うなら‘ゆるい’感じでしたね。
主人公たちのキャラクターも行動もゆるい。そしてストーリー展開も結末もどこかゆるい。
‘僕達急行’とは謳っているものの、ゆるいものはゆるい。

でも それはそれでオタク気質な人物像を正しく捉えてたと思いますし、今どきの草食系な若者というのはこんなものかもしれません。
ただし そのゆるさと普通っぽさが故、ドラマティックな感動は味わえず。あったのはご都合主義な出会いと、予想通りの逆転劇。
安心して見られると言えなくも無いけど、それ以上の魅力には乏しいと言わざるを得ない。

主人公のサラリーマンがアチコチ巡ってトラブルに巻き込まれつつ、趣味とともに解決していくというプロット。
「釣りバカ日誌」の流れと同様みたいですね。「釣りバカ〜」見たことないんだけど(苦笑)

小町が今後も別の地に出張していくことを匂わせるラストを見るにつけ、森田監督的には続編の構想もあったのかな〜とも思えます。

まぁそんな感じで見ておりましたが、正直なハナシ このゆるさが心地いいとは思えなかった。
主演の二人がどんな会話をしようとも、芯からの‘鉄道LOVE’は伝わってこなかった。
まわりのキャストの演技も、リアルでもなけりゃコメディにもなりきれていない印象。
そして森田監督特有の間合いとか、どうでもいいギャグっぽい演出がうっとおしくて。

それを‘面白い’という人もいっぱいおるのかもしれませんが、少なくともわたくしにはハマリませんでした。
悪い意味で予感的中やったなぁ。。。

Boku-Q.jpg
小指、自分で噛んでたやん
posted by 味噌のカツオ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

パンダフルライフ

毛利 匡
菅野美穂(ナレーション)
和歌山県白浜にあるアドベンチャーワールド。そこに暮らす双子の雄パンダ・隆浜(リュウヒン)と秋浜(シュウヒン)も4歳となり、母の故郷である中国のパンダ研究基地へと送られ、父になる日へと備えることに。

この「パンダフルライフ」は2008年に公開。
パンダをテーマにしたドキュメンタリーは、今年公開の「51 世界で一番小さく生まれたパンダ」というのがありまして。

パンダについての考察に関しては、ぶっちゃけ「パンダフル〜」も「51〜」も さほど大差はナシ。
パンダは双子を産むことが多いけど、母パンダは1頭づつしか育てないということ・・・そしてパンダにも想像妊娠があること・・・
出産や子育てに関するシーンはどちらも 四川省成都市のパンダ研究基地で撮影されたものだし。

ただ「パンダフル〜」では和歌山のアドベンチャーワールドの様子も映っております。
ウワサにしか聞いたこと無かったけど、あんな観覧車とか遊園地の乗り物の見えるトコで飼育されてたんだね。
まぁ動物園ではないので、そういうことなのかもだけど。

そしてパンダのルーツについて語られます。
それは今から800万年前に生息した肉食動物。いろんな動物たちがおだやかに暮らす世界に、氷河期がおとずれました。
雪深く他の動物たちが減少する中、背に腹は変えられんとばかりに、当時肉食派でありながら竹・笹を口にし、生き延びていったと。

笹の葉を掴みやすいように前足は進化。雪の中でも目立たぬよう、体毛も白黒に。そして今現在のパンダになっていったそうです。
誰か見てきたんか!?

そうやって自然の中に生息してきたパンダではあったけど、徐々に頭数も減っていき、最小で1,000頭にまでなってしまったそうで。
そこでパンダを自然に近い環境で暮らさせつつ、繁殖なんかも行なっているのが 前述のパンダ研究基地という施設なんですな。
うん、パンダについてよくわかりました。

あとの見せ場は とにかくかわいいパンダたちの姿。
デンとしゃがんで細い竹のエサをムシャムシャと食うシーンも笑えます。
子パンダたちはミルクがエサ。後半に「子供たちも8ヶ月で15kgになりました。150グラムで生まれて100倍の大きさです」とか言ってたけど。ミルクでそんなに育つって よくよく考えるとスゴいよね(苦笑)

他にもじゃれあう姿があったり、コロコロ転がるように追いかけっこしたり。まさに‘パンダ萌え’なシーンがいっぱいです。
アッチ系がお好みの方には、パンダの交尾のシーンもありますし。パンダのAVみたいな・・・失礼 m(__)m

失礼ついでで、ドキュメンタリーとして大きな発見があったり 驚くべき瞬間があるとは言い切れませんが、パンダの日常はよくわかります。
自分の日常に疲れたときに、こんなビデオで癒されてみるのもアリだべな。

PAN-LIFE.jpg
イチ、ニィ、パン、ダー!!
posted by 味噌のカツオ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

ヒミズ

園 子温
染谷将太、二階堂ふみ、渡辺 哲、でんでん
“普通”の大人になることを願う15歳の住田佑一。愛する人と支え合いながら生きることを願う15歳の茶沢景子。
住田の実家である貸ボート屋の周囲には 震災で家を失くした大人たちが集い、住田に恋い焦がれる茶沢もそこへ訪れるようになっていった。
そんな時、多額の借金を作り蒸発していた住田の父が戻ってきた。それを境に、彼らの日常は思いもよらない方向に転がり始めていく。

今や‘園子温監督作品’というだけで様々な注目のされ方するようになりましたですね。
わたくしも端から期待してましたし(ハードル上げてたとも言えるか)、ヴェネチアで新人賞を受賞した二人の演技もそうですし。
そして製作中に起きた東日本の震災の影響で、それをストーリーに盛り込むよう、脚本を変更した点も。
そんな期待と不安、織り交ぜつつの鑑賞。

二階堂ふみちゃんは「指輪をはめたい」で見たときに、かわいいのか何なのか微妙な印象しかなかったんですよ。
でもでも、この作品の中では 素晴らしき才能を爆発させてましたね。
女優さんが美しく撮れているというのは、良い作品の証だと思ってますので。

そして染谷将太くんは「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の予告編しか見ていないんでアレなんですが・・・期待値をはるかに超える演技で応えてくれましたね。
二人ともまだ10代でありながら こんなイカレっぷりと、確固たる感情を表現できるのは驚きです。
いや、当然ながらそれを引き出す園監督の手腕にも秘訣があるのでしょうが。

住田が借金取りと対峙してボコボコにされるシーン。これ以上はないというほど泥にまみれるシーン。そして絵の具を顔、髪、舌に塗りたくるシーン。
あんなのを説得力をもって演じるなんて、たいしたタマですよ。

内容とは別に賛否 分かれていたのが震災の描写を盛り込んだ点について。
正直わたくしもどうかと思ってました。作家として あの情景をフィルムに残しておかなくてはという使命感や衝動はよくわかるんだけどね。

個人的には米国の9・11を盛り込んだ映画もあるにはありますね。そういうの若干の抵抗はあるんだけど。
同様に遅かれ早かれ 震災を取り上げた映画も、今後は作られていくんだと思います。
実際 それをやるのは今はまだ早いのかも。でも今だからこそ〜も一理あるかも…だし、園監督自身 製作のペースが早いですしねぇ。

また あるレビューのなかで、監督のこれまでの作品よりエグさ、エゲツなさが控えめと読みまして。
露骨に人が血を流す描写よりも、あの瓦礫が全てを語りかけてきてるような。そう受け取りました。
中には それすらも抵抗があるかもしれないけれど。。。

しかし今回のテーマに於いては‘人の業’的な部分だけでなく、不条理な要因により必ずしも平等では無いことを含むのはアリだったと思っています。そう思っていました。
でもあのラストシーンを見ていたら、たった一人の少年と共に もっともっと広い世界へ向けた「ガンバレ」でもあることが良くわかりました。

いやぁ学校の先生が叫ぶ「住田ガンバレ」とラストの「住田ガンバレ」。
まったく同じ言葉であっても、これほどまでに響き方が違ってくるものなのかと。だから より伝わるものがあったかな。
それから「彼が未来なんです」というセリフにグッときましたし、「お前は自分で苦しいほうへ行こうとしてる」というようなヤクザなオヤジの忠告にも考えさせられました。

わたくしはトータルで3度ほど涙目になっちまいましたが、やはり園監督の作品は好みが別れるでしょうし。
決して多くの人にはオススメはできませんが、こういったヒリヒリとした感情の生々しさは、映画というエンターテイメントだからこそだと思っていますので。
見て良かったですよ。

さて、これまでの園作品の出演者が総出演(?)してるのも ある意味嬉しい感じで。
で 近ごろでは優しい癒し系なお父さん役の多い光石研さんが暴力オヤジを演じてたのが意外やったです。イメージ変わるなぁ(苦笑)

himizu.jpg
ヒミズのアッコちゃん
posted by 味噌のカツオ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

50/50 フィフティ・フィフティ

ジョナサン・レヴィン
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック
27歳という若さで背骨のガンという難病を患ってしまったアダム。5年の生存率は50パーセントと宣告され 動揺する恋人や母親をよそに、当のアダム本人はどこか冷静なまま。
そんなアダムの病気を‘ネタ’にナンパを繰り返す悪友のカイル。さらに24歳の新米セラピスト・キャサリンらに囲まれながら、抗がん剤治療を行なうアダム。
しかし刻々と悪化していく病状に、動揺を隠せなくなってしまう。

ガンを克服した脚本家が 実体験を元に書き上げた作品。
作品中、主人公の悪友役を演じているセス・ローゲンは、実際の その脚本家さんの友人でもあるそうで。

主人公のアダムは健康に悪いとかで酒もタバコもやらないという青年。
それどころか交通事故の危険性を避ける意味で運転免許も取得していないという徹底ぶり。
が、よりによってそんな彼が27歳という若さでありながら「悪性神経鞘腫 神経線維肉腫」という、要約すると背骨のガンという なかなか聞きなれない難病に襲われてしまいます。

その担当医というのも変わった人で。患者の目も見ずサラサラとそんな宣告を本人に語ります。
あまりに突然で、それでいて理解しにくい状況で、帰路のアダムは半ば途方に暮れたようになるんですが…
でもすぐに平常心を取りもどし、非常に「穏やかな心境」と語るまでに。

ひとつは(おそらく)エキセントリックな反応をしてしまう母親を前にして、自らが取り乱す事もないというものなのか。
それにひと昔前であれば ガンは不治の病とも言われましたが、近ごろでは それを克服したという話や、常に病気と共存していくようなケースもありますからね。
ただし、アダムがかかってしまったのは5年の生存率は50%。転移後の生存率は10%という過酷なもの。
はたしてどれだけ自身の心を平穏に保てるのか・・・

という中で大きな要素となるのは周囲との関係性。
前述の通り、母親は過剰な母性愛を発揮。父親はアルツハイマーでアダムの存在すら理解をできていない。付き合っていた恋人はアダムの看病に疲れたと浮気。
同僚であり悪友でもあるカイルは難病の友をネタにナンパに走ったり、たちの悪いジョークを繰り返す。
そして本来なら患者の心のケアを担当するセラピストは、アダムが3人目の患者だという歳下の女性。

そんな人々に囲まれて、アダムの闘病生活は進んでいきます。
正直 どこか困った人たちであるのも事実なんだけど、その根本にある思いを理解していくうちに・・・見ている観客側にも、じんわり伝わっていく要素ですかね。そこんところは。

邦画や韓国映画で難病がテーマとなりますと、悲観的な中に希望を見い出し、最終的には泣かせようとする。そんな手法が多いんですが、この映画は全く違うアプローチで。
まず始めに「50/50」という数値でもって 状況を明示。そのうえで明るく、前向きに‘生きていく’姿勢を見せてくれる気がしました。

ラストシーンには確かな希望も見えますが、それは「50/50」の可能性の上に成り立っているもので。
多くの健康な人は「100/0」で生活していることを思えば、「50/50」とはとても厳しいものだともいえます。
だからこそ、生きていくことを実感できるのかな。。。

主演のジョセフ・ゴードン=レヴィットは非常に笑顔が印象的で。
その微笑みのもつイメージは堺雅人を彷彿とさせました。伝わりますかね(苦笑)

それから若きセラピスト役のアナ・ケンドリックもかわいらしくて良かったですね。
あんな娘とひとつの個室におったら・・・期待しちゃうわね。たとえ車の中がゴミだらけでもね(爆)

50-50.jpg
ガンと言ったらモテたのも実体験だそうで…
posted by 味噌のカツオ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする