2006年07月24日

ゆれる

西川美和
オダギリ ジョー、香川照之、真木よう子、伊武雅刀
母の一周忌で東京から帰ってきた弟の猛。実家で家業を継ぐ兄の稔。そこで働く幼なじみの智恵子。
3人は昔懐かしい場所である渓谷へとドライブに出かける。
その渓谷にかかる吊り橋から智恵子が転落死してしまう。そこには吊り橋の真ん中でへたり込む稔の姿が・・・

まず 当たり前のように書いちゃうけど、オダギリ ジョーと香川照之の演技は最高でしたね。
たいがいの作品に於いて評価の高い二人ですが、それが共演した相乗効果と言うべきか、ぐいぐいと引き付けられました。
それ以外に脇を固める役者たちも素晴らしかった。新井浩文の存在感とかキム兄のイヤらしさとか。
当たり前のように書いちゃうけど、なかなかできない事ですよ。

田舎町の実家のわずらわしさを兄に任せ、東京でカメラマンとして有意義に暮らす弟。
‘兄の存在があるから弟は自由にできる’と言うのはままあることですわ。
そういうシュチュエーションについては、わたくし的にもズキズキ感じたり耳が痛かったり。
ちなみに彼らの父は弟が田舎に残り、兄が東京で弁護士をしてたっけ。似て非なる状況。

そして事が起こってしまう。
でもそれがホントは事件なのか事故だったのか・・・これはどうにも捉えられるし、それによって響き方も違ってくる事でしょう。

兄から見た弟、弟から見た兄。
生活、仕事、男女関係。嫉妬もあれば罪悪感もあり。でもどれが本音でどこが嘘なのか・・・
でも、当事者でもわからない感情ってのもあるよね。だからこその「ゆれる」なんだろうけど。

設定としてはそんなに派手じゃないけど、とことん登場人物の感情に迫って、見ている人の感情もゆらす。
こういうのって映画だからこそできることの一つだと思うし、近頃 そういう作品があまり無いのでね。
(エンターテインメントな映画を否定はしませんが)この作品、じつに映画らしい映画だったと思います。

様々な原作を映画化するのが多い中、この作品は完全なオリジナル。しかも、30代前半の女性監督が作ったっていうんだから。
この西川監督、長編の監督はこれが2本目。それでこのクオリティ。凄いわ。
ちなみに前作の「蛇イチゴ」も面白い映画でした。それも兄と妹の関係が軸になってたっけ。
監督のスタンスなのか偶然なのかな?

yureru.jpg わたくしもゆれました。
posted by 味噌のカツオ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

妖怪大戦争

三池崇史
神木降之介・豊川悦司・栗山千明・菅原文太
夏祭りで 世界を守ると言われる『麒麟送子』に選ばれた 気弱な少年タダシ。
しかし、加藤保憲率いる悪霊たちが活動をし始めたために、本物の『麒麟送子』となって戦いを挑むことに!

結論から先に言うと、「ゲゲゲの鬼太郎」とか大昔の映画「妖怪大戦争」とかを真剣に見てたわたくしとしては大満足の作品でした。夢がありますよ!
ダコタ・ファニングがすごいのもわかるけど、降之介くんもあのキャストの中にあって存在感は見事だよ。
キャストで言えば、河童の川太郎を演じた阿部サダヲさん最高でした。他にもいろんな人がいろんな妖怪になってたので要チェックです。
意外と重要な役回りでもあるナイナイの岡村さんは見てて「誰?」って感じ。雨上がりの宮迫さんとの競演は個人的には感慨深いモノも・・・
そして男性客としましては、栗山千明と高橋真唯に目が奪われちゃうですよ。
他にも遊びごころ的な流れや笑いも満載。
なぜかキリンビールが出てきたり。。。『麒麟送子』があの装束で闘う理由とか、鬼太郎スタイルで空を飛ぶ妖怪たちには感涙でした。
後半にはこれでもか!という程の妖怪たちが出てきます。ただ、闘いの結末はちょいとズッコケますが「宇宙戦争」よりは許せるかな。
何でも100億円を超える制作費というウワサもうなずけるかな。ってぐらいエンターテイメントしてましたよ!
posted by 味噌のカツオ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四日間の奇蹟

佐々部清
吉岡秀隆・石田ゆり子・尾高杏奈・西田敏行
とある事故で指の神経を失ってしまった敬輔、(脳に障害がある)サヴァン症候群でありながらピアノの才能を持つ少女・千織。そして、二人が訪れた慰問先の職員の真理子。
演奏の翌日、戯れる千織と真理子を襲った落雷のショックで二人の肉体と心が入れ替わってしまう・・・という感じのお話しです。

わたくしのよく見る映画批評のサイトでは大半が不評でございまして、どのくらいダメダメなのかを確かめるために見てきました。
とにかく「暴漢に襲われる」「事故」「病気」「離婚」などなど、登場人物み〜んな何か背負わされちゃってるし、見てたらわかるけど 普通そんな判断しないでしょ?という行動のオンパレード。
たぶん、泣かせたいんでしょう。でもストレートな感動とかではなくて ありとあらゆる小手先の手段を使うことで焦点がボケボケになっちゃってましたね。全体としても「入れ替わる」ことの必然性が無いし、何がどう奇蹟なのかよくわからんお話しでした。
個人的に石田ゆり子さんは好きなのですが、吉岡秀隆のウジウジした演技は見ててイライラ。そら内田有紀のファンは怒るわ。そんなことより少女役の尾高杏奈は頑張ってたよ。入れ替わったとき 石田ゆり子風なしゃべりになってたしね。
いろいろ書きましたが、泣き入ってるお客様も居られましたので、ぜひ皆その目で奇蹟を確かめてきて下さいな!
posted by 味噌のカツオ at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

約三十の嘘

大谷健太郎
椎名吉平・中谷美紀・妻夫木聡・田辺誠一

6人の詐欺師が寝台列車の中で繰り広げる密室劇。
丁々発止の心理戦がメインかと思いきや、結果的には恋愛的な方面でのやり取りが中心でしたです。そのわりには 誰もイイ男・イイ女に見えなかったですね(苦笑)
posted by 味噌のカツオ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする